ご来訪感謝です。


見たいっ!!というご意見をもらったので、我が家のカオスドラゴンをご紹介しましょう。
本来カートに載せるべく、呼び集めた石達の中には傷ついたものなどもいたりします。

この子は、小さな子でなんで石の中に居たのかも理解して居なかったんですね。

特殊な子だったので、契約を結びました。
すると、リアルに姿が石の中に現れるという。



最初はこんな感じで。ん?(`・∀・´)こんな感じで。


次に安定をかけて…



骨骨(笑)

ここまで安定して姿が出ると、会話ができます。
炎のイメージだった子の方が、まだ会話ができない。。。難しい。





見事なカオスっぷり。(笑)

冥界のものは融通がきかなくて困りますが、カオスはなかなかに手を貸してくれます。
こう言った流れのある子達は、石に入っている事が少ないのですが、ちゃんと流れをつければ話を聞いてくれます。

でもね?
使役するつもりはないのよ。
私は使役を「こき使う事」と解釈しているので、この子らを何かに使うという前提で手にしたい人はお断りして居ます。

こうした石の特徴としては、水晶部位がクリアな事が多いですね。
クリアクオーツより透き通っている場合があります。


例えば…



こんな事でしょうか。

見分けるのは本当に大変です。
でも、それが必要な人がいるからと、頑張らせていただいております。

龍脈やドラゴンラインは、引越しても持っていけるのが特徴ですねー。
通常は持ち運びなんてできませんからね。


カオスドラゴン、お披露目でございました。