ご来訪感謝です。

だいぶ前からよく言っていることです。
「自分の足で歩くことが大きなテーマ」

誰かが言っているから、誰かがやってくれるだろうから。
今現在の自粛に関しても、むろん、考えてするべきはするものです。
でも、自粛してしまうことで仕事長くなり、国の保護を待っていたのでは違った意味で生活が成り立ちません。

さあ、どうします?

出来ることを、出来るように、するべきをする様に。

多くの命が失われています。
だからこそ、不安になるでしょうしどうしたらいいのかを考えて動けなくなってしまう人もいるとは思います。
でも、だからこそ、自分の生活を見直すことが大切なのではないでしょうか。

もしも、守るべきものがいるのなら、そのものたちを守るために「会わない」という選択も重要です。
家に篭るのではなく、不必要な外出を避けるだけです。
寒い日が続いたり、暑かったりもしますが、寒気を十分に。

除菌除菌と大騒ぎですが、基本は石鹸と水で充分なのでしょう。

そして最大なのは、「笑顔を忘れないこと」
日本の大きな笑いの存在が逝ってしまった。

それはそれは悲しいことだけど、悲しんでいたらきっと彼は「だいじょうぶだぁ」って笑わせてくることでしょう。
家にいるからと何もしないのではなく、小さな運動だっていいでしょう。
溜まって積読していた本を読むのはいかがですか?
お供にはコーヒーとクッキー?
それとも歌舞伎揚とお茶?

音楽をしっかりと聞くのもいいですし、今のうちに映画やアニメを見まくっておくのもいいかも。

この厳戒令のようなものがなくなったら、初めに何をしましょう。
私は、娘たちに会いにゆきます。
母にも会いに行かないと・・・(とは言え、愚弟には医者のことがあるから会うんだけどね)

今私が、娘たちに会わないのは、私が愚弟と医者によく行くから。
むろん、考えすぎだよって言われるかもしれない。

それは、私が考えて私が決めて、歩いていることです。
誰かに助けてもらおうなんて考えてないのが私らしい。
もちろんみんなに助けられて生きてるんだけどね。

手帳を出して、自分を見直すページを作ってみてはどうですか。

そこから道を見つけるのが今なのでないでしょうか。