薔薇と魔法と言魂と~トゥリニセッテ

占い師・マーヤラジャが贈る、不思議と心・自由のブログ

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆



          【貴方の努力を、全力で応援!】

       ★「頑張る貴方」は奇跡の成功を手にする ★

    
  ☆ 魔術師・マーヤラジャが、貴方の人生に喜びと気づきの湧水を ☆


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

現在・言魂タロット&ダブルデッキ法には公認講師・鑑定師がおります。
詳しくは下記をご覧ください。

『言魂タロット認定講師・認定鑑定師・ご紹介』


言魂認定師記事 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

『重要連絡』
携帯からお申込みの際、ドメイン設定にお気を付けください。お返事が戻ってきてしまいます。

アドレス間違いが多くなってきております。お申込みの際はご確認を。

さても、娘のお話でございます。

ボディのね^^;


姉Pは身長もありまして、157センチはございます、中学2年生です。

で、次女Pは、身長もまだ150ありませんし、お子様体系・・・・かと思ったんですけどね!!!


なんと、最近、学校で大掛かりな行事があって、かなりの汗をかいて動くことが多くなりました。

すると、少し前まで、おなかぽっちゃりの赤ちゃん体系で、こりゃ運動させないとなぁ~なんて思っていたわけです。


ですが、女の子ですから、トップの下着を買いに行く時期になりますよね。

今度はスポーツブラではなく、しっかりして、ワイヤーなどの入っていないものをきちんと測ってね^^

すると、なかなかのサイズが本人にはあったんですね。

けれど親として、それはバストなのか?胸囲なのか??ということで、丸っこいからなぁ~なんて、思っていました。


で、帰宅後、姉Pがその下着を着けたところ、カップから何からちょうど・・・と。(。・ロ・。)ギョェ


で、さらには、このところ、動きまくり汗かきまくりの次女P・・・体重の変化は無いのですが、

腰がきゅ~っとくびれてきて・・・・バストが目立つ。(llllll・_・llllll)......ン?


そう、次女Pはボッキュッボ~~ンになっておったのですね。

おいらの母がその体系でして、つまりは隔世遺伝・・・・

小6の癖に、体系だけ今見ると、ナイスなイメージで・・・・やばいです^^;


それにしても、中学2年生、山中に行くのに(学校行事としての体験宿泊)チューブトップなんか、

着てくるんですね~(姉Pの友人、姉Pの意見「そこまでして、男の目を??)


うちの娘たち、・・・・体系以外は、山男かも・・・・やっほ~~~~


今しがた、夕方の5時ちょっと前ですね、次女Pが帰宅しました。

小学6年生です。


で、帰宅しますと、小学生、まあ、学校にも寄るのだと思いますが、プリントがきますよね?

そのプリントの中には、小学6年、つまり小学校最高学年ですから、中学からのプリントなどもあります。

でね、そのプリントの中に、「3年女子特別授業~思春期女子の体の理解~」という、特別授業を行いますよ~といった、案内がありました。


でもこれ、中学からきているんですよね。

つまりは、中学3年生の女子に、こうした思春期の体のお話をする特別授業を行いますから、

お母さん(保護者で母のみとなっている)も、ご一緒にいかがですか?といった、お誘いなのである。


何ゆえに、小学校にもきているのかといえば、こうした取り組みもしているので、今度入学を考えていらっしゃる保護者の方への学校アピール・・・も、たぶんにあるのでしょう。


内容はといえば、体の仕組み、月経の仕組み、ダイエットと月経の関係、病気の予防と発見、そして対応、医者の利用の仕方・・・となってました。


講師の先生は、クリニックの先生や、ヘルスケア専門の方、産婦人科の先生など幅広くおいでくださいます。



年齢は15くらいでも体の育ちは今の子供たち、とても豊かですからね。

なので、無理なダイエットや体の問題などもあって、不安にもなってしまうのでしょう。


昔、自分が子供のころには、小学校で、こうした性教育にあたるものが、女子は女子、男子は男子で

分かれてあったような気がします。

今は無いんですね。


中3でも、もちろん必要だと思うのですけど、小学校でもやってくれないかなぁ。

体格のいい子は、5年とかその前とかでも、来ていますし、不安になることも少なくないと思うのですよ。

知識的なものも少ないですし、お母さんに聞くというのもできない子もいますから。


なんとも、不思議に感じた教育プリントでした。


このページのトップヘ