薔薇と魔法と言魂と~トゥリニセッテ

占い師・マーヤラジャが贈る、不思議と心・自由のブログ

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆



          【貴方の努力を、全力で応援!】

       ★「頑張る貴方」は奇跡の成功を手にする ★

    
  ☆ 魔術師・マーヤラジャが、貴方の人生に喜びと気づきの湧水を ☆


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

現在・言魂タロット&ダブルデッキ法には公認講師・鑑定師がおります。
詳しくは下記をご覧ください。

『言魂タロット認定講師・認定鑑定師・ご紹介』


言魂認定師記事 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

『重要連絡』
携帯からお申込みの際、ドメイン設定にお気を付けください。お返事が戻ってきてしまいます。

アドレス間違いが多くなってきております。お申込みの際はご確認を。

ご来訪感謝です。

今日も1日、事務所にこもるというマイマイ状態です(笑)
前回の続きですが、お墓のことですね。

これ、普通には「その家の男子が後を継ぐ」というパターンで知られていると思うのですね。
ですが、じゃあ「男の子がいなかったら」娘がいたら、婿を取りますよね。
でも、「子供がいなかったら」の場合は、養子をとることがあります。


それでもってなった場合には、世継ぎなしとしてお家が終わっていく流れになったり、どこかに
手助けを求めるなどの変化が来ます。

なんですが・・・

その下にある見えない側面が、お墓を視る人たちには悩みの種なんですよ。
私には兄弟がたくさんいるし、男の子もいるし、お嫁にも行ったから関係ないわね・・
って・・ならないことがあるんですよ。

これは以前も書きましたが、あちらの世の理はこちらの理不尽になることがあるんです。
兄もいるし、家を継いだし、でも兄が墓を守ってるかはわかんないし、お寺任せって言ってたけど・・・

IMG_1748

そんな時に、ちゃんとやってくれそうなところに出る・・ことがあるんです。
そう、「え?私は嫁に行ったからそっちは・・無理なんじゃね?」って重さを任されることがあります。

また、お墓を継いでいくものがいないというのに、新しいお墓を立てたり、墓を二分したり、
放置したり・・すると、その血脈から「できる人」あるいは「やってくれる人」を探し出し、乗せてきます。

お墓は放置しておくと「鬼が入る」と言われることもあって、中国のほうでは山の上のほうだったりなど住居から話して建てるとか。

「でも、お墓には骨しかなくて、御霊はいないって」
そうなんですよ・・・でもね?今まで長々と、代々でそのお墓を大切にしましたでしょ?

「家運」という御霊が生まれるんです。
だから、墓をないがしろにすると「出る」んです・・様々な形で。
「思いを持つ」ということがどういう事かを考えないといけないという話。

お墓は亡くなった人たちの眠る場所であり、家という大きな御霊があるところです。

で・・さらに怖いのは・・

これほおっておくと、「男はだめに」「女は一人に」なるといわれていること。
あまり聞いたことないと思います。
術師の間で言われていたことなので・・でも、もう言わないといけないらしい。

お墓事情が荒ぶれば荒ぶる程、問題は大きくなるかもしれません。

今、あなたの家のお墓は「どうなっているか、知っていますか?」


まずは、知ることが己と家族を守ることです。





☆東京・JR高田馬場から徒歩5分・セッションルームへのアクセス


☆お申し込み・お問い合わせカート「トゥリニセッテ・魔法使いの街」 



 ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆**:;;;:**:;;;:*゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆☆* ゜゚** ゜゚*゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚


ランキング参加中!クリックどーぞ^0^

 





ご来訪感謝です。

最近でもありませんが、お墓の県に関しては様々なことが起こっていますね。
「墓じまい」という事もある意味流行の言葉になっています。

墓じまいという考え方は新しいものではありません。
墓まとめという言いたかもあります。

多くなってしまった親族をおまとめするという考え方ですね。
また、散骨、樹木葬と様々な故人への思いを表現したものがあります。

IMG_1748

ですが、問題ももれなく起こっています。
まず、墓じまいをした後の墓石などの不法投棄
墓石を預かってくださるお寺もできましたが、土地の問題。
料金の問題
お寺との関係性

多くの問題が生じている中で、意外と表面化してこない問題として家運があります。
日本では聖徳太子の頃に初めて「墓」たる今の形が成り立っていたとか。
その昔では土葬もありましたから、ネズミの問題もあり、そのために曼珠沙華を植えるという事もありました。

お寺に曼珠沙華が多いのは、土葬になった後遺体を喰らいに来るネズミ対策です。
曼珠沙華の根には毒があります。
亡くなられた遺体そばに植える事で、ネズミよけになるんですよ。

ですが、曼珠沙華は種ではなく株分けで増えます。
今や火葬が普通になっていますから、お寺でも曼珠沙華を軽減するのですが、根が少しでもあると新しく生えて行きます。
追いかけっこですね。


そして、この墓じまいと同じくらいに「納骨堂」もあります。
時代の問題ではありますが、その昔では納骨堂はよっぽどのことが無いと納めません。
かなり以前、納骨堂に親族の許可もなく跡継ぎがお父様を納めてしまったというご相談を得ました。
幸い、霊視をした段階ではお父様はきちんと座して「それはそのように」とお聞きできたのでいいのですが、
しいて私たちがリアルで感じると「1k」の住まいに4・5人で住むような印象です。

狭くて苦しい場合もあるんです。
むろんそれでも良いとなる方もいますし、そこには遺骨があるだけで御霊は上がりますから、気にするほどではないとも
聞きはしました。

でも、あなたが当事者だったらどうでしょうか。
納骨堂に納めていただくにも、式があります。
家族親族が理解していく事がなによりも最優先です。


少し長くなりますので、次へと移行しますね。
























ご来訪感謝です。

まあ、だれしもエネルギーバンパイアにはなりたくはないと思うのですよ。
でも気が付いたらそういわれていたりする・・なんてことも少なくはありません。

まあ、時としてわかっててやるという、エネバン(面倒なので短くします)もいますけどね。

まず、このエネバンになってしまうのは、ある種のパターンがあります。
疲れ切っている状態だと、はまりやすいのはありますね。

「疲れきっていて、他者のエネルギーをもらうのが始まりで癖になっている場合」

これの時に、ほかの誰かといて「楽だわ」ってなり、癖になるのでついつい・・・
でも本人には、そうなっている自覚がありません。
ある日、友人や家族に言われて「はっ!!」とします。

言われて驚いたときに、2つの基本をまずは見てください。

1・愚痴などを言いやすくなっている自分はいないか。
2・自分がエネルギースポンジになっていないか。


nuko-6_TP_V4

先の1つ目は愚痴を言いやすくなっていたり、噂話を楽しんでいるとなりやすいかもしれません。
あと、質問攻め・・「あの人はどうなの?この人は?えーーーあの人そうなの!!」みたいな。

2つ目は、他者のエネルギーに敏感で自己防御ができていない場合に起こりますね。
この場合でも、誰かから「あなたといると疲れるのよ」といわれることがあります。
平均、相手元気になるんですけどね。

あと単純な「いじめの場合」
これだとエネバンもへったくれもないですね・・・

どうしても自覚が少ない場合、他者に目が行きますが先に自分の特性を見直しておくのがおすすめかもしれません。



とっぴんぱらりのぷぅ






☆東京・JR高田馬場から徒歩5分・セッションルームへのアクセス


☆お申し込み・お問い合わせカート「トゥリニセッテ・魔法使いの街」 



 ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆**:;;;:**:;;;:*゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆☆* ゜゚** ゜゚*゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚


ランキング参加中!クリックどーぞ^0^

 



このページのトップヘ