ご来訪感謝です。

まあ、これは自分体験であり、自分の気持ちなので皆がそうとは言い切れないけど、「知恵の樹の実」
私の中にある何かを知ると言う意味合いの部分が、非常に強くなっているように思います。

何も変わってないのかもしれないし、変わったのかもしれない。
だって、昨日より今日の私は絶対良いに決まっているので、その延長線なだけなのかもしれないですからね。

この知恵の樹の実。
はるかなる昔に、存在したとされるエデンの園の樹です。

ライダー版と呼ばれる、アーサーウェイトさんのタロットカードの恋人のカード。
時々私はこれを「死なば諸共」的に読みますね。
純粋と言うのは時として、怖いものです。

イブの後ろにあるのが知恵の樹。
アダムの後ろにあるのは生命の樹。

アダムは神が直々に作って、命を吹き込んだと言う事もあって、生命の樹ではとも感じるものです。

イブの後ろにある知恵の機には、蛇が巻きついています。
蛇は悪の象徴ともされますが、脱皮を繰り返す生まれ変わりの象徴でもありますね。
女は子を産むとしますから、生まれるの象徴を持っていたのはあり得る事でしょう。

様々な研究がなされて、男性も子供を産む事ができる可能性があるそうですが、そうなると未来のタロットカードはデザインが変わるかしら(笑)

私的に、アダムの後ろの生命の樹。
これは木蓮のイメージなんですよ。



ちょっと似てませんか?(笑)
木蓮の花言葉は「持続性」って言うんですね。

失楽園をした後、エデンは見えなくなってしまいますが、セフィロトとされる生命の樹は、天上界から落ちてきます。
この辺りも、生命そのものと見比べると、理解は可能です。

なぜ、樹のてっぺんを下にして落ちてきたのか。
なぜ、地上で樹として成り立っているのか。
この樹がどこにあるのか。

一つの進化のための通り抜けるべき門であり、その後もきっと様々な試練はあるのでしょうが、平成30年から始まる5年間。
エネルギー的にもスピリチュアル的にも、多くの変化が来ます。

準備は後半年と迫っているのは確かなようです。