ご来訪感謝です。

昨日、とある大きなことを行うため、内なる龍のお申し込みを、トゥリニセッテでは4月末までとさせていただきました。

そして、その大きなことのために昨日は、かなり情緒不安定でした。
今は基礎ダウンロードが私自身終わったので、落ち着いています。(むしろ活発で元気)

何をしていたかと言いますと、すでに来ている「篩」についての出来事です。
「篩」これは「ふるい」と読みます。
そう、粉をふるいにかけるなど言いますよね。
その「篩」です。

日本が龍の姿をしているというのは、以前からよく言われていることです。
登り龍と下り龍があるとも、白竜と黒龍があるともいわれています。

この龍の姿は、古い文献にもあるのですが、定期的に寝返りをし、入れ替わります。
2頭の龍がある・・というのは、おそらく寝返りのせいでのことかもしれません。
この龍の寝返りは様々ないきさつがあって、1年早まり今年2月3日にありました。

このことで「篩」は稼働します。
「うそ」「いつわり」を初めとした悪しき面を振り返らないと、篩から零れ落ちます。
こうした悪しき面はすでに出始めていました。

整って綺麗なお姿でもゆがみが生じます。
人間は生まれた時にバランスが整った体をもって生まれますが、育つうえで様々な負荷が実際にかかります。片側にカバンを持ちすぎてゆがむとかをはじめとしてね。

ですが、このことではなく「ゆがみ」が出ます。

そして篩が動き始めた段階で、来年来るであろうとあることに大きく関係してゆきます。
その前段階で、二極に分かれていくのです。

・・・が・・問題はそこだけではないのです。
堕ちまいとする力が「迷っている」力を引き込んでいくといわれています。

これにあたり様々なワーカーさんたち、術師たちが動いています。
そのかけらを私をはじめとした施術師たちが行うことになりました。

これは5月1日から始まります。
それゆえ、トゥリニセッテ・・・私自身は内なる龍覚醒を下がり、こちらに専念をしているという訳です。

次の記事で、どのような内容かを書かせていただきますね。



貴方は篩をどう思いますか?






☆東京・JR高田馬場から徒歩5分・セッションルームへのアクセス


☆お申し込み・お問い合わせカート「トゥリニセッテ・魔法使いの街」 


☆メールマガジンの購読はこちら



 ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆**:;;;:**:;;;:*゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆☆* ゜゚** ゜゚*゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚


ランキング参加中!クリックどーぞ^0^