薔薇と魔法と言魂と~トゥリニセッテ

占い師・マーヤラジャが贈る、不思議と心・自由のブログ

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆



          【貴方の努力を、全力で応援!】

       ★「頑張る貴方」は奇跡の成功を手にする ★

    
  ☆ 魔術師・マーヤラジャが、貴方の人生に喜びと気づきの湧水を ☆


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

現在・言魂タロット&ダブルデッキ法には公認講師・鑑定師がおります。
詳しくは下記をご覧ください。

『言魂タロット認定講師・認定鑑定師・ご紹介』


言魂認定師記事 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

『重要連絡』
携帯からお申込みの際、ドメイン設定にお気を付けください。お返事が戻ってきてしまいます。

アドレス間違いが多くなってきております。お申込みの際はご確認を。

今、親父の見舞いに行ってきました。

眠っていましたから、見に行っただけです。人は、あんなに簡単に顔が変わるんだなぁって、ふと考えました。

あれは誰だったんでしょう。

眠る親父の顔はほとんど痩せこけて、息をしているのかも、不思議なほどです。

大体、病院に行くと、具合が逆に悪くなる私でしたが、親父のまわりだけが温かく静かだったのを感じていました。

今日から個室に入るそうです。強い痛み留めを打っているので、眠った時間がほとんどだとか。

個室に移る理由は、若い患者さんも、怪我の患者さんもいるから。

ここまで書くとお分かりのように、一週間もつか、三日持つかと医者に言われたそうです。

先だって会ったときは、「元気でないなぁ」なんて、車椅子に自分から乗っていた位だったので、まさか自力で立てなくなっていたとは。

すでに開腹手術したときに、胃、脾臓、肝臓の三分の一を切除。腸への転移も可能性大だったので、抗がん剤散布は聞いていました。

たかが1時間でつく実家も病院も、腹が立つほど距離を感じます。これが、もっと離れていたら…

今日、新年の為の打ち合わせがあります。まさか、そこまで酷いとは考えていなかったので(考えたくなかった?)打ち合わせを入れました。

芸能界にいるかたは、今はどうかわかりませんが、穴はあけられないと、こうして動いていたのでしょうか。

決めるのは連れ添った母です。母は、看護と介護と仕事をしています。

看護は父の為に、介護は息子の為に、仕事は生活の為に。疲れた顔をしていました。

父が入院している病院で働いていますが、父は少し目を開け、便意を感じるとトイレに行きたがります。当たり前です。大人ですし、意識があったらしいですから。体が反応して言っただけ?

医師がおむつにするように、伝えたそうです。

どれだけ悔しかったでしょうか。プライドだってあるでしょう。

母の仕事は病院内の清掃。好きでする仕事かいなかはわかりませんが、人手が足りないのは確かです。

歳をとっていますから、時給は安いんです。朝の五時半から働くのに。

父を見てやりたいから、休みたいと会社や上司に言っても、あまり快い返事はありません。

揚げ句に怪我した他の人の話しをされる。今、いつ身体から光りが離れるかわからないと医者に言われたのに。

看護士も、トイレ等は母に見てもらいたい、大変だからと言っていたそうです。

仕事柄、看護士さんの相談も受けます。その大変さは、父がソーシャルワーカーでしたので、知っています。でも、される側には、自分ではなく家族がという立場、死という直面。

不満はたえません。もし、もしも、私がもっとしっかりしていたら、色んな方法が取れたのではないでしょうか。本人が安心して、介護を受けられたのではないでしょうか。

もっと、きちんとしていたら、不登校も、夫との変な隙間もなかったのかも知れません。

そして、こうして書き込みをしながら、冷静なのか複雑なのか、心は空っぽに近く、父にあげたストラップが淋しく思い出されています。

さぁ、仕事、しないと。

いやぁ、タイトルだけだと、なんだそりゃって感じなんですが、巨峰です。

そ、葡萄ね。

入院している父ですが、病院食は栄養を大事にはするでしょうけど、なんだかよくわかりません。

うどん位しか食べられない状態ですし、食欲がない。そりゃそうだ。

胃がないわけだから、腹は減らない…の、かな?

その親父が、「巨峰食べたいなぁ」と、言ったそうで。巨峰…旬は長くても十月…一杯…………

東京なら、インターネットならと、探し回ったんですが、見つからなくて。ついに見つけた場所も、連絡がこない……やっぱりむりかなぁって、次女と近所に買い物にきたら、偶然発見!次女が一個試食し普通…ってことで、見舞い時間は過ぎてますが、母が明日、仕事と一緒の病院なんで、もって行けるように、お届けしているところです。

緊急入院して、約2週間弱たったことろの親父殿ですが、
母からよく電話がかかってきて、調子が悪いので、顔でも身にきてやって・・・・と。

胃癌だと判明し、手術をしたのが、今年の中ごろであったでしょうか。
それから半年・・・・

別段余命などは診断されていません。
今回も、リンパが腫れていて、それで痛みがあるのだろうとのこと。
あまりハッキリ、ものを言わない母ですが、(医者に言われたことでも
抜けてんじゃないのかな、仕事もし、半分寝ている息子の面倒も見ているんだし・・・)入院当初は集中治療室へ。

どうにも痛みが激しいので、モルヒネを打ったそうです。
検査中だということなのですが、抗がん剤も打ったとか?少量?
食事が取れる状態ではないらしく、ほとんど点滴です。

でも、栄養が違った意味で出ているのか、髪が増えたような・・・
でも、抗がん剤って抜けるって言うよね?

動くのは車椅子。
その視線もどこを見ているのかわかりません。
呼びかければ、ちゃんとこっちを見て、話もしますし、目に光は入るんだけど、そのほかはどこを見ているのか、ぼ~っとしていました。

足も、むくんでしまって、入浴は出来ないので、お湯で洗って。
父の手を握って、話をし、背中をさすり、足を石鹸で洗ってやって、車椅子を押してやって、(それでも煙草やめねぇの)天気、
へんだけど、キレイな雲だね。とか、話をし。

いつも、手を握ったりすれば、振り払い、足を洗おうなんてありえないし、ありがとう・・・なんて出るようなそんな人ではありません。

帰りに、車椅子の上で居眠りしだしたので、ベットに連れ帰り、
寝かせたんですが、丸まって、まるで胎児みたいに寝ているの。
仰向けで寝ると、腰が痛いんだって・・・点滴打って・・
まるで、小さな男の子みたいな目をしているんですね。

つい、この間、涙ながらに怒って帰ってきたのに、今は、また、涙も出ません・・・・
帰宅して、いきなり熱が跳ね上がって、今、7度5分です。

7時くらいに寝て、さっき起きたので、誰かに話したくてこれを書いています。

本当に人の生き死には神様のなせる事柄ですね。
私たちはどこまで歩いてゆけるのでしょう。

その昔、エデンと言う楽園からアダムとイブが追い出されたとき、
そして出産をしたとき、寿命という名の制限が出来たのは、アダムとイブに対しての罰だったと言います。

でも、そのほかの子供たち、カインとアベル以外にもいたと言う説があり、その子供たちは、死と言う名の罰は関係がしていなかったと。
だからとても長生きで、900歳とか、1000歳とか生きていたとか。

ただ、人が死をその運命に加えたのは、大好きな人たちが違った要因で(つまり事故死とか、その肉体が持たなくなった)亡くなっていく。
その寂しさを、我慢することが大変だったから、人はだんだんと短い寿命になったんだ・・・なんて、読んだ覚えがあります。

吸血鬼の物語でも、人は死んでいくから人なんだ。
戦争の悲しみも、人が逝ってしまう悲しみも一緒に味あわせたくない・・・だから、仲間は要らないなんて、ドラキュラの息子の話も読んだ覚えがあります。

それでも、それでも、こうしてちょっと電車に乗って、頑張れば顔を見に行けて、触れること、声を聞けることはなんて幸せなんでしょうか。
ヒーリングワークは相手の許可が要ると、ある種の形があります。

だけど、身近な大好きな人に、触れて、その痛む箇所をさすって、声をかけて、顔を見て、話しをして、抱きしめて・・・これがヒーリングの原点だと思うのです。
それが出来る私は、そして、一人で帰ってくることはなく、心配してくれる子供たちや、夫・・・
とてもとても、幸せなことです。

それを思うことが多いので、毎日祈ってやみません。
皆が幸せでいられるますよう。誰かに助けてもらえますよう。
自分の足で立って進んでゆけますよう。どうぞ、その痛みが軽減されて、涙が光る希望の星にかわりますよう。


このページのトップヘ