ご来訪感謝です。

中々、書きたい記事はたくさんあるのですが、追いつかなくて・・時間的に。
なので、長文ではなく、単発で「こういうのもあるんだね」というのを書いていこうかと思っております。

【呪詛】

人や霊が物質的な方法を持たずして、相手あるいは社会に対して災いをもたらすこと。

とまあ、簡単に収めておきましょう。
因果応報・・この言葉も、やったことが返ってくるということなんですけど、悪いイメージが少なくありません。

でも、行った出来事(因)が結果として生じた物事(果)なので、いいことが返ってくる場合ももちろんあります。
その場合にはこの言葉を使わないのでしょうけどね。

呪詛というのは、今では映画の世界の様なイメージを持たれていますが、案外、今の時代でも普通に行われています。
どうしても、呪いのとなると生霊的なイメージの方が強いかもしれませんが、実際には「何かの式を行って人を呪う」ということは、ネット上でも見ることが出来たりするようです。

そんな大っぴらに行えるって何でしょう・・っては思いますけどね。

人の念が一番めんどくさいのかもしれません。

c6c3aee5e9a6bd724646e100fdff6519





☆東京・JR高田馬場から徒歩5分・セッションルームへのアクセス


☆お申し込み・お問い合わせカート「トゥリニセッテ・魔法使いの街」 


☆メールマガジンの購読はこちら



 ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆**:;;;:**:;;;:*゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆☆* ゜゚** ゜゚*゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚


ランキング参加中!クリックどーぞ^0^