薔薇と魔法と言魂と~トゥリニセッテ

占い師・マーヤラジャが贈る、不思議と心・自由のブログ

2005年07月

ん~・・・・・どうなのかな、犬とかさ、猫とかさ、まあ、鳥もそうなのかな・・・・

室内飼いか、外飼いか・・・・まあ、鳥さんは飛んで行っちゃいますしね。

んと、ウサギとか、フェレットとか・・・は、室内なのかな。


おいらは動物の毛アレルギーがあるので、長期間の同居は出来ません・・・カイカイになって、

顔が真っ赤になります・・・・


以前、小鳥を拾いました・・・後でわかったのは年寄りだったんですけどね、インコ。

お子様たちとラーメン食べに行って、外に出たら、いたのよね・・・・インコ、黄色いの。

手を出したら、乗ってきたんですよ・・ってことは、手乗りだよね。


で、近くのお花屋さんに行って、小さな箱をもらい、話をしたら、その店のインコがなくなったそうで、餌をもらいました・・・・「残っていたの、今は悲しくて預かるとか出来ないけど、役立ててね」って。

で、家に帰ってきて、編み戸の壊れた網を使用し、ダンボール箱の一面を切り、網を張ってさえばしを通して

止まり木を作って・・・・


で、あちらこちらの動物センターに電話して、迷子鳥の事を聞いて・・・・

で、聞いた話では大抵、連絡がないので、始末されると・・・・・え?


むかし、犬を外飼いで飼えていたとき(アレルギーは大人になってからでした)骨折した飼い犬を保健所に

やってしまい、3日泣いた覚えがあります・・・・やってしまったのは親だったけど、きっと責任はおいらにあるものね・・・・うさぎもそう、野良犬にウサギ小屋を襲われて・・・・喰われたらしいけど、やっぱり責任はおいらだと思う・・・・


でね、家の2件先に猫がいましてね・・・飼い猫なんですよ・・・見事なほどの室内飼い。

どうなんだろう、去勢されて、室内以外を知らないで一生を終えてしまう・・・・・

でも、中途半端に外を知って、中途半端に終わってしまうなら室内の方がいいのかな・・・


でも、動物はどうなんだろう・・・・檻の中のライオン・・・でも、生まれたのは檻の中でサバンナを知らない。

空を見るのかなぁ・・・そして、遺伝子の中で夢を見るのかな・・・


何を考えたのか、考えてないのか、身の回りの整理を始めてしまった・・・・・

ふと、世界は広いなぁって思い始めて、鋼をアニメで見て、その内容にぶっとんで(アニメだと思ってみりゃ

どって事のない、話なのだが・・・)ちまちまと、片づけをしている。


さらに、「やさしくありたいなぁ」などと、今までケゲンに見ていた人たちにも、何か寂しく感じるほど、

のほほんっと見ている・・・・

仕方ないよね、そういう風に生きてきた人たちだ、そして、仕方ないよね、今更変われといわれても出来ない人もいる・・・・


空は高くて、大地は暖かくて、人の命は短いようでいて、永遠なのだなとか・・・・

そんな風なのね。


お約束していたアニメ映画を見てきました。

鋼の錬金術師です・・・・ますますもって・・・・・・いでででで・・・・


ホムンクルスが人ではないと言っておきながらも、その類似された魂と肉体はこちらの世界にあって。

通り抜けてくるためには、その次元に存在する同じ魂を持ったものは消去されるとか・・・このへん、

ドッペルゲンガー的発想。


それぞれが、自分の願いを持っただけなのに、その結果が戦争につながる・・・・

父親は息子を元の世界に戻したくて、人体練成した異形の息子に捕まって・・・・でも、異形の息子は自分の父を憎みながらも殺しきれないでいる。

自分を人体練成した母親を憎みながらも、主人公たちが元に戻るための手伝いをした少年は、母親の元へ戻りたかっただけで・・・・


自由を求めて、異世界を求めた能力者の少女と、異世界の脅威におびえて攻撃した軍人と、同じ顔して違った存在の人々と・・・・・・


最終的には、兄弟は新しい世界へ供に連れ立って存在し、生きていく。

じゃあ、残された世界の思いはどこへ行くんだろう。


カルマって、仕事柄とっても関係してくるんですね。

魂が持って生まれている、人間として積み重ねた経験、その反省点、生き物として、地球が育ってきた中で

積み重なってきたその思い、その責任。

いいものも、悪いものも、カルマといいます。人の縁も、出来事もカルマって言われています。

生きる上で、勝手気ままな殺生はカルマに移行します。やった側の、やられた側の、思いの積み重ね。


カルマを解消することもとても大切だと思うのです。認めることも、流すことも、嫌がることも、でも、

下を向いちゃいけない。上を向いて、手を伸ばせば、光は自分の中に入ってくる。


その光は、天使であり、守護であり、たくさんの思い。

すこ~し、自分の道が見えたような気がします。


でも、痛いアニメだったなぁ・・・子供らにわかるんだろうか・・・・そして、8月公開のホリックとツバサ・・・・

これも難しいんだけどなぁ・・・・


いや、正しくは、自分の命の存続に自信がないのです。

どこかに病気の巣があるような気がしているのですね・・・

んじゃあ、病院にいけよ、ってな話なのですが、行っても異常がなかったんですよ。


でね、なぜか、嫌なことにmkの周りの整理をしていたりするんですね・・・・・

子供の誕生日やお祝いは、しっかりやろうとか、行きたい場所には一緒に行ってうやろうとか、親に

感謝を込めて、たくさんの事をしてあげようとか・・・・


すぐになみだ目になるし・・・・


夏ですからね(夏苦手なんです・・・アトピーがあるので)落ち込んでいるのも確かでしょうし・・・・


ついつい、昔のこととか思い出しちゃうんですよ。

コミックマーケットで遊びまくっていた時とか、同人誌で徹夜してたりとか、成長の為にたくさんの問題を経験し、喧嘩し、それでもその人たちは大好きで・・・・・

喧嘩して、そのときは嫌いになった人でも、やっぱり大事な人たちで・・・・


正直、頭痛いんだよね・・・ず~っとさ、でも、なんともない・・・心の問題なのかなぁ・・・

おいてゆく気もないし、おいていかれる気もないので、まだ大丈夫だとは思うんですけどね。

空はとても高いなぁって・・・・思ってみたりしてね^^


今日も、お仕事です。


昨日の出来事ですね・・・・水10をしこたま見て、ゴリエちゃんのダンスを見終えて、チャンネル変えたら、

スターウォーズやってました・・・ダースベーダ様の素顔が出る、3の奴ですね^^


この映画を見ていて、次女が「なんだかさ、地球人以外は、皆変な姿しているよね」と・・・・・

で、「え?ヒューマノイド型なだけで、ありゃ地球人じゃなくて、宇宙人だよ?」


以下、その会話の流れ・・・・


次「え~、違うよ~人間型してんのは、地球人だよ。でも、あの変なのだって地球人がやってんでしょう?」

母「まあ、映画ですからね~中身は、地球人で、んでもって後は、CGって奴ですかね・・・」

次「でもさ、宇宙でよく息できるよね、この映画」

母「はい?ありゃ他の惑星で、その表面に立ってんだから、空気の層があるんでしょうよ」

次「え~~~~?表面になんか立ってないよう」

母「地球人だって、地球の表面に立ってんでしょうに?」

次「違うよ、ここはね、地球の中なんだよ」

母「え?え?地球空洞説ですか?」

長女「何々、え?私らがどこに立ってんのかって?そりゃ、地球の中でしょう?」

母「おい、お前、中1だよな??」

長「え?え?だって、成層圏って地球じゃないの?」

次「そこにはね、卵の中に薄皮があるでしょう?ああいうのとか、ラップがあるんだよ。でないとね、地球から

  空気が抜けて、息できないんだよ?」

母「はい?地球温暖化、協力者ですか?」

長「なんでなんで、え?あ、どこに立っているかだっけ?じゃあ、表面だ」

次「ちがうよ~~~、中だよ~」

母「成層圏とか、宇宙との境ってのは線でも引いてあんのかい・・・」

次「えっとね、地球はね、北極と、南極を線で結んで、で、できるのよ。しかも、表面は凸凹だから、危ない   

   の」

母「なんのこっちゃ・・・・・とにかく、いちおう、表面に巣食ってますから。。」

次「ちがうも~~ん、いいもん、大人になったら、地球をラップでくるんでやる・・・」

長「え?え?でもやっぱり、成層圏って、地球じゃないの?」

母「いや、そりゃまあ、そうなんだけど、じゃあ、二百海里かよ?日本の端っこから、200行くと、そこまでは

   日本の領域って??」

長「じゃあ、成層圏って何」

母「ううう・・・比重の問題ってか、ほら、油と水と一緒にすると、あるようでいてないラインが出来るじゃんか。

   な、空気があって、そうでなくて」

次「違うもん、そこに卵の薄皮があるんだもん」

母「お前は・・・・・」

長「え~~?じゃあ、地球って、どこが地球なの?」

母「緑の大地、地球っていうだろうが!ここだよここ!!」

長「じゃあ、成層圏は何?」

次「薄皮!」

母「そこに拘るのか、じゃあ、あんたの存在があって、その周囲の空気まで俺様かい?」

次「だから薄皮」

母「人間に薄皮はない!」


とね、たったちょっと、映画の切れ端見ただけで、こういった会話が出来る、親子・・・・・

悪いね、混じれない、義父母、そしてパパ(家の爺婆は混じれる・・・思考が子供っぽいので・・・は、おいらもか・・・)もったいないね~、子育ては楽しむものだよ^^


このページのトップヘ