薔薇と魔法と言魂と~トゥリニセッテ

占い師・マーヤラジャが贈る、不思議と心・自由のブログ

2010年06月

いやぁ・・・・実際にはあまり気にしていないと言いましょうか、考えていない出来事だったんですよね。

「年齢」

今年、46になりました。。。。ええ、もう、暴露してもどってことないでしょう(笑

仕事をしっかりこなしてゆくには、いろんなサイト様を拝見させていただくこともあります。
ええ、自分のマイナス面を解消してゆくためにも、人さまの行動は本当にためになり、学びになると
心をしっかりもって、拝見させていただくんですね。

ふと、いろいろな鑑定システムや、雇用条件を見せていただいてふと気がついたことがあります。

年齢・・・

いやぁ・・・こうしたPC時代ですからあたりまえといえば当たり前なんですが、45までというのが、ちらほら見えてきました。

1こ・・抜けてますね・・ええ、そんなことで受付を拒否されるということはないと思うんですね。
一応のラインといいましょうか、表記の問題なのだと思いますが、そっかぁ・・・

街中でコンビニのバイトや、就職で年齢が・・というのは、以前から気が付いていましたが、そう言われてみれば
パソコンなどはどうしても高齢になると難しいのかもしれませんよね。

占い師、年齢の関係ない職業とは言いますが、考えてみればこれも、社会の流れ・・年齢で引っ掛かってくるなんてことは、多くなってくるのかも知れません。

今日の刺激的な出来事でした・・いやぁ・・・・私っていい加減年なんですねっ(爆笑

 今日は突然の雨で、傘はあったものの、傘が意味をなさないような状態でした^^;
そのせいで、少々濡れ気味の後、電車に乗ったらクーラーの効いていること・・

鳥肌が立つくらい冷え冷えになってしまいました・その後、どうにもふらふらと・・

お友達さんのブログに「タロット・ヒーリング」のお話があったので、「あ・・その手があったか」と。
霊気もしますし、薔薇の花を使用したヒーリング系もするのですが、自分で自分を行うのって、下手なんですよね。(てへへっ

KA-SYSTEMというヒーリングは、設定をしていくときちんと動くのもあるので、これがいいかと思ったんですね。
なんですが、ふと、タロット使ってもいいんじゃないかなぁ・・と、大アルカナのみをとりだして、誰が対応してくれますか?と・・・テンペレンス・・・

あ~バランスかぁ・・なるほどね。
で、どこに対応しますか?で、ポイントを探してみて、そこにヒーリング設定・・実際にカードを使用するんですよ。この方法。

さっきよりはず~~っと、鼻水がましなような気がします(笑

タロットのパスワーキングもしますが、タロットを使用した魔法も使います。
西洋魔術や東洋魔術よりも、楽なんです・・・まあ、元がタロット使いだからかもしれませんが。

風邪には、グミ・ベアカードがいいかもしれません・・ええ、あの熊のぬくぬく感が・半端ない(笑

ご興味ある方はお問い合わせを^^

2a421e04.jpg

晩御飯の仕入れに長女と外。

で、あまりの暑さに、スタバ。


アイス・チャイティーラテ。

うまし。

というものを、誘導させていただいています。

誘導方法としてはイメージングと、カードとの対話、そして無事に帰ってくることをメインとして、
リラクゼーションから、一緒に旅をするということをさせていただいています。

誘導者になって善かったなぁと思うことは、瞑想にご一緒させていただいて、イメージングを共有できるということでしょうか。

先だってのクライアントさんとのセッションも、マジシャンがどうにも「ハリボテ」風だったのが印象的で、
今ゆっくりコースで誘導さえていただいている方は、カードがカードなので、楽しい・・というか、うるさいというか・・なんというか(´vωv`*)。o0○ ポワン

こうして、さまざまな角度からカードとの接点にご一緒させていただくというのが、楽しく、嬉しい出来事です。

しかし、イメージングができない方、あるいは、こうした誘導瞑想などが怖いと感じる方も
少なくないようです。

そこで、今、新しく仕立てているのが、子供心とタロットのパスワーキング法。

この方法ですと、みんなで楽しく行い、それこそ、お茶を飲みながら行ってゆけるので、「怖くないよ」と、
実践ができます。

お茶代と材料費程度で行えるので、安価ですしね。(といっても、マーヤのパスワーキングは、1枚2000円で行うのですが。。。。)

支度をして、第一回を早めに行いたいなぁと思っております。

タロットのパスワーキングだけではなく、惑星のパスも行うことがあります。
まあ、これはどうしてもというイレギュラーですが。

パスワーキングはもちろん、その方の自由でやるもやらないも決めていいのですが、できれば経験を
しておくと、カードとの関係性が違ってきます。

マーヤの場合は、パスを通った後、コードがつながっていますので、名前を聞きにいっておいてね~なんてことを、しています。

その人と、タロットの間には鍵になっている名前が存在します。
ええ・・マーヤも22の住人の名前を持っています。

おかげで、タロットを使用した魔術もできますし、困った時のメッセンジャーにもなってもらっています。

ただ、気をつけてほしいなぁと思うのは、最初に行うときは誘導者をぜひ設けてほしいことでしょうか。
後はトートでのパスはお勧めしませんし、マーヤはこのカードだけは誘導しません。
真面目に壊れてしまった人を見たことがあるので、怖いのですよ。(トートタロット自体は使いますけどね)

気をつけながら、神秘のコードを持つのは、大切なことなのかも知れません。


このページのトップヘ