薔薇と魔法と言魂と~トゥリニセッテ

占い師・マーヤラジャが贈る、不思議と心・自由のブログ

2006年11月

と、先の書き込みでも書いたように、娘休んでいます・・・・


するとね、学校から、電話がかかってくるわけですよ。

いえ、「お休みします」の電話は、こちらからしますけどね、当然朝ですから担任が出られるわけではなく、

他の先生や事務の方が出て、伝えておいてくれるわけです。


丁度、次女の転校があったころ、まあ、その前もですが、休んでも電話のでの字もかかってきませんでした。

かかってくるようになったのは、不登校気味になっているのがわかってからです。


「最近、お休みがちですが、体調はどうですか?」


まあ、いい言葉ですよね。


つい先だっても、長女の学校から、電話が・・・

(このとき、体調不全・・というか、腹出して寝てやがったので、風邪引いたわけよ)


「お休みが続いているので、どうされたかと思いまして・・・・」


おお・・・・


実はこの世先生のおかげで、長女の不登校気味は今年、なくなってきたのですね。

とはいっても、担任で、中学ですから、先生は変わる。去年の不登校の原因だった担任は国語で、いまだに関係はあるのだが、

今の担任と何かを話したところ、少し、気持ちが復活したようで、今は頑張っている。


この、中学の先生の流れって、今まで知らなかった、自分が当時の中学でもそうだったのか、ここだけなのか、それは定かではないけど、1年・2年・3年と先生のグループもあり、3年が卒業すると、その当時、持っていたこの3年グループは、1年に下がり、

受け持つと・・・・つまり、だるま落としの部品みたいな感じね・・・・


これもまた、おもしろいなぁって思うのですよ。

あまり関わらない先生は、3年間本当に関わらない・・・・ふ~~ん。


で、去年、次女が転校するとき、前の学校の先生は、あまり電話も無かったし、学校の状況も分からなかった・・・・

4年生のときは、もっと分からなかったのよ・・・・気がつけば、娘怪我しているし、聞いても答えないし・・・

いろんな方法で、聞き出して、外からとか内側とか、姉も当時は6年生でいたから、そのあたりからとね。


すると、眼に見えない心の問題でのこと・・・・

いじめとは言いません。だって、本人が「いじめとはいえないね、わざとそういう事を言ってきたんじゃなくて、言っていいことかそうでないかをわからないでいたんだもんね。自分がそれをすごく嫌だったから、こうなったんだよね」といいますし。

転校して、初めて分かった面もあります。

先生への信頼感が無い・・・・それも、学校中の・・・・・


姉にとっては、いい先生が沢山いて、恩師と呼べる人もありました。

でも、それは姉にとってであり、妹にとっては、「なんだそれ」ということが多かったのでしょう。

なんといっても、保健室へ具合悪くて逃げ込んで、「お母さん、占い師さんでしょう?いつ治るか占ってもらったら?」なんて、

言われてしまうくらいですから。

ちなみに、この保険の先生は、姉にとってはとてもよい先生でした。

いらだつこと、気分の悪いときは、この保健室へいって、ある面、一方的にしゃべってすっきりして出てくる・・・

活用してますな・・・良くも悪くも・・・・


転校したさい、そこの校長先生とお話していたときに、とある、女の子が(次女と同じ歳の子)出世時に問題があったのか、3年生くらいの身長しかありませんでした。今もちっちゃいのですが、大変元気で活発です。

その子は挨拶がとてもよく、私にも、「こんにちは、転校生?よろしくね」などと、くったくなく話します。

で、その子供を見て、「あの子は、娘さんと同じ歳なんですよ。可愛そうでしょう?」と・・・・


かわいそう?可哀想??ええ~~っと。

次女が学校に行けなくなったときにも、近所のおばちゃんから、「まあ、いまどきの小学生はなんでしょうね。娘さん、かわいそうに」と、いわれたことがあります。


そのちっちゃい子は大変元気です。クラスの中でも成績もよいほうで、娘に比べると病気もしません。

むすめも、いろんなことがありますけど、元気ですし、心の痛みを超えて、次のステップへ進んでいます・・・・

この「かわいそう」すごく難しい言葉だと思うのですよ。

占いをしているときでも、よく、クライアントを泣かせてしまうのですが(別にいじわるしてませんよ~~~A=´、`=)ゞ

可哀想という言葉はでませんし、言いません・・・・


で、去年の転校した学校の担任は、それは一生懸命で、休めば連絡と供に、本人にも代わってもらい、話をして・・・

少し忙しくて、電話が無かったときなども、「すいません、連絡が届きませんで。○○ちゃん、どうですか?」と、気にかけてくれた

方です。

この方のおかげもあり(親友も出来たんですけどね)学校へは、本当に体調不全でない限りやすまなくなりました。


今の先生は、連絡が・・来ません^^;;;

ですが、本人がいろんなことを学んだのでしょう、いけなくなることはほとんど無く。

ですが、子供らの会話に「やっぱり、○○の学校から来たやつは、××だよな~」なんていう子がいます。

でもね、そういう奴は、同じ幼稚園だったんだよ^^;;;言いやすいのかな。


いろんなそれは違うだろう。

貴方の周りにも、ありませんか?



次女、またもや学校を休んでおります。

けどね、具合が悪いのよ^^;;;


よく食べ、よく遊び、よく寝る娘らですが、本当に、ひょんなことで具合を悪くします。

特に次女は、こういっては、娘に申し訳なくも感じるのですが、母であるおいらが、何がしかのアチューンメントや

学びをしたあとには、そろって具合を悪くしてくれます。


いい意味でも、悪い意味でもシンクロしているのですね。

で、今回は、タイトルどおりに、副鼻空炎・・・・まあ、早い話が、風邪引いて、鼻の奥に炎症が出たって事ですね。


ほんっとに、申し訳ないような・・・だはははは^^;;;


どうなっていくのでしょうか、この私。

お店でのお教室も来月からスタートします。いよいよです!!!

で、お教室はお教室でカードを購入してもらっているので、我が家にはパートナーの無いカードが・・・

さみしい・・・・


って事で、サイトのほうでは、後4名様に限り特別通信講座してます。

個別なので、つむぎの里のHPをお探しあれ^^;;

あ・・ここで、メッセージくれてもいいけどね。


で、いったん終了かなと思っていた、様々なアチューンメント、実はやっと実に入ったって感じで、

お披露目分が出ました。


・アマツカガヤキ&あまつかがやき・・・・・シンボルとかマントラのあるワークですね。

古代のエネルギーの詰まったとても強いエネルギーです。


・クァンインズ・ラベンダー・フレイムヒーリング・・・・ラベンダー・フレイム・クァンインの、さらにエネルギーが詰まったものですね。

シンボルマントラありです。ものすごく優しく、そして暖かいエネルギーワークですね。


・ソーラーライト・ルナライト(どちらもⅡで、エンパワーメントです)

人間は男性性と女性性で出来ています。その両者のバランスを取り、自然の自分へと戻してくれますし、足りないエネルギーを

補充してくれたりもします。


・アカシック・レコード  知識の図書館・・といわれるアカシックへのアクセスを保護するものです。

かならずアクセスできるというものではありませんが、出来やすくしたり、気がつきやすくなるといったこともあるようです。

おいらのたとえ話ですと、よりよく高位の意識とか、イメージとかでやすくなった感じですか。


んでもって、今のところ、音叉を使ったエネルギーワークもしてますし、だんだんと変化してゆきますね。


こういうことが、ほかの方にもあるのかはわかんないのですが、いろんなアチューンメントやワークを受けて、

自分がアセンションしはじめると、家族もし始めるみたいなのです。

家族そろって順番に具合の悪いこと・・・・・


何かの本で見たのですが、スピリチュアル離婚・・・・・

片方が内面のことでどんどんアセンション(本当にしているのかどうかは別として)していくと、パートナーがそれについてゆけず、

離婚してしまうんだそうですね・・・そういうのもあるんですかね。


すると、この夫婦、家族は離れてはいけない・・・といった、何がしかがある場合、誰かがクリアになっていく好転反応を

えると、影響は供に暮らしている家族ですから、あるのでしょうか。

うちの場合、あれほど、スピリチュアルではない人間だったのに、そんな話を聴いてくるようになったり、カルマ解除をしたりします。


家族そろってアセンションだぁ^^


いやぁぁぁ、驚きと、楽しさと、感動の3連発でした。

講師は、森田さんという男性の方で生徒は11人。男性3人の後女性と言う組み合わせでした。

いろんな職業の方がおられて、実にホットなムードでした。(といっても、個人的なおしゃべりの苦手なおいらは、黙して語らずの

謎な人物と化していましたが・・・・)


で、体に聴くセミナーってことで、キネシオロジーの概念とか、基本とかを学ばせていただいた後、実践。

本当に、実践に次ぐ実践で、実は少々、筋肉痛・・・・・ううう。


本来は、14経絡をしり、物事を知っていく感じがあるのですが、基本だけでも持っているととても幅が広くなります。

なんと、オーラやチャクラの活性まで、体に聴くんですよ。調整法もありました。


おいらは、みぞおちのチャクラが回転が遅く、動きが悪かったのですけれど、調律してもすぐに落ちてしまうのですね・・・・

で、その原因を体に聴いたら、「おなかすいた」だそうで(-"-;A そういえば、お昼とって無かったな・・・・・

また、基本的にご飯をあまり食べない、(特に堅いものは、口の中が痛くて食べられない傾向がある)ので、

その事を体に聴いたら、体は3食、食べたいそうです。が、意識がそれを「よし」といっていない・・・・

インドの行者のような状態になっているそうです。


確かに、食べる事事態はなんら嫌いでもないですし、問題も無いと言う事は、つまり意識なんですね。

まあ、先生いわく生活に問題が無ければ、良いのではないか・・・でも、一度、3食食べてみると何か気が付きもあるかも・・などと^^


今回のキネシオロジーは、ドクター本間という方が行っているものを、教えてもらったのですが、習おうにも外国へ行かないと

アウト・・・・うう~~ん。

いける範囲、いける状況に無いものは、「今じゃないよ」と言われていると判断するおいらですので、もし、このことを

習うとしたら、お金が出来るか、本間先生が日本に来るか・・ですね。

いずれにしろ、まずは、基本で良いと言う事なのでしょう。


仕事に使っていいと言う事で、認定証もいただけましたので、活用してゆきたいなぁ・・・と、思うところです。


遠隔が出来ないのが、なんだけどね^^

タッチフォーヘルスという、名前で日本でもあるそうです。

うう~~ん、今読んでいる「りコネクション」にも、カイロが出ていたし、なんでしょう、この流れ。


あ・・・手のしびしびね、医者に行ってもよくわかんなかったので、昨日キネシオで見てもらったら、「主治医変えたほうがいい」だって・・・・そういや、良く分からん先生だったな・・・・・あの医者。


この間から、手の痺れがあってと、書かせていただきましたが、この件で面白い方へ流れていってます。

音叉には、前からワークのお手伝いなどはしてもらっていましたが、その音叉の音波、つまりは波動ですね、

そんな事は実に考えても居なかったんですよ。


おいら、ヘルツとか、音波とかそういった傾向の頭で考える方面は、まったくダメで、感性重視(それしかなさそうね)の人物でしたので、どうもそうした事の学びには、向かっていなかったんですね。

経絡とかつぼとか、ある程度はマッサージに使っていましたが、キネシオロジーとか音叉療法とかまったく頭にありませんでした。


それがね、そういえば、手の痺れって、神経とは言っているけど、どんな事なんだろう・・・・

医者にいっても、硬いものでこんこん叩かれて、しびれてた場所をカリカリかかれて、ビタミン剤貰って・・・・うう~~ん、と、

なっていたのですね。

で、しばらく考えた後、エネルギーワークってのは、確かに光や熱量、様々なものが届くんだけど、

音だって光に負けないくらい届くわな・・・・ナンといったって、ヤマビコだし?

等と考えてて、この前の書き込みになったわけです。


で、しっかりした音叉もあるんだと納得し、今日、エンジェルチューナーが届きました(今手に出来たのは財布の加減から、

ここまでです・・・・しくしく)でも、これも、思うに、ミカエル・ガブリエル・ラファエルの3人かな・・・とか感じてみたり、(そう、チューナーを開けたとき、そう感じたのよ)ボディー・スピリット・ソウルの3つに関係し、特にこの3。

私のラッキーナンバーであり、世界の3といった考え方の基本であって、「うわぁ、縁あるなぁ・・・」と、思っていたのですね。

その音の、うるわしいこと!!!!きれい過ぎですって~~~~。


440の音叉も、安心する男性の音波が感じられ、おいら大好きなのですが(鳴らして、耳元で聞いている・・・ぽ~~~~~って

あの音スキ^^)でも、このエンジェルチューナー・・・・清らかな聖水のイメージ・・・・・

自分の寺院へ行くと言うワークを行って、そのときに感じた、水晶の樹のアーケードの葉ずれの音の、イメージ・・・・

もう、超感動(ふるっ)って感じくらい、ああ、これが私のところへやっと来た・・・と、感じたのですね。


で、明日、キネシオロジーを少しだけ学びに行きます。身体に聞くんですよ、いろんなことをね^^


さらに、今仕事をしながら、音波、波動療法を調べていたら、ドイツ発祥で、あるんですね~。そういうの。

で、色々見ていたら、痺れや痛みを恐れないで・・・といった項目があり、目で見て、頭で理解するのではなく、そっちへ

向けられた感があります。

ちょっとビックリですが、面白い流れですね~。


このページのトップヘ