ご来訪感謝です。

西洋魔術の中には、4大精霊が現れます。
基本的に、西洋だと4の数、東洋だと5の数が関係してくるかなと。

天使を呼び出すにも、4つの方位はありますし、そこには「火・風・土・水」がそっています。
先日、「土」というコメント的な記事をUPしましたが、どの世界観の魔法でも地球の基礎的なエネルギーとつながっていく必要がありますね。

この要素と繋がる為には「門」を視覚化するのが早い時もあります。
門を設定しないといけないというのはありますが…


これは東洋的な門(笑)

初期段階はシールドがある程度です。
各門は、黒・赤・黄・青。

準備も要りますから、細かくはかけませんが、この門という考え方は扉にも通じ、タロット使役の78の扉とか、
龍王扉湖法の8の扉などにもつながります。

管理者がいなければ、まるで迷路のような扉がたくさんある空間ですが、門番を持ったりやり方を覚えてしまえば、
どこにでもエネルギーをつなぐことができる、エネルギー的などこでもドアです。

もちろん、その中には繋いではいけない門もありますけれどね。
だからこその、門番です。

天魔導球もその一つですね。
ここには本来繋いではいけないもんが入っています。といっても、天魔導球ではなく、現空球の方ですが。
このつなぎは許可がないとできないんです。

魔法の世界はまだまだ奥が深いと言っていいのかもしれません。