薔薇と魔法と言魂と~トゥリニセッテ

占い師・マーヤラジャが贈る、不思議と心・自由のブログ

2006年11月

ヒーリングワークというものを学んでいくと、いろんなことを考え始めます。

最近考えているのは、上記タイトルみたいな、意図することと意図しないこと。


神様に感謝して、天使に感謝して、こうしたことを相手に贈ると意図しましょう・・・とか、

こういったことに対して癒しのエネルギーが送られるように、意図しましょうとか・・実によく分かる方法です。


ある意味、カルマを解除する・・・・というのとか、「もう、自分にはカルマが無いぞ」など、意図することで効果が

あがったりしますね。

これもよく分かる、つまりは、意図することで余分ないらないエネルギーを排除したりはじいたりするんだもんね。

うんうん。


でも、クリスタル・トーン(お名前付けました。音叉を使うのですが、クリスタルを鳴らすので、クリスタル・トーン・ヒーリング。

でも、鳴らすクリスタルは、色々なのですよ^^)は、意図するとかないんですよ。

遠隔でも、対面でも、とにかく、波動がその人を取り囲み、必要なところにエネルギーが入るので。


なので、クライアントさんから、「これこれこんな感じで、困っております」といわれて、なぁぁんにも考えずに、

こ~~~~~んっと、鳴らすと、クライアントさん自体が、「あ、これだったから、体のこんなところにワケのわかんない痛みがあったのね・・・」と、気がついて手放しちゃうこともあるし、そのときはなんていう変化が無かったけど、問題が現実化して、

考え方がかわって「あれからこんな風になって、実際問題かたつけたら、気が楽になったんですよ」と、ヒーリングとは

関係ない常態で片がつく場合もあったりして・・・・


体にある左右不対称な盛り上がり、たとえば肩こりとかね。

呼吸法でも肩が下がっちゃうことはよくあるんだけど、背中・・・肩甲骨の辺りとか盛り上がっていたりして、

呼吸法で吐いてもらうと、へこんだりもするんだよね。


んでもって、クリスタルを打ち鳴らして、鳴らしたほうのクリスタルを気になる場所に当てて、音叉をそばに持っていくと

おりゃ・・・へこむ^^;;;;


実は、理屈はわかっていないおいらがいるのよね。

しかも、今でこそ、エンジェル音叉を3本使ってやるときもあるけど、

いきなりあがるのが危ないかなと、思った人には、なんとギターの調律で使う音叉を使っていたりして。


これは昔からよくやっていた方法、すごくいらいらして落ち着かないときとか、場所に負けそうなとき、

知人に、音叉の別の使い方を教えてもらって、鳴らして耳元に持ってくると安定するのよね。


で、このギターの調律の音叉・・・・ギターで言うとラの音ですね。

ラ・・・は、アジナー、つまり第三眼のチャクラの音。

紫色だったよね~なのよ。


時々、使っていたのだけど、前回も書いたみたいに、遠隔も出来るようなので(あの時は、チャクラに音叉のエネルギー

ほおり込んでマカバ水晶に入れて送ったのよね。相手には何の音叉を使っているかは言ってなかったけど、金色がぁって、メールもらった・・・その通り、金色の音叉を使っていたのです。金と銀があるんだよ^^)


近しくモニター様を、お願いしようかなと思っているのよね。

遠くにいる人にはあまりやっていないので、感想がほしい・・・・

もちろん、無料でモニタります。


受け取るための流れを書いておかないといけないのだけど、今テキストが混雑中・・・・

あああ、4大グラウディングの方法もテキストしないといけないし、やること山済み・・・・・でも、忙しいのはうれしいことだわ。

だって、求められているってことでもあるもんね^^


こんな、ワケのわかんない、占い師を求めていただき、ありがたいありがたい。


うふふふふふ・・・・・


て・・・・テキストが、テキストが終わらない・・・・・・

おほほほほほほヽ(゜▽、゜)ノ


それなのに、スカイプの設定をしてたり・・・・

洗濯物を干してみたり・・・・

台所の支度をして見たり・・・


って、毎日の生活ですし、お店に行ってないときは洗濯しておかないと、たまるのよ~。


お昼から出勤の癖に、なんで洗濯物で悩むのか・・・と、思うでしょう。

朝弱いんです・・・おいら・・・・


というのも、アニメーターやってたときに完璧夜型になってて、さすがに年齢において持久力は無くなってますけど、

徹夜のほうが楽。


まあ、おいらは夜の子供なので、仕方ないですね・・・・・へへへ。


で、おわらね~んなら、ブログ書いてんじゃね~ってね・・・・きゃぁぁぁあ。


いろんなことが起こるもんで、書き込みたい事が沢山あるのに、暇が無いのです・・・だははは。


さて、今日は仕事に出る前に、テレビでニュースを見ておりました。

「イジメは転校の理由になる」を知らない保護者が80%・・・とかなんとか。


今年にからの入学案内には、この旨を記載するということも、原因で転校も考えていいと言う事も、今年の進入時期から

既に国では決まっていたのだそうですね。

つまり改正案・・・って事かな・・・・(ごめん、法律・・わかんないんだもの)


でも、実際には保護者はこのことをあまり知らなくて、その80%が知らない率だったとか。

その理由が、国がそのように指導したにもかかわらず、教育委員会(各場所のね)が、それを納得していないので、

各学校には伝わっていないのだそうですね。

なので、保護者は知らないと・・・・・


確かに、次女が転校したのは、この改正案がある前でしたけど、区役所で手続きするのがすごく大変でした。

どうしても転校したいのかとか、校長とは話したのかとか、カウンセラーとは相談したのかとか、もう、転校したら後が無いぞ!!

みたいなね~。


脅かされたに近いくらいの、反応でしたよ。

まあ、そんな事くらいでは負けませんでしたけど。


でも、国が対策を練っていても、教育委員会が、それはどうかと止めていたんですって。

確かに転校で解決できる問題ではないかもしれないけど、転校した事で一面解決したおいらとしては、

手段として取っておいて欲しいよね~とか、思ってしまいます。

転校が手段にならない・・・人も居ると思います。

だって、おいらが子供のとき、転校したせいで(父親の仕事の関係ね)イジメが出たほうだから。


でも、中には凄い、距離がないのに、学校を変えただけで、安定する子供もおるのですよ。

次女はそうでしたね。(今まで行っていた学校から、ほんの5分遠いだけですし、引越しもしてません)


そんなに転校されるのがいやなら、そこはそこでちゃんと考えて方法をねってほしいなぁ。


ま、人間いろんなことを抱えて生きているものです。

んで、締め切りをめっちゃぶっちぎっているのですが、あがりません・・・・ぬううううう。

もう一息で、1項目はあがりそうなので、今日は徹夜で気張ります。


本当はね、明日1日気張ればと思っていたのですが、実母が孫の晴れ姿を見に来ちゃったりするんですよ。


で、「え?なんかあるの?」と、思うでしょう?

あるんです・・・といっても、他愛の無いことですが・・・・


先だって、次女の学芸会が土曜日にありました。

あいにくと仕事を入れてしまったので抜けること叶わず、旦那と長女に変わりに行ってもらったんですよ。

旦那は夜の仕事なので、そうなると徹夜決定。それでも、一生懸命、普通のいでたちを研究し(いつも道理だと少々不審者^^;)

行ってくれました。


で、今回は、地域で子供たちが楽しめるお祭りをしようというのがあるんですね。

そのお祭りの、オープニングイベントに、鼓笛隊が出ます。

次女の通っている学校では、お披露目は自信がつくので出来るだけ参加ということになり、トリオを叩く娘は

何とか風邪も治りでることになりました。


で、長女はお友達(通っている中学校の生徒会が、子供たちに楽しみをプレゼント、今年はお化け屋敷ですって^^)がいるので、

お手伝いできたら・・・と、出かけます。

ブラスバンドのほうをまだ見たことのない旦那は「よし、今年で最後だ、見に行くぞ」と、会社帰りにまっすぐ来るつもりのようです。

なので、不審者に間違われないように、保護者札を^^


と、そんなおり、母からの電話で、明日そっちに遊びに行っていいかな、煮物を作ったんだけど。


母の住んでいる場所からここまでは、約1時間程度なので、さほど遠くありません。


何でそんなことになったのかというと、母が先日、体調を崩して医者に行っているのですね。

母は、父とともに、皮加工業というつまりは、お財布を作る作業を家で行っていました。

結構な腕前ですよ、もちろん、家族だからとかではなく、培ってきた職人技です。


その仕事が、この不況のせいと、外国へ出したほうが単価が安いので、仕事がなくなってしまったんですね。

大本の会社がつぶれれば、子会社も道連れはよくある話です。


我が父は、ソーシャルワーカーという資格を持っているので、今、とある介護医院の要員としてお勤めをしています。

チームリーダーにもなっているのですよ、なかなか頑張り屋でしょう^^

しかし、あまり外にでて働いたことの無い母は、やはりお掃除として違う医者にお勤めを始めたのです。



両者とも、60半ばなのです。まだまだ若いとは言いますが、なぜこんな歳になってまで働くか・・・・

実に障害を持っている弟がいましてね。

この弟、不運といえば不運なのですが、甘いといえば甘い・・・・

結婚に失敗して、財をなくしたり、遠方の恋愛で言いがかりをつけられたり、そんなことが続いたうえ、長年曲がった姿勢で

生活をしてきたので、ヘルニアになりました。

もう、仕事もままならないので、会社は辞めることに・・・・会社側はいつでも戻って来てくださいねといってくれるのですが、

このご時世、そうはいかないでしょう。


で、家にいます。

手術すれば良いじゃない・・とも、考えられますが、すごい絶妙な、微妙な姿勢で生活しているので、ちょっとした刺激で

今度は違う場所に影響があるのですよ。

なので、手術もお医者様が言うには、厳しいそうです。


「じゃあ、ヒーリングは?」と、思われるでしょう?

実に現実的な両親は、私の仕事ッぷりは認めてくれますが、(なにぶん、家が苦しいとき、子供育てつつ、気張ったもので)

そういった神秘的なことは一切信じません。


「宇宙人がいるなら目の前に出て来い」って、古い人なので^^;;;;いや、父さん、私もいうなれば宇宙人・・・・


弟も、クリスチャンなので、神を信じることで、痛みも苦しみも学びであると・・・は、思っているのかいないのか。

相手の許可を必要としますでしょう?ヒーリング、だって、共鳴ですものね。電気だって、コンセントがつまっていて、

受け付けなかったら電気はつかないんですよ。


なので、願うしかない・・・・・

その弟が、母のストレスであり、ついでに父の買い物好きも、ストレスであり、なれない社会生活もストレスで・・・・

胃潰瘍になっちゃったんです。ポリープ付・・・・・・

1ヶ月、薬で様子を見るということになったのだそうですが、家にいるとストレスたまるわけですよ。


子供らと遊びにいってもやりたいのですが、子供らもこの時期、やれ中間だとかこんな風にイベントだとかで忙しい。

私も、テキストや締め切りでパソコンの前から動けません。


明日徹夜しますと、月曜日はお店だし、寝不足の顔はクライアントさんに申し訳ないし、なので、休むとして、

今日はきりきりッとモカ飲んで徹夜モードです。

明日は、行かない予定だったのですが(下手に学校行事にでると、その後が大変になるし、むしろ中途半端は相手に悪いと思うし)次女は忙しいし、長女は友達がいるし、旦那に任せては旦那もかわいそうなので、行くことにしました。

お茶でも飲んで、綺麗なシャンデリアでも見せてやって、気晴らししてもらおう^^


そう、私がやらネバ、誰がやる(Byキャシャーン)なのですよ。


おいらは、意外と本好きでして、よく読んでます。

漫画も好きですが、最近はヒーリング関係の書籍が多いですね。


でね、本を読んでいるときに、眼が文字を追いますよね。

んでもって、頭の中で声がしますよね、本を読んでいる文章を読んでくれているようなんな感じです。


その声が、面白いんですよ。

そのときに必要な本であれば、ちゃんとした声で聞えるんですね。

男性の著作本なら、男性の声で、年配の方なら年配の声で聞えてきます。

女性もね。


なのですが、これは今必要でない・・・という場合、あるいは、これは違う・・という場合、どうも嫌な声で聞えてくるのですよ。

こう、どうぶつさんには申し訳ないのですが、狐とか狸とか、本当にそんな感じの・・・・


本を買ったあと、そのようになって、読むのを待ったりすることがあります。

こういうときは、大抵他の本が見つかってそっちを読んだりしますけど。


んでね、今回、読んでいる本があって、その前に買った本があるんですよ。

先に買った本を読み始めたら、上記の現象が起こりました。

で、仕方が無いので(そうなると読んでいても違和感があって、頭に入ってこないんですよね)他の本を読んでいました。

そしたら、その本の後半部分に、先に読もうと思っていた本の紹介が載っています。

んで、何気なく、最初の本に眼を向けたら、声が戻っていたんですね~


今の本読み終わったら、あれだってことかしら・・・



このページのトップヘ