ご来訪感謝です。

本当に、様々なことで揺らいでいる時となりました。
志村さんの訃報・・・笑って「いや、大変だったよ」って帰ってこられると思っておりました。

本文に入らせていただく前に、ご冥福をお祈りします。

タイトルの銀狐護火星印ですが、本来出すことはないだろうと思っていたものです。
これほどの揺らぎのある時代、とは言え、数年前から「篩が来ますよ」と、私は声にしていたのですが、
こんなに大きいとは・・と、正直、びっくりするしかない様な感じです。

ソロモンの護符の中に、火星の印があります。
火星と言われると、戦いの星という印象がありますが、悪しきを薙ぎ払う火のエネルギーと呼ぶこともあります。
その火力は太陽にも勝るエネルギーと言われているものです。

火星の印と、お調べいただけるといろんな方のUPした画像が見られるのではないでしょうか。
かなり有名な印ですし。

きちんと画像というだけではなく、仕上げておいでの方であれば、その効果も入ると思います。
書籍などに描かれているのは、万人向けなので「絵」なんですけどね。

さて、この火星の印の下に、同じく敵を打ち払うという印があり、それを練り込みながら描きあげました。
そして、1つに対し5体の銀狐を眠らせています。

昔から、人に憑く狐は手のりサイズの小さな銀狐だとされています。
今回の様に使うとは思っていなかったんですが、友人からトチの実をたくさんいただいておりまして。
他のお友達からヨルダンの水、エルサレムのオリーブ・・・
手に入れたのは、マンモスの毛・・・・
さらには・・と、この為に現れた様な品たち・・・

これを持って、式を仕上げて銀狐は縁を繋ぎました。
派遣できるほどの数(基本しないけど)
銀狐は、ブログトップをご覧くださっていると皆様ご存知ですが、金・銀狐・・私の眷属です。
縁はあったのですが、弱かったんですよ・・・

テキストと使い方を販売します。
テキストにはシジルが1つ、その中には5匹の銀狐。

1年間、あなたの側でお守りの存在となり、どんな物をあなたが持っていても阻害しません。
お仕事が終わったら、彼らは皆、あなたが持ってしまった厄災を持ったまま私の元に戻ってきます。

皆様からいただいたお代金は、一部を神社に、一部を募金にお送りします。
そして、本来その値段では出さないのですが(戻ってきた狐達の浄化式もあるので)出来る限りの安価にしました。

この銀狐は、1つに対して5つ・・1人に対して1匹です。
5人家族なら、1つで賄えます。

守りのシジル、1年間の式銀狐、終了時のお焚き上げ(あなたから持ち帰った災厄を炊き上げます)

今回、多くの方に回ってほしいと思い、相変わらずの仲間内に送り手となっていただいております。

今夜にでもカートUpしたいと頑張りますっ。