ご来訪感謝です。

無事に式が終わりました。
私は見るのも行うのも初めてのことばかりで、ただただ「邪魔なんじゃね?」とか思う始末。

でも、見たもの、聞いたもの、経験したことで私という魔道書のページはかなり増えました。
今回は、特別仕様で「お墓のこと」「天上界よりの呼び出し」「地獄界からの呼び出し」様々な経験と学びがあって、
ノートはグチャグチャです。

帰ったらまとめないと・・・

naganoharaFTHG2895_TP_V

明るい未来を求めているのは、誰でも一緒だと思います。
誰も好んで苦労したい、不幸になりたいという人はいないのだろうと思っていますが、
時として不幸や苦労によって行ってしまう人もいないわけではありません。

これには様々な原因があります。
その原因がどこにあるのかは、探ってみないとわかりません。

今回の儀が、来年も続けられはしますが、私が参加できるかどうかはわかりません。
するつもりですし、来なさいと言われていますが、突然の出来事など本当にわからないことばかりです。
だからこそ、出来る時に出来る限り。

そう考えて動いている私は、多くの方に支えられて生きています。

今回の出来事も大いなる時の書籍の1ページ。
あなたの力になれるように動いては生きます。
あなたも自分の内側の大きな力を信じて、動き、生きて行って欲しい。

後悔のないように。


取り急ぎ、時渡の儀終了として。
お疲れ様でした。