ご来訪感謝です。

奄海るか先生からお宝が届いてテンション高いマーヤです、今日は。

古本と言うのは、時代とともに消えて行ってしまう物の一つです。
大切にしていても、復刻や再販などがなされると、どうしても少なくなりますね。

で、マーヤさん、今、六壬を学んでいるのですよ。

ああでもないこうでもなと古本屋で駄々こねておりました所、「先生のとこに行きたがっててん!」と
るかちゃんから…



ぬおおおお?でかい?
寄りによって近くにあった蟲師乗せてみる。

ガサゴソと開けてみる…



うひぃぃぃぃぃ!

和綴じ!
これはもう、家宝ですな(笑)


ありがとーーーーーー!