ご来訪感謝です。

魔法の小瓶のお話です。
初めて、魔法の小瓶をご紹介したのは、もうどのくらい昔になりますか・・・・

元来、魔法の小瓶と呼ばれるものは、ぱっと見があまり可愛くはありません。
ハーブ・天然石・木の実・・・こうしたものを、油(マジカルオイルの場合もあります)で、封じて、溶かしてゆくので、
正直ぱっと見は「きちゃない」んですわ。

22bbcfe9-s
 
 これは「Cusi-Sami」という、ケチュア語で「栄光・幸福」を意味するお品ですが・・

これの中身がどんどん溶けて、溶けきっていくと願いが叶う・・もちろん、その合間にも幸運が訪れるとされている、 ペルーの魔法の小瓶です。

a0ad51a3-s
 
こんな風に、どんどん黒くなっていくわけです。

こうした魔術系の小瓶は、白も黒もありません。
幸運・栄光って書いてあると、いいことのように思われ、白いように感じられますが、その人がどう動くかで、白にも黒にもなります。
その人の幸運や栄光が、人を足蹴にしてでもってなったら、まあ、黒いよね。(笑)

ですが、こういった小瓶・・やっぱりきれいな方がみてて「うふふふ」ってなるよね?

2015-07-25-15-33-15
 
なので、多くの文献を調べての結果、このような品ができたわけです。

この小瓶たちですが、触るの忘れてたりしませんか?
願いの再確認はしてますか?
あまりに細かい設定しすぎて、がんじがらめになっていませんか?

ということです。
小瓶たちは品にもよりますが、魔法符や何らかのエネルギーを封じています。
そのエネルギーは、持ち主の思いのたけから出来上がっています。
触ることで、雫1滴ほどのエネルギーを小瓶たちは得てゆきます。
それが、まあ小瓶のご飯かな。

願いが変わってしまうと、小瓶は対応できません。
最初にかけた願いと変わっていたりはしませんか?
これは、魔法の鏡も同じです。
好きな人と縁をつないでおきたい。と、好きな人を我が物に・・・。は、全く持って別です。

ある程度の設定は、小瓶が動くために地図のようなもの、指令書のようなものになりますから、OKなんですが、
その事ばかりを考えすぎて、詳細すぎて、対応できなくなる場合もあります。

私がよくお品物を送り時や、ブログに書く「楽しむこと」は、最大の魔法です。
ワクワクドキドキ、うれしいと思う。そのために小瓶というお手伝い人がいる・・・楽しいって思える。
この力がとても大切。

しばらく小瓶を触ってなかった人。
願いの再確認をしていなかった人。

どうぞ、小瓶と遊んでやってくださいね。






☆東京JR大塚駅から徒歩5分・セッションルームへのアクセス


☆お申し込み・お問い合わせカート「トゥリニセッテ・魔法使いの街」 

☆メールマガジンの購読はこちら

 ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆**:;;;:**:;;;:*゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆☆* ゜゚** ゜゚*゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚

ランキング参加中!クリックどーぞ^0^