ご来訪感謝です。

先だって、たまたま出かけた先が古本市でして。
目的があって出かけたと言えば出かけたのですが、古本市やっているとは全く気が付かず・・

スケジュールをUPしようと考えていた31日に体調を崩して(ハロウィンの気あたりだったらしい・・渋谷)
実家からの予定が変わり、スケジュールを立て直そうとしていたら、煮詰まりまして・・・

で、気を変えるために出かけたんですね。
そこで出会った福狸・・・


IMG_3284

まあ、剥製なのですが、この古本屋さんのマスコットのようで、かなり古いものです。
三味線壊れているので直してあげたいところですが・・・

で、この福狸さんに出会い、頭を撫でると良いご縁が得られると・・いうので、ちょいっと指先で撫で申しまして・・・
(強く撫でたら壊れそうで・・ドキバクしました)

その後、本当にご縁をもらい、お礼にお賽銭を置かせていただき、するとその後もご縁をいただき・・ちょっと目が点でした。

そのご縁の中に、己の内面と出会うということもあったんですね。

私が今の私になるまでには、55年を要しました。
そりゃまあ、人間生まれてから成長しますから、今55なのでそれだけの年月がかかったわけなんですけど、
決め事は常に自分で決めていたなぁと思うのです。

アニメーターになりたくて、中学卒業後仕事をしながら親に願って、1年だけ行かせてもらったアニメーションスクール。
そして、仕事を始め大手会社から「学びにきませんか」と打信があり当時勤めていた会社の社長が断って、チャンスが遠のいたのですが、
もともと、それはチャンスではなかったのかもしれません。

その後、体調を崩しアトピーになり仕事を辞めざるを得なくなり、家で作業などをし・・この時期に、説話社さんとのご縁をいただいていました。
コミケに出たりいろんな事をし、自分を模索していて、大切な友に出会ったものこの時期です。
思えば、あそこで社長がOKを出していたら今の私はいなかったわけで。

でも、当時の私は行きたい場所に、やりたいことに、懐事情から行うことができず、悔しい思いをしてましたね。

まあ、だからこそいろんな宗教団体のご案内をもらって、読みふけり考えるなんていうアホなこともできたんですけども。
それゆえに、あのオ〇〇のトップに会ったのでもありますが。(私インド神話大好きだったんで、彼の話がどの経典から出てるのかとか
案外わかるもんだったかな)

そして、アトピーもそれなりに抑えることができ(この時期に円形脱毛症にもなって、顔の半分が膿んでしまってそらもうホラーですわ)
再度アルバイトに出たのが、魔女の館だったわけです。

ここで「タモリさん」に見つけてもらって、素晴らしいご縁を頂戴し・・・

でもね?ご縁を頂戴したとしても、本人が頑張らないとダメなんだよ?
おんぶに抱っこに肩車じゃダメなのよ。
必死に学んで学んで・・今でも学んで・・・

でも、それらを棚上げにすることがありました・・・結婚したんですね。
長女が生まれる少し前に「戻ってこない?」と聞かれましたが、私の優先順位は「子供たち」になりました。
遊んで、喧嘩して、学んで・・・子供達はそれぞれの人生のパートナーを見つけました。
私は・・自分の優先順位が自分に戻ります。

よく、旦那さんはよ?って聞かれるんですが、旦那とは優先順位も何もへったくれもないですよ。
だって同等でしょ?
優先するのであれば、病気や怪我をしたときです。

そして、今、己をまっすぐに歩き始めた自分は、欲しかった海外の書籍も手に入れることができ、iPadを通して翻訳もでき、
求めていた世界への扉を通っていました。

何がしたいのか
どうしたいのか
どうするべきなのか・・

こうしたことを考える人もいます。
子供より、己が優先であるという人もいます。
別にそれは個人個人の価値観です。

でも、私はここにいるために行ったことは・・「出来ることを精一杯すること」それだけでした。
ふと、振り向いてみれば大切な人たちがたくさんできて、笑っていてくれます。

なのにこの間、あまりにもくだらないことに目が向いて、気になってしまって、歩みを疎かにしたんですよ。
私をちゃんと見てくれている人を見ないで、私を悪用する人物に目が向いたわけです。

とあるイベントで、とある人物に会い少しの立ち話をし「関係ないからでいいんじゃない?」の一言。
そう、そんなくだらないものに関わっている暇はないんです。

もし、あなたも何かに煩わされているなら、実害がないなら、スルースキルを養うのがいいでしょう。
そんなくだらない人間に関わっているほど、私たちは時間も余裕もないんです。

己の前に進む大切な時間を割く必要はないですね。

「出来ることをする」

それがいちばんの近道です。