薔薇と魔法と言魂と~トゥリニセッテ

占い師・マーヤラジャが贈る、不思議と心・自由のブログ

2010年05月

最近、今一度と想い、読んでいる書籍です。

出版されたのは、昭和46年ごろ・・ん~マーヤ7歳ごろですか。(笑

今の数秘術とは少し違っていて、計算するベースは生まれ日。
もちろん、運命数としての生年月日を足したものも判断には入っていますが、すでに、33の概念も入っており、
単数だけではなく、重数もしっかり判断に入っています。

この計算で行きますと、マーヤ・・暴走戦車なんですけどね(爆笑

なんといいましょうか、ええ、そのとおりです。

生年月日ということだけではなく、名前をローマ字に変換して行う、姓名数のほうもしっかり入っています。
ですが、アルファベットに対応している数字が8まで。

もともと、日本に入ってきた数秘という占い方は、日本数秘といって、独特に成長してきたものもありました。
これは、旧暦で占ってゆきますが、日本という大地に属しているだけあって、漢数字で地盤になっている数字の意味合いが出てきます。

たとえば2・・西洋的な判断ですと、つながりですとか平和温厚などかかれますね。
これも、確かな話です。
2は、つながりを意味し、点と点をつないだものですから、(点は1ね)バランスなどを示すことがあると思います。

が、日本数秘の場合には、漢数字の二。
上の相が水、下の相が火ですね。
陰陽分離の性と、されることが多いですね。

日本神話から来ていることもあるのだと思いますし、また、五行からも来ているのかも知れません。
極端な印象だったり、考えだったり迷いやすいなどを伺うことが多いですね。

また、数秘術では、「キロ」という方を忘れてはいけません。
この方はもともと、手相の占術師だったとお聞きしています。
しかし、数術に関してもとても長けていて、その判断が根強く残っているという話です。

この方の考えがベースにあると、9をほぼ使いません。
9は神の数字なので、使わないのだそうです。
名前の判断でも9を使用しませんし、運命数を導き出した場合、9にいたった人は女性なら-1.
男性なら+1とするそうです。

貴方が女性で普通に9として出たら、-1だから、8の数秘に関わっているのだと判断するのだそうです。

本当に世界は広いですね。
こうして、かすかに残っている書籍などから、色んなことを学ぶことが出来ます。
ありがたいことです。

以前、表記していたものですが、すこしお休みをいただいてました、商品カートを再開しました。

トゥリニセッテ 魔法使いの街

こちらですね。
こちらの方には、作成させていただき、主を待っているブレスやネックレスなどがお待ちしております。

知識的な側面でのダウンロード販売に関しましては、課金制のブログがございます。
今、順調に内容を書きしたためております。

アバンダンス・ビート♪

こちらですね。



合わせご活用いただけるとうれしいです。

さて、魔法使いの街にはですね、今回、3点のブレスを表記しました。
2・3日うちにもうすこし、増える予定ですが、カートが見られないとおっしゃる方のために、ここにも少し、
載せておきますね。

1点目は、魔除け・邪気除けのブレスです。
黒金サンゴを使用し、仕事・金運・対人関係もUPできるように3種のタイガーアイを使用しています。


b586bd60.jpg


黒金サンゴは、強い魔除け効果を持つとされているものですね。お値段は送料込・7500円。

2点目は象牙を使用しました、愛情と母性のブレスです。



62b0e277.jpg


中央の白いのが象牙ですね。
入手が難しいものですが、かなり以前に購入したものの残があったので、思い切って出してみました。

両隣りは翡翠です。翡翠もこの位の色の濃いのがなかなか手に入らないのが現状かもしれません。

そして、精神にこのブレスが無くなってもそのエネルギーが定着するようにと、アメジストを使用しています。お値段は送料込、9500円です。

3点目はゴージャス金運ブレスです。


6b6dffe0.jpg


中央の茶色いのはキャッツアイ・タイチンルチルです。
やはり、ラインのそろったかなり良い石を使用しています。そして、ただ単に金運という事ではなく、
ミルキー・ルチルクォーツを使用することで、豊かさと、女性には魅力あるボディライン、男性には永遠性の筋肉、生命の長さなどを意味する、北欧「美と長寿の女神」のイドゥンのエネルギーを加えています。

ルチルクォーツと、カットクリスタルも使用しております。
カットクリスタルは、精神のDNAに作用し、こだわりやこじれ、思いこみ、幼いころに受けてしまった心の傷などを修復するといわれています。お値段は送料込・1万5千円です。

4点目・・まだ、UPしておりませんが、アメトリン使用の豊かさのブレスです。


e72b1eec.jpg


中央のうっすら紫にも見えるのがアメトリン10ミリです。
アメジストとシトリンが混在している石ですね。アバンダンティアという豊かさの女神様がとても大切にしている、つながりの強い石とされています。

シトリンとホワイトガーデン(ファントムの入っているものもあります)シルバールチル・ルチルクォーツを使用しています。

単独ですと送料込・9000円。ここに、アバンダンティア・アバンダンス・レイのアチューンメントを同封し、伝授させていただきますと、合わせた金額が送料込・1万2千円です。テキストが同封されます。
アバンダンスのアメトリン使用のアチューンメントは、元が8000円ですので、お得な価格となっています。

アバンダンスは豊かさとつながるというアチューンメントですね。

カートからお申込みいただいてもよいですし、メッセージや右のメールフォームからお申込みいただいても大丈夫です。

すべて1点物となりますので、お早めに。



こんにちは、なんだかすっかり冬に戻ったかのように、うすら寒いですね。
こんな状況ですと、風邪ひいてしまう可能性が高まるような気がします。

さて、よく占いに来られるかたに、「頑張る」という応援をする方がいます。
これに関して使うかどうかは、その占い師にもよりますが、あまり「頑張ってね」と、私は言わないようにしています。

むしろ、よく使ってしまうのは、「無理しちゃだめだよ」ってことかなぁ・・

というのも、頑張って頑張って。頑張りすぎて折れちゃったんですから、それ以上、頑張りましょうというのが、
重たいような気がしておりまして。

むろん、ここ一番という時には、「頑張って!」という応援はしまけどね。

この「頑張る」という言葉ですが、辞書を開いてみますと・・・・

(が)に張る」または「眼(がん)張る」の転という。「頑張る」は当て字

と、言うように書かれています。

やはり、我を張るという事が最初のようですね。
そして、眼を見張る・・という印象を思わせる「眼張る」

確かに、頑張るの、頑の元は人間の首を示しています。
人体の中で一番重いとされている頭を支える個所ですね。ゆえに元には強いという意味もあるのだそうです。
我を張るというのを、人体で示したところから、この漢字にあてられたのでしょうか。

張るという文字は、弓を張る時の緊張感などを示すとされ、はる・はりひろげるといった意味もあるそうです。

そして、「る」は宿り生かす言魂です。

我を緊張しながら、しっかり張り広げ、それを宿り生かす文字で納めていますよね。
ということは、無理をしてもそれは生かされないのかもしれません。

積み重ねて、そして緊張感、礼儀を持ってそれを生かしてゆく、自分がつかれてしまって、もう無理だと思っているときは、むしろ、頑張らないで1歩下がって様子を見る。

これは、より頑張ってゆくための方法なのではないか・・なんてことも考えてみたりしています。

さて、私は私のできる範囲で「頑張」りましょう。

今の時代はとてもたくさんのタロットがありますね。
これも、印刷技術がとても豊かになったからだといって良いでしょう。

私も、多くのタロットを使用し、新しいものがでるとついつい、購入してしまいます。
「タロット沼」とかいいますね。ええ、はまったたら、抜けられそうにありません(笑

タロットのお教室をしていると、生徒さんはたくさん、自分の気にいったカードをお持ちになってきますので、見ていて、
少し至福の時間が出てしまいます。

さて、これ程のタロットが普及してきて、学べる場所も多くなると、いかに正確にカードと関係を持つか、とか、
正確に意図、意識を読むにはという事が生じてきます。

と言うのも、中々、今の時代はタロットで何年も弟子となるといったことがありませんので。

昔の言い方で「ジプシー」今では、「ロマ」と言うのでしょうか。
彼ら彼女等の中での占い師とは、日本で言えば、その村にいた呪い師のような存在で、神様に信託を行う巫女でもあったとされます。

師のもとに存在し、何十年も神託を学び、一人で旅をし、腕を上げ、村に帰ってきて後を継ぐと言う事があります。

弟子になったものは最初、真っ白な78枚のカードを貰うそうです。
そして、修行に入る前に学んで置いた事で、タロットカードを描き、それが一生のパートナーになります。

そこまでのパートナーなら、確かに正確にものを読む事は出来たのではないかと思うんですね。
だって、たった一つのパートナーですから。

そして、タロットの主軸になる22枚のカードには、そのものだけが知る、名前があるとされています。

マジシャンの・・・とか、フールの・・・とかですね。

タロットのパスワーキングを行って、カードとのコネクトをとり、名前を知るのだそうです。
マーヤもまだ若い頃にこれを行いました。

22枚のカードたちの名前も持っています。

これを知ると、タロットカードを使用した、とある魔術が出来ます。
カードは西洋ですが、西洋でも東洋でもない魔術です。

少し、縁があって、この事をお一人の方に行ったのですが、よりよいタロットの読み方が出来ています。

知識的なもの、直感的なものを育てるのは確かに大切なのですが、タロット自体とのしっかりしたコネクト、信頼感が、こうした物事を動かしてゆくのでしょう。

このページのトップヘ