ご来訪感謝。

魔法を使いたい・・・
思えば、太古の昔より意思思考のある者が願ってやまない1つの奇跡。

それなら、その願いを書く・描くそのペンは、「特殊であり、特別でなければならない」

特殊であり特別なペンといえば、「手に入るはずがない」と思いがちだが、
特殊なペンは確かに手に入りにくい・・・

魔導師が作り練り上げたものであったり、古代から伝わるものは、難しいといえば難しい。

a1370_000165

しかし、「特別なペン」は十二分に可能である。

貴方にも覚えがないだろうか・・・
学生時代、そのペンでテストを受けるとなぜか点数がよかったり、
アイディアが進むようなもの・・・

魔導師が作り上げたペンにはさすがに及ばないかもしれないが、貴方がそれを「決める」ことで、
貴方にとって「特別なペン」は出来上がる。

もちろん、出来ることなら特別にするための式を唱えるほうがいいけれど・・・
「お前はそうなのだ」と、決めてやることで下準備はできる。

そして、特別なペンを作成したら、それはそれ専用にし、他と併用して使わないこと。
西洋と東洋も分けることが重要。

魔法使いはこうして多くの「特殊で特別なもの」を作り、使うため、その部屋はまるで宝箱のようになっている。





☆東京・JR高田馬場から徒歩5分・セッションルームへのアクセス


☆お申し込み・お問い合わせカート「トゥリニセッテ・魔法使いの街」 


☆メールマガジンの購読はこちら



 ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆**:;;;:**:;;;:*゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆☆* ゜゚** ゜゚*゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚


ランキング参加中!クリックどーぞ^0^