薔薇と魔法と言魂と~トゥリニセッテ

占い師・マーヤラジャが贈る、不思議と心・自由のブログ

2020年09月

ご来訪感謝です。

様々な状況の変化もあり、ストップしておりましたブログ講座関係ですが、
お一人様を除き皆様私の状況が落ち着くのを待っていてくださり、感謝です。

明日より、再開をするべく準備をしておりますが、まず再開になりますのが女神と天使。
明々後日より再開をするのが、天然石とシジルとなります。

おかげさまで弟の身体の痛みは「頸椎狭窄症」であるだろうとわかり、様子を見ながら
唯一残され動くことの一番わかる左手の状態に合わせて、手術を検討する運びになりました。

次々といろんなことが起きてくるのが、ある種「歳を取る」ということなのだと思います。
むろん自分のこともあります。
ですが、歳を取った母と身体を動かすことのできなくなっていく弟。

アテトーゼ型脳性麻痺・・このことで、身体障碍・聴覚障碍・言語障碍などがあります。
また最近では、発達障碍も持ってしまうことがあるといわれているようです。
アテトーゼは意思とは関係なく体が動いてしまうことが多いようです。
弟の場合、三肢麻痺・・足は歩けたので軽度だったのかもしれません。

生まれた時の事を考えると寝たきりだったかもしれないので、母の努力が功をなしたといえるのではと思っています。

なかなか難しい問題です。
見てくださるお医者様も少ないので、大学病院必須・・・片道1時間半はかかります。

私自身も、先だっての「ホタテを食べたら歯が抜けた(笑)」も結果抜歯になり、現在安定するまで他の歯を治療することに・・・
で、本日9月30日・・・2か所歯の神経抜いてきました・・

大きなテコ入れです。
ブログ講座は、知識の場所です。
これを読んだから魔力が上がるとか、使役が出来るとか・・なんてことはありません。
ですが、知識があるのとないのとでは大きな差があります。
このお休みをさせていただいた中でも、日々情報をかき集めておりました。

お知らせするのが楽しみです。

どうぞ、よろしくご覧くださいませ。


現在の個人的活動がFacebookメインになっています。
ですが、大事なことはこちらに書いてゆきますので、どうぞご参照くださいね。






☆東京・JR高田馬場から徒歩5分・セッションルームへのアクセス


☆お申し込み・お問い合わせカート「トゥリニセッテ・魔法使いの街」 



 ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆**:;;;:**:;;;:*゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆☆* ゜゚** ゜゚*゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚


ランキング参加中!クリックどーぞ^0^

 



ご来訪感謝です。

歯医者の苦手なマーヤ氏、この後14時から神経抜きます・・(笑)

1度歯医者に通うと、あっちこっちにボロが出ていて、治しに入ります。
前回、ホタテ食べたら歯が抜けた・・ってノリで、治療開始・・
で、今回は神経を抜いて、以前から対処を考えていた場所にブリッジをかますことになりまして・・

当面歯医者が良いだなぁと・・

歯医者が終わったら、店にゆき作業再開です。
最近は記事も書けないまま、ひたすらに作成作業です。

細かいものなので油断できない・・のがしんどいところですね。
弟のことも一旦はまとまりがついたので、一息つけそうです。

さあ、次のステップへ。

ご来訪感謝です。

今、20代、30代の方はまだまだ親と言ってもとなっていらっしゃるのではないでしょうか。
ですが、40代50代であるなら、油断はいけません。

若くとも、親が突然介護介助の必要な時が来るとも限らないのは当然のことでしょう。
我が家には障碍のある弟がいます。

父が生きていた13年前までは、父と母がなんとかかんとか動いていてくれたものです。
13年前に父が他界し、母のみとなり、父が亡くなった途端家を出て戻ってきたときには「悪い友達」がおまけでついてきました。
その前にも、愚弟は馬鹿なことばっかりをしていたんですが、父が亡くなったあとに出てきたそれは、今まで以上に危険を孕んでいました。

その結果、私がメインで動くということになったものです。

弟の障碍の質を見ると、アテトーゼ型脳性麻痺、身体などはどのように障害があり、脳性麻痺であることから「発達障害」も
およそ同時進行・・・
この事では、長女が発達グレーゾーンですが「大人発達障碍」や「身体障碍」などに比べると「ちゃんとやっていける」ものです。
脳の形、要は癖のようなものですいので、若い時分に理解がなされれば改善の方法はいくらでもあります。

でも、日本はまだまだ「心療内科」などは「受け入れ難い」のかもしれません。
愚弟が、両親が生きていたときに「この方は鬱ですよ」と診断された時、激おこで医者を責めたらしいです。
「うちの子がそんなはずはない」

実に難しいですね・・・

image

親としては一生懸命育ててきました。
母においては父がアルコールで落ちていた時も決して諦める事なく。
障碍があるからと油断せず、身なりを整えることなどかなり厳しく育てています。

でも・・教育と性格はイコールにならない面もあります。
それを父なき今、補うのは私です。
母も歳をとります・・・中期高齢者。

そして昨日、母と伴って弟を大学病院に連れて行ってきました・・
コロナ禍になって半年強・・やっと行けたものです。
身体障碍だけではなく喘息もあり、油断はできなかったので予約を伸ばしに伸ばして今になったものです。

さて、その時の話・・
母が弟を介助介護するのは無理だと納得したものです。
いや、今までもそれを無理させないようにはしてきたのですが・・・

人混みに巻き込まれて判断が追いつかないのです。
もとより、人混みが嫌いな母でしたし幽霊など信じない人ですが、山神様の巫女の家に生まれてますからね。

弟のことも役所に届けをし、様々手続きをしてあります。
本来通院には、ヘルパーさんをお願いしていたのですが、あまりの酷さに解約し、今新しい場所を探しています。
この間に、母が入浴介助をし、私が通院介助をし(東京から行くので大変です(笑))動けなくなってきた弟は太り始め・・・
すると、ますます母では車椅子を押せない・・車椅子と合わせても75キロ以上はありますから・・

それを考えて、ジムに通っていたわけです。
半年の間にかなり筋肉ついたようで、昨日はさして重くも感じず・・・よしっ!ってなってました。

さあ、中期高齢者ですと受けられる設備などもまだ少ないものです。
しかし、その中でも何ができるのか・・どうしたら良いのか・・を考えておくべきです。
どんな親であっても、否応なく生まれた瞬間その親達が親権の持ち主です。
ということは、何かあったら自分にかかります。

「嫌いな親だもの、知らないわ」

とはいかないのが世の中です。
人間はどうしても「自分を中心に」考えます。
これは当たり前の思考ですね。

でも、一度なり、二度なりは立場を変えて想像してみることをお勧めしたいものです。
もし、相手が怒鳴っていたり威嚇してくる場合、(実はほとんどの場合)怯えている現象が起こります。
己を認めてもらえないことや、己の立ち位置を守りたくて怒鳴ったり怒ったりします。
また、泣くなどもそれに当たる何かがあるそうです。

脳に柔軟性を持ってください。
誰かに懐いて大事にしてもらっても、いつまでもは続きません。
自分の足で立って歩く。

この先の人生、時代にはとても大切なことです。




ご来訪感謝です。

ブログの更新がなかなかできないのですが、元気に品を作成し、準備などもしているところです。
どうにも、メインの書き込みがFacebookになりそうです。

ここは、重要なことをUPしてゆきますが、毎日更新は難しいかもしれません。
Facebookのファンブックも除去し、メインとなります。

Instagram・Twitterにもおります。

マーヤはどちらにもいますが、秋神屋として棉柘(わたつみ)もあります。
Facebookはないけどね・・
棉柘はイラストと筋トレメインの場所です。

あちらこちらで、「ここでやって」「あっちでもやって」とご希望をいただくこともあるのですが、
大切なのは続けること・・として、ご希望には添えないでおります。

Facebookは登録していなくても見られるものも多くあります。

どうぞ、ご活用くださいませ。



ご来訪感謝です。

奥歯を抜いた後の、痛みがリンパラインにある位で、他は元気です。

ただひたすらに事務所に篭って作成を続けている毎日です。

と、言う近況報告でした。


このページのトップヘ