薔薇と魔法と言魂と~トゥリニセッテ

占い師・マーヤラジャが贈る、不思議と心・自由のブログ

2012年07月

ご来訪感謝です。(ΦωΦ)+

さて、最近・・ってことでもないのですが、「初心者にはウェイト版」「タロットを始めるなら初心者用ウェイトカード」と、ウェイトタロットが推奨されてますよね・・・

まあ、お勧めですっ!!ってのは確かに、分かりやすい絵柄ですし、それはいいんじゃないかと思うんですよ。
なんですけどね。。。。
けどね・・・・・



cf4f8526.jpg


こう言うカードですね。

たしかに、小アルカナと言われているカードも絵札ですから読みやすいのですが・・・・・

ウェイト博士・・初心者用にって作ったんじゃないんだよね・・
むしろ、アレイスターの作ったトートの方が最初から「魔術目的だかんねっ(`・ω・´)キリッ」って作ってあって、象徴的で目を回しそうになるし、理解するのに時間掛かるからってんで・・・


「読みにくっ!!!」

ってなったのは、確かだと思うんです・・・
もともと、と言いますか、マルセイユ版だって、小アルカナスートだから読みにくいって感じる人も多かったと思いますし・・・

そこにいくと、ウェイト版は「絵札にしたら読みやすいんじゃね?」的に見えるので、「初心者向け(ΦωΦ)+」って思った人が少なくないのだとも思うんですよ。

だけどね、アーサー・エドワード・ウェイト博士・・博士って呼ばれることが多くて、案外真面目な研究者でもあったそうです。
カードの絵柄はパメラ・コールマン・スミスさんに描いてもらって、創ったそうですが、アレイスターがチャネリング・降霊の出来る絵描きに絵を書かせたのと同じように、秘密結社にも属していたため、配置・図形・意味・秘密結社としての奥義など半端ないくらい詰め込んだといわれているんですよね・・

初心者向けに作ったんであれば、そんな難解な事しませんよねぇ?

ゴールデンドーン・・黄金の夜明け団と呼ばれる秘密結社の内部文書「Tの書」を元にして創ったとされていますから、それは難解な作りだったと言ってもいいと思うのですよ。

一説では、あまりにも沢山の情報を詰め込んでしまって、これを読み説かれたら、秘密結社が危ないって言う事で、導師たちに怒られて、こりゃまずいってんで、「リバース(逆位置)を加えて、意味を増加し、読みにくくしたと言うことも言われていますし、元々タロットは「アップライトのみで、悪い意味も既にカードとして入っているから、リバースを取る必要はない」とされていたとも言われますし・・・

ウェイト博士は「私の研究の成果としてタロッット作りたいっ!」って思っただけのように考えられるんですね。

確かに、ウェイト・マルセイユ・トートが三大主流と言われるタロットの世界ですが、ウェイト版はそこに入っている伝承的意味合いとか、学識的な考えとかを除いたら読めませんし、マルセイユは生活や伝統などを除いたらやはり読めませんし、トートも魔術的な理解をしないと読めないと思うんですよね。

トートなんか逆さまのセフィロトと悪魔の配置を理解しないと、エネルギー通らないっていうし・・

初心者だから「ウェイト」っていうのではなく、沢山のカードを見て、障って、自分の魂と相性のいいカードを選んで欲しいものです。

ウェイト・・しっかり見ていくと秘密結社の魔術的な要素も入ってて、難しいんですよ。
解くのは面白いけどね^^

ご来訪感謝です。(ΦωΦ)+

このところ、更新が滞り気味なのですが、何をしているかと言えば、「言魂数命術」の総仕上げをしております。
データー的な側面では、かなりまとまっているので、後は症例をいささか以上に集めていくと言う事。

癒しフェアで「言魂タロット」と、「言魂数命術」をモニター価格でお披露目させていただく予定です。
御予約制になっておりますが、あと1席、お席が残っております。(=゚Д゚=)ノ

8月4日癒しフェア

さて、この「言魂数命術」とある場所でプチモニターさんをお願いして、仕上げに入っていたんですね。
むろん、あんまり嬉しい話ではありませんが、逝ってしまった親父のデーターなども活用していますし、
障害を持って生まれた弟のものも調べています。

この中にですね「降魂」という調べ方があって、受胎日・・ではなく、その魂がいつその母の身体に降りてきたのか・・と言う面です。

いやぁ・・・・自分でも半端なくおもしろかったです(をい

まず、私と旦那さんなのですが、旦那さんの方が1つ年下なんですね。。。。
で・・ある方式から、この「降魂日」を探っていくのですが、私と旦那様・・・生まれてきた時のテーマが一緒!!!でしたΣ(・ω・ノ)ノ!w

日常、基本的な意見は合わない方なのですが、だからこそ・・っていうテーマがありました。
さらに、とある期間を見つける方法があるんですが、旦那さん・・私が生まれた翌日に「降魂」しています。

これね、一定の幅があるんだけど、この期間が人とのご縁の深さなども出してくれます・・
この場合は、たまたま私が生まれた・・じゃ、俺もその近くに会える場所に生まれるとするか・・的なのりなんですかね・・

実際、旦那さんと私はニアミス的な出会いをしておりまして、正式に出会う前に、育った場所、私が一番気に入っていた植木置き場・・の、植木屋さんで若い頃にバイトしていたそうですΣ(・ω・ノ)ノ!w

つまり、へたすりゃ子供の時にもあってたと言うくらい、案外近い場所で育ってたんですね・・二人とも。

ただ、旦那さんは今の家に引っ越したのは3歳くらいとか聞いた覚えが・・私はその当時の家には、小学3年生で引っ越しをしています。



1fdb8359.jpg



で・・こう言う占いのデーターは1つ2つではいけません。
沢山の症例を伺わせていただき、研究すること、勉強することは一生ついて回ります。

よく、「占い師ってお金かからないし、覚えたら後勉強しなくていいよね・・」的な事を言われることがあるんですが・・全くそんな事は御座いません・・
私なんかの場合、古書を調べるのでより、かかるし・・・本ないし(;∀;)

で・・・友人知人に、この「降魂」を調べさせていただきました・・・・・
私と同じく「これって、生まれ持ったテーマ・・一緒!!」って人もありました「これを運命と言わずしてどうしましょう」ってのもあったし、「親子なのに宿命とか言えちゃうよね・・これ」ってのもあったんです。
この方の場合、お子様がお母様の誕生に近しい場所に「降魂」してました(`・ω・´)キリッ

お母様も、特殊でしたがお子様も特殊で・・大変学びになりましたd(・ω・*)☆スペシャルサンクス☆(*・ω・)b

で・・もう一つ・・・空亡・・・・

言うところの、四柱推命や九星気学の空亡とは違います。
まず、大事なのが生まれ空亡・・これ・・毎年来ます。ですが、その年の運気によって動きが変わります。

「ああ、この運気だと誕生日から変わってよくなるわよ」って言われたのに、誕生日がきたら、運気が下がった・・なんてこと、ありませんか?

これね、生まれ空亡が引っ掛かっているのよ・・
生まれ空亡とは、基本的に生まれた時から7日間・・実際には名をつけて、この名前にしますと、神様にお伝えするまでなので(ある時期から名前・・7日以内に役所に出しますよね、そこは名残があると聞いたことがあります)その間に、肉体と魂を名で結ぶとされるそうです。

なので本来、親がいつ神様に「我が子は@@と申します」って言ったかの差も出るんだけど、基本的にhが7の日を中心にするそうです。(キリスト教の7の創生日も関係するらしい・・)

この時期に、気をつけて動かないと、運気がよくなる年のはずなのに、落ちることがあります。
逆に、運気が落ちる年なのに、この時の動き方で大したことのない年になる、逆にいい年だったりなど・・するそうです。

で・・これも和占術のそれとは少し違っているのですが、大きな空亡があります。
親父・・運空亡(日・月・年・運と4つの流れによって空亡があるそうです。)計算方法がかなり時間掛かるので、運空亡が一番大きいと言う事で調べておりますと、親父様・・運空亡で亡くなっておりました・・おおう。

8月4日・・初お披露目です。
まだまだ、先の深い占術なので、頑張って勉強しないと・・・




゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆*☆*:;;;:*☆*:;;;:*゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚

☆鑑定ご予約状況はこちら

☆東京・代々木駅から徒歩5分・セッションルームへのアクセス
☆お申し込み・お問い合わせカート「トゥリニセッテ・魔法使いの街」
☆メールマガジンの購読はこちら
☆カートが使えない方はこちらから・・・☆PCの方☆ ★携帯の方★

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆*☆*:;;;:*☆*:;;;:*゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚

ペタしてね
 



ご来訪感謝です。(ΦωΦ)+

今日ですね、もう、笑うしかない出来事がありましてね・・
ええ・・一応、いい?意味で。

仕事が終わって、次の約束があったのでそれを済ませて、次女を呼びだして、
お買いもの予約の下見をしていたんですよ・・・

12年にもわたって使っていた「ガスコンロ」が、五徳が四徳になってとか、ま、かなりぼろくなりまして。
さらには、ガスはつくんだけど、落ち着いてくれない・・消えちゃう・・・
お掃除をしてもそのまま・・(´-ω-`)

寿命でしょうね・・

なので、次のガスコンロを知れないといけないのですが、何ぶん、我が家でいちばん料理が上手なのは
次女・・・
おしえたわけでもないのに、料理の味付けはかなりの腕前・・六白金星・・恐るべし。

さて、そんな中、買い物がすんで帰宅する途中、次女が始めたバイト先へも買い物の続きを・・・
コンビニなんですけどね・・

で、チーフに次女が挨拶、私も視線を合わせて挨拶を・・
その後、新しく入っていた店員に、次女を紹介すべく・・・・

チーフ「@@さん、こちらが夜勤の++さん」

次女「あ・・はじめまして、よろしくお願いします」

新人さん「ども、よろしくお願いします」

チーフ「++さん、こちら早朝勤してくださっている@@さん・・・・と・・そのお姉さん。」

      「お姉さん!!!!!」


マーヤ「母ですぅ^^;;;;;」

チーフ「え?あ・・・あらいやだ・・ごめんなさい^^;;;;;;」

こんなことが・・・次女いわく、チーフには、自分には姉がいて、専門学校に言っている旨を話してあるそうで・・・私、何処の専門学生でしょうか(自爆)


帰宅した長女にその話をしたところ・・・・


「専門学生っていよりも、専門学校の講師だよな・・年齢的に・・あるとしたら」

で・・思った1言・・・・

「まだいける!!!!!(なにが」

そんな夜でした(笑)
アーびっくりした^^;;;;




゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆*☆*:;;;:*☆*:;;;:*゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚

☆鑑定ご予約状況はこちら

☆東京・代々木駅から徒歩5分・セッションルームへのアクセス
☆お申し込み・お問い合わせカート「トゥリニセッテ・魔法使いの街」
☆メールマガジンの購読はこちら
☆カートが使えない方はこちらから・・・☆PCの方☆ ★携帯の方★

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆*☆*:;;;:*☆*:;;;:*゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚

ペタしてね
 



ご来訪感謝です。(ΦωΦ)+

以前より、少しずつご紹介しております、ダブルデッキ・・・・
正式名称としては、「タロット・ダブルデッキ法」という名前で、タロットカードの大アルカナを
2デッキ・・計44枚として1つのくくりを作り、使用していく方法です。

この方法は、オリジナルではなく「古いロマの伝承」から来ています。
とはいっても、占いを統治学んでいた者たちが、困難の上に立ち、師匠を失い、それでも師匠の意思・意図を
引き継いでいく時に生まれた占術法です。

私が平均使っているのは「トート・タロット」のダブルデッキです。
(最近、言魂タロットの研究もしててちょっと疎遠だけども^^;)

今・・2枚ひいたらチャリオットとデビル・・使ってくれねぇジャンよ・・ちっ・・という・・イメージ・・てへっ。


922ebf82.jpg


ダブルデッキ展開法をすると、こうなります。
22枚の同じ物を2デッキ合わせた方法なんですね。

その昔、ロマの中に魔法使いはありました。
様々な伝承や、薬草学、精霊学を弟子をとりおしえていくのですが、旅をしながら生活を守る者として学んでいき、おしえていますので、何処で何が起こるかは分かりません。

中には、勃発した戦争なので命を落としてしまう事もあったそうですし、いくら薬草学を学んでいても、流行してしまった病気に勝てないこともあったでしょう。
また、歳行ってから弟子をとった場合、教え切れずに亡くなることもあったと言われています。

魔女狩りなどが行われていた時には、標的になってしまい、教え切れないなどもあったと聞いています。

そんな中、弟子たちがそれでも師匠の意図・意思を継ぐべく、学び、研究し、経験した中でこの手法は
生まれていると聞いています。
ただ残念なのは、2デッキを組み合わせるということから本道とは見てもらえず、あまり知られていない、文献が少ないということでしょうか。

いつも使っていた上記のトートなのですが、今は自宅勤務です。。。
んで、カバンの中にはアンストークのダブルデッキが入っています。


c5708ef7.jpg


アンストークはこんな感じの綺麗なゴシック調のカードです。(`・ω・´)キリッ

でね、このダブルデッキ法・・ダブルじゃないといけないのよ・・
トリプルとかクアドラプルとかじゃ駄目なんですよ・・

このダブルはね、東洋の考え方も含まれてて陰陽があるの。。
だから、カードにも陰陽があって、本来はそれを見定めるためのカードがあったんですよ・・・・

で・・読み方にもある程度の法則はちゃんとあって、特にこの時代もでもそうだと思うんだけど、恋の悩みが多かった・・
旅をすることが出来なくなったダブルデッキの技法を持った者は、酒場で占いをするときに
使用していたとも言われています。

あとね、本来のこのカードは自分で書く時代だったので、ちゃんと奥義もあるんです。
カードを2つ用意してなんとなく読む・・んじゃ駄目なんですって・・・

私が習ったのは、相変わらず変な今や亡き師匠ですが、面白かったなぁ。。。師匠が作ったデッキ^^;
絵心のない人でしたので、ピクトさんみたいだったし、墨絵だったし・・・

ダブルデッキは今その為の方式を詰め込んだカードを(相変わらずパウチだけども・・)作成中です。
しっかりした内容に整えて、書けているところを探して、お披露目したいと思います。

現在、ちゃーーんと読んで使って、おしえられる手前まで来ているのが、知れてる奄海先生と香先生。
年中つるんでいるわけでなないんだけどもねぇ・・・この子ら・・(`・ω・´)キリッ

北海道にも成長途上がいるし、原宿にもいるね・・
増えるといいなぁ・・


゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆*☆*:;;;:*☆*:;;;:*゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚

☆鑑定ご予約状況はこちら

☆東京・代々木駅から徒歩5分・セッションルームへのアクセス
☆お申し込み・お問い合わせカート「トゥリニセッテ・魔法使いの街」
☆メールマガジンの購読はこちら
☆カートが使えない方はこちらから・・・☆PCの方☆ ★携帯の方★

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆*☆*:;;;:*☆*:;;;:*゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚

ペタしてね
 



このページのトップヘ