薔薇と魔法と言魂と~トゥリニセッテ

占い師・マーヤラジャが贈る、不思議と心・自由のブログ

2008年03月

いやいや、そんなモンがあったとは、思ってませんでした。

そういやそうだよね、中学の時だって、あったじゃないですか。小学校のときも。


うう~~ん、油断しておったなぁ。


今日はそんな訳で、入学説明会です。高校のね。

入学式の説明やら、校則の説明やら、んでもって、授業で使うであろう、辞書の購入、上履きの引渡し、

ああ・・・あれもこれもどんとこ~~い。


なのですが、私は仕事中です・・・・


ええ・・・説明会なんぞ、まったくもって考えておらず、仕事入れました。

いま少し、休むというわけには行かないので、しかたない、お父さんを派遣だ。


ってことで、この雨の中、お父さんと、卒業したのに中学校の制服を着た娘さんは、1時半から

説明会です。


うんとこせ、遠い場所の学校ではないので、そこは助かったかな。


入学式は来月ですので、そこはお仕事、すいません、はずさせていただきました。


それにしても、まだまだ続く実家の書類整理、母の寂しい気持ち、娘の入学、次女の不登校、仕事の先行き、

旦那さんの今後・・・・山積みです。


ついでついでに、あさって、長女は旦那の実家の祖父母と銀座だそうです。

娘、めちゃくちゃ嫌がっています。


ええ・・・お祖父ちゃんお祖母ちゃんは、初孫である娘をすんげ~かわいがってくれるのですが、その過保護さが

娘にはとてつもなく嫌。

なので、実家に帰るときは物凄く嫌がるんですね、ちなみに次女も・・・おいおい。

我が家には結構帰りますし、くだらないことや、アニメにも爺ちゃん婆ちゃんは付き合ってくれますし、ゲームの

話題でもすごく楽なんですね。(まあ、娘の私がこうですし)


爺ちゃんがなくなったこともあって、娘達は積極的に実家に付き合ってくれます。


その婆ちゃんがおそらく、寂しいのでしょう。

ノートパソコン購入してくれました^^;;;


経緯はこう・・・・


「今度何時帰ってくるの、手紙とかが沢山あって、見てほしいんだけど」


そうだね、今度は土日が休みかな・・・・


「じゃあ、泊まっていってもいいよ」


ん~、パソコンがないしねぇ、仕事詰まっているからなぁ・・弟のパソコンは使いにくくて、動かしていること自体で

どうしようもないもんね。


「じゃあ、ノートパソコンっての買ったらどう?」


ええ・・・高いよ?


「買ってあげるから、日曜日早くにいらっしゃい」


とまあ、こんな経緯です。

母としましては、移動型のパソコンがあれば、娘はもっと頻繁に帰ってきてくれるのではないか・・・とも

思ったようなのですね。


そんなこんなで、パソコン増えました・・・・む~~ん。

まあ、娘も使いますし、それでインターネットやられていると、書類の打ち込みも出来ないので、ある意味すごく助かるのですけどね・・・・


弟はいますものの、障害を持っていて、意志の疎通が(しゃべりもするし、ちゃんと分かっているのだけど、

聴力障害と、言語障害も入っているので、普通のようなツーカーな状態がない。そのうえ、今は車椅子なので、ちょっと動くのが大変)上手く行きません。


くだらない世間話とか、仕事もしていますから、その愚痴なども聞いてほしいのでしょう。


私がこのような仕事をしているのは、この日のためでもあったのかもしれません。

父はソーシャルワーカーの資格も持っていましたが、やはり家族となると上手く行かないのは如実に出ますしね。


仕事でも話を聞き、友人関係もそれに近く、子供ら、旦那、そして母の話も聞きます。

そんなことをしていたら、次女の学校のカウンセラーさんに「お母さんはダレに話を聞いてもらっているの?」とか

聞かれてしまいました・・・・ダレでしょう^^;


次女の教育相談室で、私の担当になった方、カウンセラーだと思っていたら校長先生をご卒業された方。

なるほど・・それで話を聞いてくれる・・というよりも、聞いてあげていた私がいたのね^^;

問題提示してあげないと、話しできないんですもの。


ああしたことを見てしまう、経験してしまうと、この相談室もすごく不安・・・・



ほんとうに、色んな経験をさせていただいています。

ありがたいことです。


まあ、何のことかといってしまえば、またもや子供のネタです^^;


学校を無事に卒業した娘ですが、まあ、卒業式の前日にまた問題が発生し、とめどなく・・・

こうして、ほんの少しの違いやずれによって喧嘩といいましょうか、問題を起こす、ちょっとしたことで、

かみ付き合うのも、この年頃のポイントなのではないかとも思います。


かといえば、次女、不登校になってどうなっていくのかといえば、それはリアルではないけれど、

関係性の豊かな人たちがあり、助け合って自分達を支えあっているようです。

(その子供達も、不登校であったり、親からの虐待などを乗り越えようとしたり、色んな子供がいます)


子供は本当に不思議です。

近くにいるから仲がいいってことはないですし、遠くにいても支えあうことが出来るし、たくさんのことを考え、

学んでいるといって良いのだと思います。


地球の上で人間は本当に天秤に乗った錘のように、右に左に揺れ動いています。

何が正しいのか、何が間違っているのかは、個人の差が有って同一のものではありません。

昔と違って、ええ、昔の子供達もその時代に合わせて、たくさんを生きていましたが、今の子供達も

たくさんをしって、迷って生きています。


子供達が笑い声を絶やさなくていい、そんな時代を願ってしまいます。


卒業式は、明日です。


なんですが、この瞬間に来て、クラスメイト?と、ひと悶着あった長女です。


そんなことを、携帯で聞いた後、帰り道をほてほてと、自宅へ・・・

途中、昔長女が通っていた塾の前を通りました・・・


子供が、5人くらい固まって、帰宅の道へ・・・時間は、夜の9時半。

こんな時間まで勉強しているんだなぁ。

昔、自分達が子供だったころ、確かに、塾に通っていた子供もいましたが、どちらかといえば、

そろばんやお習字。


どれも、土曜日の午前授業が終わって、夕方まで。

夜には食卓について、テレビを見ながらご飯を食べて・・・そんな光景だった気がするんだけどなぁ。


そんな中、ふと「この子達は何を思って勉強しているのだろうか・・・」


その塾に行く子供達の中に、どれほど、将来の夢を追うために勉強しているのと、いう子供がいるのだろう。


学校に行かないと次女が言っていましたが、子供の環境の問題だけでなく、私が学校をよいと感じていないのも

きっと不登校の原因になっているのではないかと思ってしまいます。


「ストレス発散のためのブログなので、気分を害する事もあります。なので、それが嫌な人は、この注意を

読んだ段階で、やめてくださいね」と、注意書きに書いたにもかかわらず、娘のブログ記事を読んで、

腹を立てるクラスメイト。


そして、明日卒業だというのに、「一生許さないから」だそうで・・・

別段、名前を出したわけでもなく・・・・


まあ、この敵対した子供さんは、他の小学校の子供さんで、そのときのお友達がそのときに問題を保護者から受けて、参っていたことを思い出して。

なんだねぇ・・・色々ありますね。


去年の誕生日でも、そうだった気がしますが・・・・今年の誕生日も、実の母に忘れられておりました^^;


去年はともかく、今年は忙しかったからね。

オマケに、まだ書類整理も終わっていないし、父の僅かながらの残してくれたものに対して、税務署にいったら、

今年は何もしなくていいよ、と、言っていたくせに、今頃手紙が来て、申請してね・・だって。


何で一度で終わらせてくれないかなぁ。


ある種の、心の支えではないですが、その僅かながらの返済金、持っていたほうが励みになるかと

残しておいたんだけど、ヘタに税金で持っていかれるよりは、返しちゃったほうがいいんじゃないだろうか・・

などなど。


で、先ほど、母から電話が来て、「今日は来るの?」と。


いや、行かないから、今日はちょっと、お出かけを・・いや、正直言って寝かして欲しい・・・(朝一で義父からの電話で起こされたし、その後、電話でまたもや起こされたし・・・昨日寝たの朝の4時過ぎなんですけど)


「なんで、いろんなことまだあるし、休みも取れないし・・・」


いや、母さん、昨日は誕生日で、本日は家族とご飯の約束で・・・(単身赴任のお父さんみたい^^;)


「え?誰の誕生日?」


いやいや・・・あんたの娘の私の誕生日・・・・


「え?えええ~~~~。3日前までは覚えてたのよ、いやだ・・・」


いや、あはははは。


いいんですけどね、この年になっていまさら誕生日、祝われても、なんつうか、こっぱずかしいというか。


なのですが、毎年毎年、この日に贈り物をくれる友人がいます。

ことの始まりは、友人の友人という間接的な知人でした。が、アニメ大好きでつるんでから、ウン十年。

毎年、この日に届くように、贈り物をくれます。


こっちが忘れることがほとんどだというのに、相手は「私が祝いたいだけだから^^」と、今年も。

そのバラエティにとんだ発想は、とっても楽しいものです。

子供等が生まれたときには、そのときの限定品となるティーカップをそれぞれの子供の生まれたときに

贈ってくれました。


チョコレートだったり、可愛いポチ袋だったり、今年は桜の花のお茶。


この友人は、実の家族のことでとても長いこと苦労をしてきました。

そして年行ってから、とある年配の方と知り合いになり、結婚。子宝には恵まれないものの、その生活は幸せ一杯に見えるものです。


この幸せは、きっと彼女の苦労の賜物なのだなと、思ってしまいます。

そして、こうして人に気を使って行ける人だからこそ、彼というすばらしい伴侶にめぐり合えたんだろうなとか。


今年も1つ年をとりました。


よき1年であるように^^


本日のお教室は修了しました~

今日も今日とて、実に有意義なお時間を頂きましたね。


ありがたいことです。


んでもって、これから取材でございます。

うふふふ^^


某有名タレントさんがおいでになるのだそうで、なんだけど、来世占いだそうで。

DVDの収録なので、テレビとかには出ないのだと思うんだけど、どうなんだろうね。

以前、「別冊 太陽」という、国宝ネタを行っている書籍に、占いという項目で、載せていただいた事があります。


これもまた、ありがたいことです。

人生経験ペーペーの私なんぞを、いくらその時、ブレイクした事があったといっても、そんな国宝級の方が出るような書籍に載せていただいた事、正直、自慢しちゃおう^0^


今日は、自分のお誕生日です。

が、確定申告・・くらいしか、イメージ無くってさ^^;それが、今回その、某タレント様が来てくださるおかげで、

なんか凄く記念になった気がします。


感謝しましょう、自分の人生。

ここに生まれて、ン十ン年、いろんなことがありました。

正直、めげてもいいかもしんないってくらい、怒とうの人生だったような気がします。


でも、ここに来て正解。

あの両親の元に生まれてきて、親孝行する前に、親父は行っちまったけど、でも、孫にも会わせられたし、

色んな負荷はあるけれど、あの旦那があって子供たちもいるわけだし。

大きな怪我もして、縫い傷だらけだけど、生きてるし・・・うんうん。ひとまず、良い人生だと肯定しよう。


そして今後とも、これから関係を築いてくださる方々、感謝をし、生きてゆこう。


お誕生日おめでとう、俺^^;;;

お祝いくれた方々、サンキューです。


このページのトップヘ