ご来訪感謝です。

鑑定結果送付やお返事等が遅くなっております。
少しばかり体調を崩しまして、ゆっくりと動いております。

とは言いましても、少々精神的な側面でのダメージなので、少ししたら復活しますので、
ご安心くださいませ。

人は多くの困難を乗り越えて先へ先へと行く。
とは言っても、命の重さよりも心の傷が過度になってしまうことはあるのです。
命より大切なものはない・・・と、よく言いますが、果たしてそうでしょうか。

その人の気持ちや痛みは、その人にしかわかりません。
私が占い師であったとしても、霊能者であったとしても、その人の痛みを理解することは出来たとして、知ることはできないのではないかと。

この世の中は、多くの困難がそこらへんに山の様にあります。

最近、とある本で「ペルソナ」の話を読みました。
以前から心理学や哲学の本も少しは読んでいたのですが、非常に読みやすい本でした。

人生は仮面舞踏会です。
10人の関わりがあれば、10の仮面があり、場面があり、役を演じます。
中心にいる演者たる自分。
それは決して、ただの登場人物ではありません。

IMG_2683

その舞台には無くてはならない登場人物で、主役も主役のど真ん中です。

しかし、仮面ばかりしかも気に入りの仮面ばかりを磨いていると、バランスが崩れます。
核たる中心の己を磨いてこそ、持ち得る仮面は全て輝いて行きます。

ですが、仮面はあくまでも仮面です・・
時として、割れることがあります。

これが、命よりも心の痛みが優った行動に至るきっかけなのかも知れません。
割れてしまいそうな予感がしたら、誰かに声をかけてください。

今日、私もその仮面が割れかけました。
これを助けてくれたのは、大宗寺の閻魔様と奪衣婆様です。
そう、声をかけるという意味では、人に対してと思いがちですが、祈りの場でもいいんです。

そして、強力なアロンアルファで仮面をとりあえず修復してもらいました。
荒魂を削っていただいてきました。

少ししたら落ち着くことでしょう。