ご来訪感謝です。

明日、弁護士さんのところに行くので、資料をしっかりとまとめ、聞きたいことをメモしています。
弁護士さんも時間で料金がかかるので、聞きたいことは先にメモ・・それでも途中で聞き返したくなることがありますから、
有効活用をしっかりとしないとね。

占いもそうですよ。
その場で感情的になって、泣きたくなることもあるからこそ、聞きたいことをしっかりと書いてから挑むこと。
新年の初占いとかは、そうじゃなくてもいいのですけどね。

さて、何事も基礎が大事という話です。
魔術に関して・・とは言いません。
基礎を学んでおくことは非常に重要です。

でも、基礎って飽きるんだよねぇ(笑)
それも否めない・・部分、その道に進もうとするからこそ、「知ってる」って事を再度学ばねばならない・・
よくある事です。

すると、「えー、知ってるしー」ってなって身が入らないのもあるあるネタですね。

IMG_2045

「私はもっと先を知りたいのよー」

うんうん。ある事です。

でもね?だからこそ基礎大事なんですよ。
そして鍛錬。

その基礎は必ず後で役に立ちます。
苦しい時に役に立つんですよ。

能力や学んだことは、伸びて行きます。
その伸びしろと同じくらいの土台を上げるという考え方が大切です。

階段を1段上がったら、土台(基礎の理解)も1段上げる。
すると、もし・・万が一・・何かが起こって足を踏み外しても、最下層(始めたばかりの頃)までは落ちないですみます。
自分が成長した分だけ、底辺である床も上げていかないといけない。
そこにあるのは、基礎を理解できているかどうか。

基礎を聞くだけではダメですね。
書きましょう・・・

「えー、ノートとるのきらーい」

うん、私の苦手です。(笑)
でも、もし、貴方が何かの際に、基礎の大切な面を忘れて・・ある程度の玄人になっていた時・・「聞けますか?誰かに」
私はお気楽タイプなので「なんだっけ」って聞いちゃうんですが、一面で考えたら「こっぱずかしい」のよー。
その時に、遠慮なく聞けるのは、過去の覚書です。

自分ノートですからね、自分らしい書き具合でいいでしょう。
(時々、ノートを写メられておりますが・・(笑))
まあ、自分が自分で読める範囲の文字でよろしく。

基礎を馬鹿にする人もいます。

「えーセンスがあればいいんじゃね?」

それで一生センスで行なっていければね。
その時のセンス・・年代で通用しないこともあるんですよ。

まあ、家を買うとしましょう。
センス重視で、生活しにくい家買いますか?
突貫工事でできた土台の悪い家買わないでしょう?
買った後、それが売れるとも限らないんですよ(その時代のセンスがずれると恥ずかしいよねぇ)

自分がどれほど、先生と呼ばれて長い年月そのプロとしてやってきたとしても、基礎を見直し、時代を見直し、
自分を高めていく事をしないと、置いていかれます。

置いていかれたら、追いつくのには今までの10倍はかかりますよ。

あなたのやりたい事、これからの活動、基礎は確かですか?