ご来訪感謝です。

またお墓かってなりそうだね(笑)
占い師あるいは怪しい魔術師が言うもんで、エネルギー的なことや見えない世界の事と思われているような気がします。

「お墓なんて関係ないし」
「今生きるのが精一杯で見えない世界なんかどうでもいいし」
「墓参りなんかしないで、思えばいいじゃん」

ええ・・いいんですよ、それで(・∀・)

kasugataisyanotourou_TP_V

マーヤさんが言うのは、そこじゃないから。

あのね、今生きてるのが必死わかります、いろんな意味で私も必死に生きてここまできましたし、
生活を考えればお墓参りと言われても・・ってのあるし。
私の生家、そしてその墓は福島にあります。

あの、震災以降・・1度も行っていません。
その前に行ったっきり・・・

その行った時は、母の弟が電話に出ない、連絡がつかないと言う事と、もう行く機会も少ないだろうからと・・・
行くと言い放った母がひとり旅になるので「ちょっとまってーーーー私も行くからー」と、強引にくっついて行った時のみです。
母の弟・・つまり叔父も愚弟同様とんでもないことをやらかす人です。
遺伝ですね・・_(┐「ε:)_

さて、その母の生家の墓だけでなく、父の実家の墓もあります。

問題はここから・・・

それまでは、父の兄が墓守をしていました。
ええ、跡継ぎましたからね・・で、この父の兄が亡くなり長男であるいとこが後を継ぎます。
こっからです・・・

墓が2つになりました・・・え?
いとこが本家の墓と別にお墓を作り己の両親をそこに・・・え?
じゃあ、本家は???

いとこは、兄と姉。
兄弟喧嘩勃発・・問題は遺産相続・・・え?

私の父はこの墓には入っていません。
「じゃあ、関係ないじゃん?」

いいえ、妹が入ってるんです。
1歳で亡くなって、要はおじいちゃんおばあちゃんに預かってもらって迎えに行けない状況。

父が入らなかったので、迎えには行けていません。
ええ・・遺骨ですし、本人の御霊は上にいますから「いいじゃん」・・・「よくない」
それは娘を迎えに行けない母の残念です。

お墓には御霊はいないと言います。
けれど、そこには「骨」があり、先祖代々で参ってきたことからの念が生じています。
そして、我が家のように娘を迎えに行けない母の残念・・・・
すると「娘もいるし、私が墓守に」などと言うとんでもないことを言い始めます。

妹だけを墓抜きすることもできますが、1歳で亡くなってのでおそらく骨は溶けて大地にはいっているでしょう。
となると???

その結果、妹がいることから実家からあれやこれやを言われます。
父が入っていなかったからまだよかったほう・・親戚中の揉め事になっています。

さて、母方・・・
これもまた、墓守がどうなってんだかわからない状況・・からの、母の弟は「え?」ってことをするので、親戚中で話し合いが生じ、家を手放し、
墓の話も出ないまま、面倒が生じます。
そして遺産放棄することで、決着がつきます。

現状、自分が嫁いだ家の墓も新しく作ってしまったそうで・・え?跡継ぎいないのに???
ええ、私の家は、女の子2人なのですよ。
旦那が没したら誰が面倒見るの???
え?お金払ってあるって、未来永劫その会社が面倒見てくれるの??

おまけに出てくる、宗教問題。

つまりですね?
理解しておかないと、現実問題で法律絡んでお金も絡んで時間を食われる案件がでるんです。

なので、「墓を知っておきなさい」って記事になるんですよ。
見えない世界も怖いといえば怖いけど、現実、生きている中で妙な責任負わされたら嫌でそ???

今愚弟のことで動き回っていることで、弁護士さんと話をして、わかっていく事実・・・
安定して生きていたいなら・・・

「どうでもいい事」

と、ほおっておくのはやめときましょって話なのですよ。