薔薇と魔法と言魂と~トゥリニセッテ

占い師・マーヤラジャが贈る、不思議と心・自由のブログ

2008年11月

先だって、学校に顔出してくるといって、朝になって迷った結果、行かなかった次女・・・


今朝・・・行きました。


本来の登校(今までの傾向として)は、木曜日にカウンセリングルームに行くだけです。

それが、昨日の晩、「明日は・・行こうかな・・って思っているだけだから、確かかどうかはわかんないけど、ね」

等といいながら、朝、起きてしたくして・・・出かけました。


8時ごろには帰宅したんですが、それでも、自分の意思で、自分の足で、出かけてゆきました。



見守るという事は、自分との戦いでもあります。

時には押してやる必要もありますし、強く叱る事も大切なんだと思います。


我が家の場合は、これで子供自体が成長し、しっかり歩んでいくタイプだったのかもしれません。


子供をしっかり見て、じっくり話して、そして共に歩んでゆく事で、成長していくのでしょう。


もし、貴女が子供の事で迷っているのだとしたら、どうぞ、まずは子供との時間をしっかり掴み取ってください。


このところ、まるで暴走戦車の如く色んな変化が起こってきていたのですが、昨日はなんとビックリ状態で、

思いがけない人と、思いがけない場所にいて、あちらも思いがけない方と再会し・・・と、そんなことがあったわけです。


事の発端は、かなり前になりますが、ヤングリビングのオイルセミナーがあると同僚に聞き、是非行きたいからチケット分けて~といったことに始まります。


で、そのセミナーが11月1日・・その2日ほど前、久しぶりにと友達にメール。

この友人は九州に住んでいます。なので、なかなか会えない。


しかし、ヒーリングワークを学ぶにあたり、この夏過ぎに東京に来ていて、3人(子供2名加え)でカラオケにも行ったほどでした。


メールの返事は、「おひさし、今湘南!」


なに~~~~!!又東京にいたのか!ということで、何故に東京にいるのかを聞くと、とあるセミナーに出るためだとか。

そのセミナーはオイルかと聞きました所、その情報は知らない・・・と、日時を知らせたところ、「行く!」との返事。


しかし、人気のセミナーですから、チケットが手に入らないのでは・・と思ったらば、実にそのメールを送りあう午前中、同僚が「セミナーいけなくなったんだよね」ということで、チケットがあまっとったんですよ。


こんなご縁、あるんだ~~~と、彼女の分をゲットし、当日の朝・・


「ぎゃぁぁ~~~~~~お久しぶり~~~~か?」と再会を祝い、会場へ。


午前中は、無料セミナーでしたので、並ぶ人も多く、のほほんっと列に参加していると、とある女性がさくさくと

こちらに真っ直ぐに向かってきます。


ん?


なんと、5年ぶりの再会をした、その友人のお友達さんだったそうです。

なんですと~~~~。


ともに、オープニングを聞き終え、お昼を一緒にしたのですが、なにぶん、周囲には何も無いんですよね。

そこで、コンビニでお昼を買って、近くにある神社の境内をお借りし、お昼を。


風は冷たかったですが、楽しいお昼を過ごしました。



その後ですね、午後のセミナー。

これは充実していた!!なるほど、こういった使い方も出来るのかと、来場の方と幸運の出来事をシェアし、

感動しまくって帰宅です。


その後、友人は他のセミナーに行く予定があったので、真っ直ぐ他に向かいましたが、(本来はそのセミナーがメイン・・・)疲れてんじゃないかなァ・・・


今頃、自宅についていると思うんだけどね^^



それにしてもたのしかったぁ・・・


お陰で、今後の方向性も見えましたしね。

12月に魔法使い教室始めます。



四大要素の呼吸法、メディテーション。
オイルを使った、魔法の使い方。
豊かさをもたらし、分かち合うためのメソッド。
世界の精霊を味方につけること。
水鏡の使い方。
風の精霊とのコミュニケーション。
4つの風の精霊に頼み、未来を見つける、クレアボヤント(透視)
乳香を使った、祭壇と、女神へのメソッド。
自然界の味方をつけて、魔法を使うこと。
他・・・・・

無理に何かを覚えるのではなく、本来、魔法使いは毎日の生活の中に
ある出来事をしっかりとした可能性の上に進めてゆきます。
もちろん、エッセンスや香、薬草などは薬ですから、これ等には知識が大切です。
おなかが痛いのに、傷薬塗っても遠いかもしれませんしね。

魔法使いだからできる、ヒーリングワークや、宇宙の力を得るメソッドなども加えて、今までに無い、そして、太古の昔に獄当たり前にあった魔法のお教室を行います。

詳細はまだ決まっておりませんが、12月には行って、新しい年をエンジョイして行けるように考えております。


んで、お教室の名前は・・・・・・・・


「インカンタトーレ・メトドロジーア」(Incantatore etodologia)


日本語にしますと「魔法使いの方法論」と少々堅め^^


詳細は後日載せますんでお待ちくださいね~


このページのトップヘ