薔薇と魔法と言魂と~トゥリニセッテ

占い師・マーヤラジャが贈る、不思議と心・自由のブログ

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆



          【貴方の努力を、全力で応援!】

       ★「頑張る貴方」は奇跡の成功を手にする ★

    
  ☆ 魔術師・マーヤラジャが、貴方の人生に喜びと気づきの湧水を ☆


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

現在・言魂タロット&ダブルデッキ法には公認講師・鑑定師がおります。
詳しくは下記をご覧ください。

『言魂タロット認定講師・認定鑑定師・ご紹介』


言魂認定師記事 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

『重要連絡』
携帯からお申込みの際、ドメイン設定にお気を付けください。お返事が戻ってきてしまいます。

アドレス間違いが多くなってきております。お申込みの際はご確認を。

ご来訪感謝です。

最近、また少し増えてきたかなと(新規の方も増えましたので)改めて、書かせていただきます。
トゥリニセッテをご活用の際のご注意点です。

1・ドメイン設定をご確認ください。

Gmail の受け取りをOKにしておいてくださいませ。
こちらからお送りするのが、このアドレスになります、時々、お返事が届かない方がおいでなので。

2・i.softbankアドレスの方は、少しご注意いただけますよう。

これは、私の法でもわからないんですけども、なぜか、このi.softbankアドレスがいつもうまくいかないことがあるんです。もちろん、問題なく稼働している人もいるんですけども、新しくお申し込みの場合は、気にしていただけると助かります。

3・入金確認は、銀行の営業日になります。

土日祝前にお振込みいただきましても、確認はできません。
銀行が稼働したとしても、すぐにお返事ができるとは限りません。48時間を目安にしていただいていますが、土日が入りますと伸びます。
また、入金した振り込みの写メを送っていただいても、確認にはなりませんので、お気を付けください。
あくまでも銀行に振り込まれ、通帳確認をした後です。

4・土日祝は事務局がお休みです。

私個人は土日は出張もありますし、火曜日をお休みにしておりますが、事務局は土日祝日お休みです。
お返事はできません。また、事務局は専門として行っていただいているわけではありませんので、48時間を設定している次第です。

5・どの品物が自分にあっているかなど・・・

どの品物がいいか、どのワークがいいかなどは、お答えできません。ご自身で考えてお申し込みください。また、ものによっては思いがけない時間がかかる場合があります。ご了承の上お申し込みを。

6・申込の流れ・・・

例・・・鑑定申し込み
カート内の鑑定申し込みをチョイス⇒事務局よりお返事⇒お振込み⇒入金確認連絡⇒カートより日時チョイス⇒事務局から確定返事⇒セッション

まあ、こんな感じになっております。この入金確認連絡は、銀行稼働日になります。

ちょっと細かくて、めんどくさいかもしれませんが、よろしくご協力の程、お願い申し上げます。


 

☆東京・JR高田馬場から徒歩5分・セッションルームへのアクセス


☆お申し込み・お問い合わせカート「トゥリニセッテ・魔法使いの街」 


☆メールマガジンの購読はこちら



 ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆**:;;;:**:;;;:*゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆☆* ゜゚** ゜゚*゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚


ランキング参加中!クリックどーぞ^0^

 



ご来訪感謝です。

転換ブレス・・・ その後・・やはり最初は自分体験ですね。
まあ、弟がろくでもない事ばかりをするので、どーーーしてくれようかっ・・って形だったんですよ。

父は10年前に亡くなりましたし、母一人・・・
ド阿呆な弟の面倒を見るも、この10年の間に・・ほんっとうにろくでもない事ばかりをして、
母が泣くのを見るしかないのか・・なんて、凹んでませんでしたね私。

まずは、実際に裁判関係もあったので、動きに動き回り、片付けたわけです。
凹んで泣いて、嘆いてあきらめるくらいなら、ぶち壊すのが私と自負してますしね(笑)

転換ブレスを作成したのは、エネルギーのあり方を考えて居ての事。
その結果、さっきUPした数学の流れに至ってきたわけなんですけどね^^;;;

エネルギーの配分量、方向のテコ・・・考えることは山のようです。


さて、その転換ブレスは、家族・自分自身のとあるマイナスを、願うものに転換し、プラスにするというもの・・・
このブレスの話を書いた際に「面倒な人がいるのですが、抑え込めますか?」という質問をいただいたのだけど、そういうことではないんです。
抑え込んでしまったら、その反動は必ず来ます。 

そうではなく、そのマイナスを自分にとってはプラスにし、その問題が面倒を起こす人物であるなら、即座に解決策を見つけるなど、動きやすくかつ緩やかにするんです。

今日、母のところに行ってきました・・何やら不穏な空気があったので・・・
少し前から、その気配はしてたんですけど、今までであれば母と二人、どうしたらいいんだろう・・と、悩んでいたんですが、母も余分なことを言わず、様子を逐一知らせてくれるように変わってきています。

さらに、何をどうしたらいいか、私自身、気が付くことが多くなります。
そして、その事についての金銭面は親戚から、母に向けて関係があるようでいてない形で来ています。

仕事を辞めた母ですから、生活のためのおかねは必要・・・
私はと言いますと、こういった障碍を持った子の裁判関係を取り扱っている方と知り合いになりました。

とまあ、言い方が悪いと、生かすもなく殺すもなくみたいなイメージがありますけどね。。。。
だから、ブラックマジックかもしれません。

明日、ブラックマジックとしてカートUPいたします。
この転換ブレスの作成方法は、おなじみの連中には知らせました。なんといっても、15以上の死と再生の神々のご縁を賜るので・・・2日ほど、トイレ行き来するわめまいでへこむわ(笑)

また、この転換ブレスは対面で鑑定を含めないとできません。
現在、遠隔でのセッションが出来ないんです・・・診断はお互いが状況を見つめる必要があるので・・
また、占い師さんのご依頼はお受けしないものです。

ヒーラーさんは大丈夫ですけどね・・・なぜか、それをするのが魔法使いで、それをアドヴァイスするのが占い師なので・・・。

a0001_017857





☆東京・JR高田馬場から徒歩5分・セッションルームへのアクセス


☆お申し込み・お問い合わせカート「トゥリニセッテ・魔法使いの街」 


☆メールマガジンの購読はこちら



 ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆**:;;;:**:;;;:*゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆☆* ゜゚** ゜゚*゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚


ランキング参加中!クリックどーぞ^0^

 




ご来訪感謝です。

子供の時は算数嫌いだったんですけどね。
数学も苦手でしたし、こういうのは本当に教えてくれる人にも寄るのではないかと、よくよく思うこの頃です。
小学5年・6年の時の先生が、私の算数嫌いをせめて生活に行かせる程度には保ってくれたんだなと、今持って思うわけです。

今現在久しぶりに本として読んでいるものがあります。
いや、書籍は読むんですけどね、古本だったり、Kindleだったりなので(笑)
文庫本です(笑)


こちらです。

もう、冒頭から数字というものに関して始まっているんですが、龍文字の札を作っていた時に数字が関係してきました。
この本を見る前にも「ん?(°▽°)」と思ってはいたんですが、インドのデーヴァナーガリー文字がなんとなく似ている。

この本の中にはアルキメデスの螺旋の話もありますし、魔法陣のこともあります。(特に数字を使った魔法陣ね)
久方ぶりに、どはまりしそうな本ですね。

こう言った面白とっかかりにしたら、学生時代の私も違った流れになっていたのかも。
とは言え、今の私は今の私にとても満足なので、知っていてもこの道だったんじゃないかなとしみじみ思うわけです。

数字は本当に不思議です。
そこにある大きなエネルギーを考えると、なお、面白くて仕方ないですね。
ここには錬金術も関わってきます。

人が人を錬成するのが禁忌であったというのも頷けるものです。
人を一人、呼び戻すのには、その人の生成されている成分だけではなく、思い出という質量、その時に居たであろう最近の数文の命。

そう、賢者の石のと言われたものが、実は人間の命で生成されていたというのは、アニメの話だけではなくリアルに考えられていた問題。
辰砂は地中深くに眠っていた赤い石として出ますが、その成分の関係とか、真っ赤な側面がルビィやガーネットとは違った意味で、命に見えたんだろうな。

石自体も無論、一種の命であるわけなんだけども、琥珀などは木の樹液。
とすると、人間で言えば、血が固まってできた血石。
これをどのように使って行けばいいのか。。。

こう言った考え方は好まれないとも言われますが、面白くて突き詰めたくなる。

そう、アカシックレコードだって、使い方次第。
でも、それを見たいと願う人と、見てくれる人がずれていたら見えないんだよね。
それを表現する時に、言葉が足りず、予知のような不確かな予言になってしまう。

ノストラダムスの時代、今の携帯が見えたら、彼にはかまぼこ板にしか見えなかったかもしれない。

すると…「そこには、男性も女性もなく、見たこともない髪の色をし、板のようなもので会話をしているだろう。この会話が、精神を蝕んでいる」なんてでるかもな。

んー面白くて大変(笑)




このページのトップヘ