ご来訪感謝です。

プレゼント企画の画像となります。
令和になってはじめての神無月が来ます。

わかる人は以外と多いなと思ったのですが、「鬼」と呼ばれるあまり好ましくない流れの存在が増えました。
鬼というのは古い伝承を持っており、その昔は「雄々しい人」と書いてオニと呼んだり、特殊な技能・・
今で言えば、計算能力が高いなどのものがオニと呼ばれたり・・

無論、時代が時代ですので「障碍者」がこのように言われ恐れられたりなど・・

そして、それ以外に鬼という霊的な存在もあります。

この中で大きな問題となるのは、人鬼と呼ばれる人間のうちに存在する鬼でしょうか。
怒り、悲しみ、苦しみ・・こうしたもので現れてくるマイナスの感情をも鬼と呼び、時に合わせてお詣りしたりなど
行っているものです。

この鬼を払うことを「おにやらい(追儺)」と呼びます。

ですが、中々受けに行くにも時間がないのが現状でしょう。
そこで、今現在行うべく準備している「花と実のシジル ブログ講座」の最初にUPする「藤の花」
この藤には神話があるのですが、赤藤と青藤があります。

どちらも花としての「追儺」ができるものです。
ブログ講座でUPするのは、別のシジルになりますが、赤藤のシジルをご紹介し、
ダウンロードしていただくことでお使いいただけるいようにしています。

ただし、条件として「個人使用」のみとなります。
ご家族はOKですよ。

「二次配布」はご遠慮ください。

コースターなどにしてお茶などへ波動を移してお召し上がりになるのもいいですし、携帯保存もよいでしょう。
好まれないのは、赤藤のシジルはオイルなどへの転写ができないことです。

青藤は出来るのですが、そちらはお講座の物なので。
上記、ご了承いただけましたら、下記のシジルをどうぞご活用ください。

活用期限はありません。

IMG_3156