ご来訪感謝です。

あまり、亡くなられた方の話は書かない方なのだけど、コロナがトリガーになってしまった志村けんさん。

まずは、何をもってしてもご冥福を祈り、ご家族・・ご遺体にも会えなかったという・・その寂しさが、一時も早く癒されますよう願ってやまない。

しかして、「コロナが原因」と、多くの報道がある中それが引き金になってしまったと。

「持っていかれた」という言い方は不謹慎だろうな。
しかし痩せても枯れても占い師。
天へ向かって、お伺いさせていただきますと一礼し伺った。

同じように、持っていかれたという言い方を伺ったのは、
「地井武男さん」だった・・その年齢でどこにも魔が星を見つけられなかった。

そして、あんなにも早くにきれいに上がられたのは、「樹木希林さん」をお伺いしたことがあった。
志村さんもきれいに上がられてた。

そして、「だいじょうぶだぁ」という、彼の言葉・・は、この問題に対して、「大丈夫だよ」と教えてくださっている気がする。

でも、大丈夫だといっても、油断するのではない。
丁寧に自分が出来ることをしっかり行ってゆく。
そうしたなら・・なのではあるまいか。

まだ、小学生の時、浅草の劇場にドリフターズの8時だよ全員集合を見に行った。
その時は新井さんがまだメンバーだった時。

楽しかった。
面白かった。
嬉しかった・・

が、帰宅寸前で、親父が飲んだくれてえらい目にあったのは今でも覚えてる。(笑)

油断するのではなく、笑うことを志村さんは教えてくださっているのではないだろうか・・・

そう「だいじょぶだぁ」なのだろう。
そして、「あんた誰だ」は、己を見ろということかもしれない。

と、個人的意見なんだけどね。