ご来訪感謝です。(b・ω・d)イェァ♪

この記事、基本は再録です。
少々加筆しましたので、改めてタロット考2としてUPしますね。


さて、私に場所でタロットを教えるに当たり、カードはなんでもいいですよ。
あくまでも私のところででは・・です。
が、ダブルデッキなどを行いたい場合が、ウェイトかマルセイユかトートの基本のものをご使用いただくのがこのましいです。

また最初に、それをどの文献であるいは、先生について学んだかを聞いております。
これによってすごく違ってくるんですよ。

まあ通常のタロット講座(72枚のね)の場合、好きなのでいいよといっているのにも意味が幾つかあります。

1つは、好みでないカードを使用しても入ってこないんですね。
どうせ、覚えるなら、好きなカード使ってワクワクしたいじゃない?

2つは、好きなカードを使うことで、読み取れる意味が違ってくるんです。

『え?ウェイト版は、どれをとってもウェイトなんじゃないの?」

よく聞かれます。Σd(・ω・´。)ок!!

こちらが基本のウェイトタロット

128_2_43


物事の始まり・起源、可能性、エネルギー、才能、チャンス、感覚、創造。

という、意味が基本にあります。
で・・・・・・・

gumber1


これ見てくださいませ・・ウェイト版ベースのグミベアタロットです。
ちょっとピンボケですが・・・・

どやっ!!!エッヘンっ!って感じしませんか?

魔術師のカードは、ウェイト版だと「参入者」というような意味合いもあります。
グミベアは、初心者的なイメージ、あります?

で・・さらに行くと・・・・

画像1


これはトートですね。
同じマジシャンでありながら、こちらは「マギ(長けた魔導士)が集まった姿なんだそうです。

すると、先のウエイトが参入者・・新人魔法使いとした場合、失敗したら、若いからねぇ程度で済みます。(実際は済まないんだけどね・・)ですが、後者のトートのマジシャンだと、失敗したらどえらい騒ぎになるわけです。

で・・面白いのがこれ・・・・

画像5


4つの世界観が一度に見られるという・・・・・

ウェイト・エジプシャン・マルセイユ・現在アート


これをよく見てくださいね。
皆同じマジシャンではありますが、どんな風に見えますか?
ウェイト版のマジシャンが新人魔法使いとするのであれば、隣のエジプシャンは儀式を司る魔導士。
エジプトでこの魔術師になるとした場合、参入者ではダメなんですね。

エジプトの参入儀式は命がけです。
とすると、それを超えたもの・・ですから、参入者ではなく儀式を終えた神官であるところです。
魔術的な神官ね。

で、右下のマルセイユ・・は、魔法使いではなく「手品師」なんです。
ゆえに、逆位置で出ると詐欺師などという言葉が出てきます。

で・・左下ね・・ネイティブ系のイメージがありますね。
すると魔術師というよりも、祈祷師・・・・

こんなことなんです。
それぞれの同じ系譜のカードでも描き手さんのイメージもあり、違ってきます。
5つ子といっても、それぞれ違うんですよ。

こんな感じね。

それゆえに、カードは自由でいいですよ・・と、お伝えしており、その選んだカードに合わせて、基盤と、そのカードの流れをお講座にしています。

それゆえに、テキストがないんですショボ━(´・ω・`)━ン

それと、ウェイトを購入された方はそれでOKとは思うんだけど、タロットの中に貼っている小さいミニ解説書。
これはウェイトのものです。(最近は、カードの名前の上にマルセイユ版とウェイト版って記載も入ってるけどね)

トートを買ったときに、解説書が英語で、日本語のついてるじゃない「ラッキー」とか、それだめだからね?


その3に続く(笑)




☆東京JR大塚駅から徒歩5分・セッションルームへのアクセス

☆お申し込み・お問い合わせカート「トゥリニセッテ・魔法使いの街」 


☆メールマガジンの購読はこちら



 ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆**:;;;:**:;;;:*゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆☆* ゜゚** ゜゚*゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚


ランキング参加中!クリックどーぞ^0^