ご来訪感謝です。

最近少し、仲間内でも話をしていたのですが、【前世】

この扱いはとても慎重になるべきであると言う話です。
過去にあった事ですから、今は覚えていなものですし、こだわりすぎないで進むのが重要なのかなと。

私も「前世占い師」と言うスタートでした。
そこから、何十人、何百人と前世を拝見し、その昔、師の教えがあったのを思い出す実体験になったものです。

1・過去世は拗れや思い残しなどが大きく、現世に影響を及ぼしている場合、出てくることがある。

そう、鑑定を賜っている時、デビューしたての私はそうはいっていなかったんですが、「なんのために前世を知りたいのか」を聞くようになりました。

平均、「面白そうだから」「なんだったのか知りたい」というお声の場合、お断りをしています。
何故か…よくない過去世が多いんですよ。

「お姫様だった」とか「栄華を極めた人物だった」とか、そこに残念がない状態であれば、ぶっちゃけ「成仏」してるわけです。

これ、おそらくヒプノでもそうなること多いんじゃないかな。

でね、「現世、なんだか理由もわからないんだけど、気がかりな問題があって、努力したけど治らなくて」こんな時に、原因を探すのには過去世も活用できるところはあります。
長い長い魂のトラウマ。

知ったことで消え去る場合もあります。
そこから努力が要り用な場合もあります。

また、過去世から縁があって…という友達関係や恋愛関係もあります。
でもね?

全てにおいて、「決めるのは今生きている貴方」なんですわ。

恋愛などで「過去世からの運命の人はいますか?」なんてよく聞かれます。
でもね?
もし、その人が、現世、ニートで仕事しないし、風呂も入らんし、たかってくるし。。
こんな状態で「運命の人だよ、過去貴方はこの人を育ててたんだ。今世も育てないといけないね」なんて言われて「ハイそうですか。」って言えます?
責任もって、その方を育てられます????

「無理でしょ(・ω・)」

確かに、過去世はあって、そこでの縁もあって、今現在もあるけど、なによりもなによりも「今」なんだよ。
過去でどれほど縁があって、出会っても「無理だわー」ってのあるのよ。

でね?

「過去世で貴方と縁があったんです」

って言う、ご挨拶も、無理だわー。
過去世で師弟関係だったとしても、教えるのも教わるのも今次第。

これにとてつもなく気がついたのは、とある大きな新興宗教のトップの方と、まだ名も知られていない、事件も起きていない時に知り合って、のちにお手紙をもらいました。

「過去世での妻だった貴方、戻って来なさい」

いやーーーー無理です。
超絶無理です。
この時のおかげで、私は眷属の半分を意味のわからない封じられ方をしましたし(解くのに3年かかった)私が当時、苦労するのは私の周りにいる友人たちが全て悪いと言われて、全て切りなさい。
貴方の本当の家族と、仲間はここにるみたいに言われましてね。

いや私、友達が自分で決めます。

そして、前世の記憶なんかない方が良い。
あるからと言って良いことは100%中10%あったらラッキー。

失った悲しみ、傷ついた痛み、怒り、滞り、苦しみ、叫び、そんなんが残ってるから「カルマ」って名前がつく。

頑張って生きて、今をしっかり前に進んで、友達ができて、その友達と「昔もこうだったね」
そんな風に言えたら、恵まれもの。


過去世を活用したいなら、意を決して見ること、目を逸らさないこと。
あと、前世書き換え法ってのがあるけど、オススメしないよ。

貴方はたとえばそれが未来の自分だとしても、今生きて必死な自分を全否定して消されても、文句言わないかな?

考えること、歩くこと、今の自分が満足行かないなら、今のままでは「ダメ」なんだよ。