薔薇と魔法と言魂と~トゥリニセッテ

占い師・マーヤラジャが贈る、不思議と心・自由のブログ

2012年06月

ご来訪感謝です('ω' 三 'ω')

長女が七月に出させていただく野外ライブがありましてね。
浴衣祭りなんだそうで、浴衣を見にきました。

ええ、ない訳じゃないんすが、歌う曲想と大きく違うのはねぇ。

で、帰りがけに甘味処。

c70d313f.jpg



娘と私の違いは、あんみつ。
娘のは普通にあんみつ。
私のはコーヒーあんみつ。

甘いんだか苦いんだか。




iPhoneからの投稿

ご来訪感謝です。(ΦωΦ)+

命根石・・って、ご存知ですか?
水入り瑪瑙の事なんですけれどね、これで、霊視をする・・んですよ。

「瑪瑙で、霊視???」

ですよね。
あんな不透明で、ことすれば渦巻きみたいな模様があるし、あれでどうやってみるの?
そんな気持ちになるのもよくわかるところです。

ですが・・・・これが、案外すごいんですねぇ。

人それぞれって感はありますが、水晶を使って霊視するってのは、善く聞くと思います。
その水晶の波動で伺ったり、水晶球の中に情景を見たりなど、様々な方法があります。

私の場合、昔、「笑っていいとも」に出演していた時は、水晶球を使用していました。
当時の私のあのパフォーマンスを見ていた人は、あれをするから見れるんだとか、どういう仕組みなのかと
聞かれることもあったんですが、あのスタイル・パフォーマンスは会社の上司のアドヴァイスです。

普通に水晶を覗いて見えています(=゚Д゚=)ノ

野球ボールより少々大きめの水晶を持っている時はその中にクライアントさんをうつして、画像を見るようなイメージで見てゆきますが、ちいさめの水晶の場合、その方の後ろやその方を小さな水晶に写し、
虫めがねで何かを覗くように見ることもあります。

まあ、これも個人的スタイルで、他の方がどう見ていらっしゃるのかとは別物です。

さて、この水晶を使った霊視と似て非なるのが命根石です。

命の根っこの石・・・・
霊視もそうですが、チャネリングや、浄化・浄霊など様々な形で力を貸してくれるんですね。

私が使っているのはいくつかありますが、代表的なのが・・こちら。



45da54d7.jpg


箱入り娘・・いや、息子だな・・この子。

イリジゥムメノウとかとも言うのかな。
自分を安定させてくれたり、変化のための力を貸してくれるともされています。
遠い昔の水を内包した石です。

このこも、透き通った個所を揺らすと、水が揺れているのが分かる子です。

石の研磨状態によって、蒸発しちゃうってこともあるんですが、とても神秘的な石の1つと言っていいかと思います。
この石を使っての瞑想は、太古の昔にアクセスできますし、かなりのすぐれものちゃんです。
問題は、この文様・・・・苦手な人も少なくないんじゃないかなぁ^^;;;;



゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆*☆*:;;;:*☆*:;;;:*゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚

☆鑑定ご予約状況はこちら

☆東京・代々木駅から徒歩5分・セッションルームへのアクセス
☆お申し込み・お問い合わせカート「トゥリニセッテ・魔法使いの街」
☆メールマガジンの購読はこちら
☆カートが使えない方はこちらから・・・☆PCの方☆ ★携帯の方★

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆*☆*:;;;:*☆*:;;;:*゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚


ペタしてね



ご来訪感謝です。(ΦωΦ)+

さて、氷川神社でスサノオ様にご挨拶がすんだので、またもや歩きます・・
私の神社参拝は、とにかく歩かされます。

で・・たどり着いたのが「金王八幡宮」

御際神は「応神天皇」です。(品陀和気命・・ほんだわけのみこと)

ここの御社殿は渋谷区の指定有形文化財になっております。

こちらもまずはご挨拶、そして社務所で御朱印貰って、お写真を頂けるかをお願いしました。


5a1c8c98.jpg


正門です・・赤い塗りが美しいですね。


36700993.jpg


茅の輪です・・・1ヶ月くらい前から設置しますので、綺麗な乾き具合です(笑)

そして、すっごく喜ばれたのかな・・


321242a3.jpg


d6ac1635.jpg


二枚のお写真は光に包まれていて、2枚目のは紫の光と、赤の光でチャーンと中をうつさないように
写ってくださいました。

私個人はね、お参りしている最中に、中にある御神鏡も拝顔しましたし、一瞬、後ろの男性が写って
ビビったけどね・・(笑)


d9ead95f.jpg


こちらは御隣にある、お稲荷様です豊栄稲荷神社で、宇迦之御魂神様がおいでです。


98a3b079.jpg


鳥居~~~~

そしてこの後、買い物三昧の旅に出る私がありましたとさ・・


ペタしてね

ご来訪感謝です。(ΦωΦ)+

今日は、名古屋入りをしてから初めてのお休みでございました。
だったら、寝てろよ・・って気がせんでもないのですが、今月末・30日って夏越大祓じゃないですか。

珍しく旦那さんが「行ってみたいんだよね」とおっしゃるのと、子供たちが忙しいのでゆけませんので、人型を
頂きに行ったわけです。

この夏越大祓、スサノオ様に由来しているんですよ。

その昔、武塔神、スサノオの尊とが南海の方にお出になるときに、あるところでお泊りになる際、土民の蘇民将来と巨旦将来という強大に宿を求めたそうです。
その時に、弟、巨旦将来は裕福な身でありながら宿を拒み、兄の蘇民将来は貧しい身でありながらも受け入れ、栗柄をもって座を設け、栗飯をお出しして、座を設けたそうです。
その後、、尊は再び蘇民将来の元に出向き、もし、悪疫が流行したら「ちがや」をもって輪を創りl腰に下げなさい、免れますよ・・と、教えたそうです。

これが、茅の輪の始まりだったそうです。

で・・・旦那さんもゆきたいと言う事でしたので、夜間の仕事からも午前中・・
土曜日と言えど御休みではないので、寝ないで式に混ざる(夕方の4時からです)のは無理・・

(o-`ω´-)ンー

と考えて、近い場所で、大祓を行ってくださっているところを検索。
すると、渋谷区に「金王八幡宮」があるじゃないですか・・・・

さっそく本日、人型をお分けいただくとともに御出掛ですっ!!!!(`・ω・´)キリッ

まずは、行き崖にいつもご縁を頂いている、氷川神社へっ・・・・



f1dc1d87.jpg


氷川神社の表鳥居です・

もう、古くてですね・・・・御名前が見えないんです・・これ・・・・


a5e9493a.jpg


上までの階段ですが、何処の大学生さん方でしょうか、スケッチの授業だったんでしょうね・・
すごく人が多かったのですよ。(笑)


0a61c367.jpg



a6c6c9d6.jpg


阿吽の獅子様も御出迎え・・・

さて、登りまして、本殿へ・・
奄海るか先生のブログにも書いてありますが、本来本殿は撮影はしない方がいいのです。
神様も、写るのが御好きでない場合・・すごく多いのですよ。

私の場合、まず、何よりも神様のおわす御本殿へとお参りに行きます。
そこで、「お写真賜りたいのですが・・」と御話をさせていただき、次に社務所へ・・

あ・・無論この時も、ただお参りして自分の願いを伝えるのではなく、挨拶とご奉納のための祝詞を
心の中ですがしっかり読み上げさせていただきますよ。

で、社務所で御朱印を頂き、神主様に「御本殿の外観の御写真を頂いてもよろしいでしょうか」と、お願いを申しあげます。

でね、社務所の方に許可貰っても、神様がOK出すとは限らないの・・

いいよ・・って神様がおっしゃっていただけるときは、空気がきーーーんって、鋭くなって、お写真も
ちゃんと綺麗に撮らせてくださいます。


14f795dd.jpg


ちゃーんと、中が写らないようにお写しするのも大事です。
で、なぜ挨拶するかって言うと、自分で考えてみてね・・
見ず知らずの人が、自分の家を写メでパチパチとってたら、どう思います?

いやでしょ?

神様だっていやなのよ・・・

上記の写真・・・2枚目なのね。
最初に撮ったのもすごくきれいには撮れたんだけど、載せられるの嫌だったんでしょうね。
パソコンに取り込んだら・・真っ白になっちゃった^^;;;;

その写真は、とある方に送るために撮ったんです。
だから、載せるなってことだったんだろうね・・・

で・・もう1つ御写真撮るときはカメラマンのようなご職業出ない限り、膝をついて撮るのが礼儀。
御上の方を撮るのですから、一般の場合、膝をついて礼儀を持った方がよいのです。

そして、2に続きます。


ペタしてね

ご来訪感謝です。(ΦωΦ)+

先だって行ったお教室に来てくださっている生徒さんが差し入れをしてくださいました。
もう、毎回毎回だと、お講座以上のお財布が泣くよっ(笑)

でも、ありがとうございます。



2726a80e.jpg


中身は、味の違う御煎餅が6~7種入っています。

うまっ!!!!!Σ(・ω・ノ)ノ!w

最近、御煎餅など食べてなかったってのもありますが、うまうまっ(`・ω・´)キリッ

美味しく頂いております。

ありがとーーーーー



ペタしてね

このページのトップヘ