薔薇と魔法と言魂と~トゥリニセッテ

占い師・マーヤラジャが贈る、不思議と心・自由のブログ

2006年02月

今日は、balanganにて、お仕事でした。

原稿書いて~チャットやって~対面やって~・・・・一日ひっつめで・・・うううう。

しかも、原稿あがらない(ρ_;)・・・・ぐすん


で、不意に思ってしまったことです・・・・


「お弟子さん欲しい」


うううう・・・なんでいきなりだったのかはわかりませんけどね・・・・

ふっと。


またかよ、って感じですが、元々中の弱い自分としては、ストレスがかかると胃が痛くなります。

まあ、原稿があがらないというのもありなのですが、今朝の長女です。


昨日の記事にも書きましたが、長女、不登校気味です。

うるさくてうるさくて、気持ちが悪くなるほど、世界がうるさい・・・学校へ行きたくない。

図書館で静かに何かを学んでいたい・・・って奴です。


次女のときの、どっかんどっかんぶち当たるその流れとは違っていて、やはり年齢が2つ上だと関係性も違うものです。

一番の不登校の共通点は、「先生が嫌」


次女はすでに転校しましたからね、今は先生も大好きで、信頼感もあって、元気良く登校しています。

最近は子供が犠牲になる犯罪も多くて、学校に行かせるのも実はとっても不安なのですがね。


で、今朝方、仕事しているおいらの後ろで娘が「学校休んじゃ駄目だよね~」と、呟くように言っています。

心の中では「そんなに嫌なら、家にいればいい。」といっているのに、口では「そうだね~」と、受け流している・・・


なんかすごく、冷たい親だなぁって思ってしまったら、胃が痛いです^^;;;


人間とっても忙しいです。

ああでもない、こうでもないと考えることもあるし、忙しさに自分の時間も取れなくなるってこともあります。


ヒーリング関係を行っている人とかは、こうした面を、いろんな経験で微調整してゆけるかたが多いのですが、うまく行かない人や、バランスの悪くなってしまう人も少なくありませんね。

カバラの基本的な自己防衛の中に、それを司る方法があります。


ヒーリングの中でも、こうした事を行うのはありますよね~。

意識した段階での、方法がこっちで、ワーク関係は意識して細かい設定は無いかもしれません(簡単な方がいいもんね)


で、カバラ系の考え方として、時間と空間、そして出来事(事象)がしっかりマッチした段階で、

自分自身を安定させる(グラウディングとはちがうのです)方法をはじめに学びます。


行き過ぎもせず、遅れもせず、今という事象のところに、今という空間と、今という時間を設置するのですね。


運勢が動き始めて、めちゃくちゃ忙しくなる時、自分の時間よりも、「できるのだから動かなきゃ」という流れ、

つまり行き追いついちゃったら、とまんない坂道のボールにならないように、時間軸の設置をします。

坂道なので、時間軸を設置してもスピードはつき過ぎたままなので、とまりゃしません・・・・

そこで、空間軸を設置します。

でも、安定しても時間も同一化しても、出来事ばかりが出てくるのもオーバーワークになるので、事象軸を設置します・・・・


つまり、あるべきこと、必要な事をしっかり行っていくために、バランスをとる方法です^^

そうしたワークも、あるのだということでした^^

やり方・・・・あはははは・・・・・(。-人-。) ゴメーン


自分でも思い出があります。

丁度、長女と同じ頃、13歳くらいでしたか・・・・・世界中がうるさい^^;;;


学校でも、授業中の先生の態度がうるさくて、部活でもなんだか専念できなくてうるさくて、

図書室にいって本を読もうにも、図書室もうるさい(騒ぐ奴居ますものね。)


街中にいっても、小さい子の泣き声も、おっさんのおしゃべりも、同年代の子の声も、耳に届くもの全てうるさい・・・・

どうしたらいいのとか、どうしたいのとか、そんなんじゃなくて、ただ、静かにすごしたい。

外にいて、あまりにもうるさいので、耳をふさいでしまう。


そういうときに、耳をふさいでいると、声をかけるときには、肩を叩くのですが、その行動を決していけないとか言わないのです。

だってうるさくて仕方がないのだもの。


おいらの場合、その声たちは見えないものも含まれていたので、こうなりましたけど、長女には、うるさいのの理由を見えないものとは聞きません。

そんなことで理解しきっちゃったら、こっちの世界に入っちゃって、コントロールできませんからね。

ただただ、吐き出せるものが言葉で出せるのなら、何ぼでも愚痴を言ってもらい、うんうんと、聞きます。


ああしたら?こうしたら?といっても、今の彼女には届かないでしょうから。

そして、その愚痴の出所よりも心配なのは、うるさすぎて頭痛がするといい始めていることです。


昔自分も、世界がうるさくて、頭が痛くて、どうしようもなかったことがありました。

カウンセラーのような仕事をしていても、カウンセラーではないし、その仕事をしている方の手を借りようかとも思うのですが、本人がそれさえも要らないといいます。

そう、いらないと言えてしまう時は、本当にいらないんですよね。


次女の不登校の時と違っていて、どう押し引きをしたらいいのか・・・とっと考え込んでいます。

でも、ただただ・・・・傾聴してやる・・・それしか今の自分には出来ないので。


で、今日本屋にいって、ふと見たマザーテレサの書籍。

「できないということは、神様がそれをお望みではないということよ。」

なんとなく、今の娘にしてられることで、慶弔しか出来ないということは、それをしてやるのでいい・・・と、

勝手に思い込んだりして。


シビアな問題です^^たはは。


今日は、今度の日曜日、25日のすぴこんのために、ちょっとはおしゃれをしようと、長女と吉祥寺に

いってきました^^

ストレス一杯、愚痴一杯の娘さんは、文句たらたら、んでもって、民芸品屋(インドものだけになく、様々ね)

にはいれば、機嫌も変化し、ほんっと大変^^


で、中々のものを手に入れてきました。


んでね!!!吉祥寺は15年以上も前に、友人達とつるんでいた場所だったんです。

その買い物の最中・・・そう、その当時につるんでいた、「くぐつ草」」って名前の、喫茶店が、まだあったんですよ~。

その場を通ることがあまりなかったので、気がつかなかったということもありますが、

もう無いかも・・・・・とか、思っていたのですね。


あの当時の3人組・・・自分と友人2人・・・・

ある意味、、皆バラバラで、今は1人しかつながりが無いけど、ヴァンパイヤハンターDとか、アンバーの9王子とか・・・そういった漫画や小説やアニメとかもあり、同人誌とかスピリチュアル系とか・・・・

ああ・・なんかいろんな物に一生懸命だった、あの頃を思い出しました。


わりかし、いつもいた、一番奥の席に座って、目の前には、友人ではなく娘がいて・・・・

懐かしいような、変わらない場所に(まったく内装も変わっていなかった^^;)時間だけが過ぎた自分がいて。なんでしょうね、その不思議な時間・・・・


自分の時間だけが過ぎたような、周囲の時間だけが戻っていったような・・・・

泣きたくなるような時間でした。


おいらがコーヒーを頼み、娘がアイスウィンナーをたのみ・・・(ああ、あいつはこんなののまねーな)

長い間住んでいたわけじゃない場所でしたが、自分の思い出の多くが集約された吉祥寺です。


うう~~ん、また行こう^^


このページのトップヘ