薔薇と魔法と言魂と~トゥリニセッテ

占い師・マーヤラジャが贈る、不思議と心・自由のブログ

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆



          【貴方の努力を、全力で応援!】

       ★「頑張る貴方」は奇跡の成功を手にする ★

    
  ☆ 魔術師・マーヤラジャが、貴方の人生に喜びと気づきの湧水を ☆


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

現在・言魂タロット&ダブルデッキ法には公認講師・鑑定師がおります。
詳しくは下記をご覧ください。

『言魂タロット認定講師・認定鑑定師・ご紹介』


言魂認定師記事 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

『重要連絡』
携帯からお申込みの際、ドメイン設定にお気を付けください。お返事が戻ってきてしまいます。

アドレス間違いが多くなってきております。お申込みの際はご確認を。

ご来訪感謝です。

那須のお山の龍から贈り物をいただきました。

IMG_1547

写真の中の3本の木のワンドです。
健康を始め、収益を司るエネルギーを掻き込む品です。

お友達がそれをお預かりし、お届けしてくださいました。

そして、ワンドにお尋ねし、少しだけお分けいただきました。

IMG_1560

底辺からこう・・ですね。
収益・健康・安定・・・3つの要素をいただきまして・・・

これを粉にします。
で・・・マジックダイヤへ。


IMG_1559

底辺に京都オパール・ルビー・エメラルドが入っていて、ピンクと赤の花と、赤いスワロの花が入っています。

活性化して開くように。
仕上げたこれは、那須の龍からお届けしてくれた友達に。
多分、いきなり届くので、びっくりするかな(笑)


粉は少しできたので、仕上げてカートにUPします。





ご来訪感謝です。

昨日は、賑やかな場所でさらに喋ってきました。

そう、がね亭@新宿だったんですね。
私はといえば、喋るためだけに行ったんですけども・・・

こういうのは、座談会なども案外ありますが、「質問してくれないと喋れないのよ??」という。

聞かれれば喋るのがメイン。
天然石を扱うがねちゃんと、石は一応理解してますが魔術用途をこなすマーヤ。
この組み合わせに、クマ(奄海るか先生)ウサギ(香先生)が混ざってたなら、物凄いことに(笑)

幸い・・げふっ・・・るか先生と香先生はお留守でしたが(笑)

で・・皆様に気を使っていただいてしまって・・

IMG_1547

お土産たくさん(ほくほく

みんな、ありがとねー。

え?、木の枝があるって?
これはですね、那須高原においでの龍王からのお土産です。

引き寄せと豊かさと健康だったかな・・・
那須のおとーちゃんありがとねー。






ご来訪感謝です。

篩(ふるい)がいよいよ始まりましたね。
感の良い方や敏感な方は気がついたのではないでしょうか。

事はほんの数日前です。
一気に軽くなったのは、一昨日だったかな。

この7日間くらいで、それは重たく自分をどこに置いていいのか・・
突き上げられるような焦り。
落ち着かない状態。
誰かに見られているような印象。

息をするのも大変な印象の間でした。

今現在は一旦の抜けが出ているので、楽にはなっていますが、油断はできません。

この篩で何が起きるのか・・・

「人間としての礼儀」

これが問いただされます。

社会的な、自然的な問題とは別の次元のことです。
皆さんは如何でしょうか・・・

最近、礼儀のない人を見ていませんか?
人としておかしいと思うようなものです。

電車の中でのこと。
会社でのこと。
震災などの跡地で行なっていることなども、ニュースで問われていますね。

分岐点です。
篩が怖いのは、しっかりと頑張って生きているものを巻き込もうとする。
あるいは、足を引っ張り踏み台にしてのし上がろうとするものがいる。

ということです。
私を含め、兄師たち、また社会の中の水面下で動いているものたちはある種のことをしています。
54歳にして、私は新参のひよっ子として今、そこに参戦させていただいています。

「じゃあ、お任せすればいいのか」

そのように聞かれたこともありますが、答えは「否」

【1人1人がしっかり考えて行動すること。】

これがとても大切になります。
空の眼・大地の眼・時空の眼・・見ているのですよ。
あなたはそれを納得させ、眼を閉じていただくことが出来るでしょうか。

国のトップがおかしな流れに生きている、そんな時代です。
私たち1人1人が考え、理解し、わかって行かねばなりません。

大いなる時は、今ここにきているのです。
未来ではなく「いま、ここ」なのです。














このページのトップヘ