薔薇と魔法と言魂と~トゥリニセッテ

占い師・マーヤラジャが贈る、不思議と心・自由のブログ

カテゴリ: Lヒーリングワーク

ご来訪感謝です。

明日から6月ですね、あっという間に時が過ぎて、歳を取ると時間の流れがゆっくりとなる…とか聞いてたので、
もしかして「若い?」とか、1人ボケをかましているマーヤです。(笑)

この時期、気温や気圧が急な変化を起こすので、毎年、ちょっと調子が悪いといえば悪いのですが、私は今年8の年を迎えているので、
「社会活動目紛しく、身体いとうべし」と言う事からも、油断大敵です。

最近は、自分のこととか、能力的なことで御歳80をとうに過ぎた爺様と話をしていて、思うことがたくさんあります。
この爺さん、その年の割にチャットとか簡単に出来るので、見習わねば。(笑)

さて、タイトルの事ですが、明日から「護法鬼」が始まります。
なのですが、今までの龍をはじめとしたワークでも「ご縁なし」という症例が出ていました。
このご縁なしというのは、「龍と縁がない」と言うことではなく、開くべき扉が違うよ?と言われているのです。

むろん、礼儀にかけるなどは元よりこのワーク事態に縁がないと言うこともないとは言いませんが、例えば、私のところで申し込みをして「縁がない」と言われても、「奄海るか先生」で通ったとか。

ここに関係してくるのが、「エネルギーの質」です。
皆さんも、「仲良し」さんがいたとしても、エネルギー質が全く違うなって感じる方いますよね。
私のエネルギーが火のようだったとします。
縁なしと言われた人が柔らかいエネルギー質で、奄海るか先生が水のようなエネルギー質だった場合、そっちが合うと言うことが出ます。

あるいは、私とその方が火と火で相性はいいけど、このまま受けると「大火事」になるから、水入れようかと言うこととかね。
この判断は、龍の場合は私たちの内側にいた龍や、神社に参拝し、お名前をあげて判断します。
ここにも相性がありますから、判断は各先生方の流れにお任せしているわけです。


鬼の話の中で奪衣婆様出すと、怒られそうな気はしますが(笑)

そして今回の、鬼繋ぎ。
ここに関しては、三鬼大権現にお伺いをしますし、先ほどの龍同様、ご縁なしとは「他の回路」を使う、で済む場合がほとんどなのです。

さて、その中で今回始まる護法鬼ですが、特殊な「ご縁なし」があります。
と言うのは、「この年に受けられないよ」と言う形のものです。

今回の護法鬼も流れがよければ、他の背術者も出来るものと思いたいのですが、現在は「三鬼大権現」と縁繋ぎの中なので、
3人しかできません。

鬼繋ぎ自体は、奄海るか先生・香先生・碧乃先生・緋呂先生・マーリン瑠菜先生・神戸先生
そして私の7人ですが、護法鬼は奄海るか先生・香先生・私の3人です。

これ、まあ、馴染み深いという点も否めませんが、3人それぞれが三期大権現の流れに似てる事から、御師さんに「ここの者たちで始めよ」言われてきたんですね。

で、肝心要の「護法鬼のご縁なし」とは、年に関係します。
例えば私の所で、ご縁なしが出た場合、他の先生で…ではなく、「今年ではない」という事なんです。
鬼繋ぎがまだの方は、平均、許可が下りるパターンが多いのですが、昨年度、鬼繋ぎをして、今年となって、「ご縁なし」出ます。
私もびっくりしたんですけどね、「繋がれた鬼自体が、三鬼大権現「まだ早い」という意を知らせてくれる」んです。

なので、護法鬼に関しては、「ご縁なし」というよりも「時期尚早」となります。
こればかりは、神様ごととされるものの1つなので、どうにもなりませんねぇ。(。-_-。)
時期尚早と出た場合には、どの背術者でもお受けできないのです。

護りの力でありながら、なぜ時期尚早となるのか、ですが、準備が整ってない段階での護りとは返って邪魔になることがあるんです。
好きな人を振り向かせたいばかりに、魔術をかけ過ぎたことで出る弊害もにたようなものかもしれません。

なので、「時期尚早」と卦が出た場合にはお受付ができませんが、おそらく来年も護法鬼は出来ることでしょう。
その時に、再チャレンジをしてみてくださいね。

ま、極端な言い方しますと、どうしても行きたかったレストラン、日取りが合わなくて混み合っていて、今年は行けなかった。
だから来年の予約をとったら、安心していくことができた…みたいな?

どうぞ、ご了承くださいませね。




ご来訪感謝です。

少しばかりの体調不良、何を行っていたかといえば、まあ、風邪ひいたってのもあるのですが、自分自身の能力を呼び戻すための
式を執り行ってもらっていました。

案外きついもんです。
特に私の場合は、こじれてる(現存している私自身もこじれてますけどね、人間的に(笑))ので、
繋ぐのがこれまた大変で、ヘナチョコです(笑)

さて、先だって書かせていただきました、天龍八部衆・浄化促進変化の法ですが、この方々に行っていただくのは、こんな事です。


【阿修羅】・悲しみ、怒り、笑いの3つの顔を持った鬼神です。彼はあなたの中の弱い心を吹き飛ばしてくれます。
怒りを表し、悪鬼とされた彼ですが、元々、悪鬼になった理由があり、それはどう考えても理不尽な物語。
自分の置かれている状況や、癖になってしまったものなどをやめたいと願うけれど、弱気になってしまって突き進めない。
そんな時に、彼は大いなる力によって、押し貫いていく力をくれると言われています。

【乾闥婆】・乾闥婆はサンスクリット語で「めまぐるしい変化」を意味していると言われます。
神々の命の酒・ソーマを守っています。乾闥婆は「説得力」を意味していることから、育児などに関わっており、悪鬼より子供を守るとして知られてもいます。子供心って、女心と同じくらいわかんないと、言われるように、そこにある真実を知るための力やチャンスを見つけてくれるとされます。

【緊那羅】・緊那羅は不安を取り除き、音楽を奏でるものを守ると言われます。琴を弾くものであればその手を、歌を歌うものであれば、喉を守ります。心が奏でる愛の言葉は不安もつきもの、こうした不安をも調整してくれるとされます。

【摩喉羅伽】・パッと見る姿は蛇の如しとされるように、サンスクリット語で「偉大なる蛇」を示します。
女性にはあまり好まれないイメージかもしれませんが、彼は大変頭が良く、発想の転換を得意とします。
自分自身の姿がそうであるからこそ、技術を持って美しさを手に入れたともされる神でもあり、自分自身に自信を持つことを手伝ってくれるのだそうです。

後半はこの方々




【夜叉】・彼は過去、森の中でひっそりと暮らしていた賢者のような存在です。鬼ではなく精霊だったという説もあり、それ故にものを見渡す力を持ち、目が4つあるとされました。
彼は富と財宝の神「毘沙門天」の配下にあり、これらを司っています。
彼の母は「夜」で、その創造主が作り上げた彼の母は「無知」であったとされます。それ故に、夜叉は母を守るために、夜を静かにあるようにするために、様々な策を持って豊かさを力づけていったとか。あなたがチャンスに対し、敏感になり、勇気を持って財をなしていく。
金銭面と安定を司ります。

別の話ですが、夜叉族とされるものは富と財宝に強いと言われますね。おいなりさんで有名な荼枳尼天は、インドではダーキニー。
夜叉族の女王です。

【龍王】・ナーガと呼ばれます。最近は「龍神」と呼ばれる存在が大きく出ていますが、元々、神のような力を持った龍族という意味で、龍神と人間がつけました。彼らは龍王の元でそれぞれの部族がイキイキています。それ故に、神とは違って、同じ日本だったとしても「龍王」は複数いるのです。

彼等は家族を守り、その主人の仕事を守ります。事業の拡大をしたい場合、出世したい場合など、自分がプライドを持って行っていくことに、大いなる手を貸してくれるでしょう。
龍王は自然界の象徴もでありますが、特にその姿からか水の流れを意味すると言われました。ゆえに、あなたが流れをよくしたことがあれば、そこも手を貸してくれるはずです。

【五部浄】(ごぶじょう)・天龍八部衆とされる中では、あまり見聞きされていないかもしれません。
天龍八部衆に入っているよりは、千手観音の使者である二十八部衆に名が乗っている方が有名かもしれませんね。

実は、神々の中、天龍八部衆の中でも独特の存在です。五部浄は象の被り物を被った姿で描かれますが、自在天子・普華天子・遍音天子・光髪天子・意生天子の五尊が合わさった1体として書かれているのだとか。
彼は、望むものを手にするための知恵・力・チャンス・助け他人・勇気などを与えてくれると言われます。

【迦楼羅】・鳥の頭を持った音楽を奏でる鳥族として描かれています。彼は、苦難を乗り越えて子である迦楼羅を守ってきた母を守るために、毒ヘビを喰ひ殺すということで有名です。
それが力となり、あなたの周りにあるあらゆる害を消しさるといわれています。
もちろん、その苦が必要なテーマである場合は消し去るのではなく軽減し乗り越える手伝いをするとか。


このような、八部衆のご縁を頂戴できるチャンスがきました。

今回のワークは、セッション型・自己ダウンロード型の2つです。

後ほどカートにUPしますので、お待ちくださいませ。

そうそう、よく美に関してのワークをと求められるのですが、その美に関して「ストレスが原因」の場合、周りを調整することで
大きな変化があるってのもお忘れなく。




ご来訪感謝です。

昨晩と言いましょうか、今朝と言いましょうか。
新月でしたね…今回の新月は個人的にきつかったです(笑)

と、言いますのも昨晩書かせていただだきましたように、天龍八部衆のエネルギーを賜ってきたからです。
今日はお天気がいいということもありますが、暑いです。(笑)
それとひたすらに眠いっ(笑)

さて、表題の天龍八部衆をご存知でしょうか。
仏法を守護する八神と言われている方々です。
部衆とは…八人の神様ではないの?と思われますが、各部族の長をはじめとし、一族がその配下にあることで、部衆と表記されます。

どんな方々?
天衆・龍衆・夜叉衆・乾闥婆衆・阿修羅衆・迦楼羅衆・緊那羅衆・摩喉羅伽衆の八衆です。
天衆とは、梵天・帝釈天をはじめとします。

龍衆は、まさに龍界の龍王です。

夜叉衆はインドなどでは有名ですね、お稲荷様を統べているダーキニー女神も夜叉族です。
乾闥婆衆は帝釈天の配下にあるとも言われますが、神々の酒「ソーマ」を守ると言われます。
「ソーマ」とは神々の命を守る甘露のことだそうです。ケンタウロスとも言われ、大変に頭の良い音楽科であるとも。
確か、ケンタウロスも琴の名手とされていましたね。

阿修羅衆は、よく知られていますね。闘神であるとされ、一時は神仏に逆らう者として表記されていましたが、太陽神でもあったりします。仏法帰依した後は、一番手の闘神として大活躍されました。

迦楼羅衆はガルーダとも言われています。インドでは蛇を好んで食べる(竜食いとも言われますが)この所業は、母を守るためのものだったと言われます。姿形を見ますと、以外にも親子関係を司ってくれたりします。

緊那羅衆はこれまた音楽心とも言われています。迦楼羅・乾闥婆・緊那羅の三人は音楽を奏で世界の平穏を祈るなどともされています。

摩喉羅伽衆は、マホーラガとも呼ばれています。まあ、この方も、音楽家です。

これが基本の天龍八部衆と呼ばれる方々です。
もちろん、文献では、いささか違った書かれ方や、組み方などもあります。

四天王に使える天龍八部衆は、名前も違っていますしね。

今回私がご縁を持った天龍八部衆は「阿修羅」「迦楼羅」「緊那羅」「摩喉羅伽」「乾闥婆」「龍王」「夜叉」「五部浄」の八柱。


2017-05-27-01-44-31
2017-05-27-01-45-29

ちょっと人数足りないですが・・・・
この絵は、昨年度出させていただきました、梵字カードの絵を描いていただきました、三村晴子先生。

この天龍八部衆のご縁の糸をいただき今回の、浄化促進変化の法を行うことになりました。

再びの詳細は後ほど・・・






☆東京・JR高田馬場から徒歩5分・セッションルームへのアクセス


☆お申し込み・お問い合わせカート「トゥリニセッテ・魔法使いの街」 


☆メールマガジンの購読はこちら



 ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆**:;;;:**:;;;:*゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆☆* ゜゚** ゜゚*゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚


ランキング参加中!クリックどーぞ^0^

 



ご来訪感謝です。

日々なんかよくわかんないけど、バッタバッタは定番になってきております。

さて、先ほどカートの方に「鬼繋ぎ」「護法鬼」UPいたしました。
今回、護法鬼だけというものがありません。

鬼繋ぎを昨年受けていただいた方、あるいは、今年受けようとされ護法鬼もと思われた方になります。
護法鬼だけという場合には、鬼繋ぎが終わった後で詳細がUP出来るかと思うのですが。

鬼繋ぎ自体は30枠のみです。
護法鬼は数がありませんので、昨年受けられた方、あるいは同時にとか、他の先生に鬼繋ぎをしてもらって、
こちらに護法鬼でもOKです。

その際には、備考欄に「どの先生に鬼繋ぎをしてもらったか」をお書き添えくださいね。

鬼たちは、小さなあなたの兄弟のようなもの。
あなたがどうしたい、という願いをしっかりと意識すれば、内なる龍が風を起こし、鬼繋ぎの鬼達があなたの手助けをしてくれます。

護法鬼はあなたを守るのですが、お役目を持っています。
赤は炎法鬼…トラブルなどからあなたを守ります。
黄は財法鬼…金銭的な問題を解決へ向かわせてくれるとか。
青は海法鬼…コミュニケーションや伝達をまもります。

この鬼達は、あなたの鬼繋と手を組み、大きな力になります。
あれですね、1人より2人、2人より3人みたいな。

6月7月のセッションとなりますので、どうぞよろしくご検討のほどを。




ご来訪感謝です。

今日は1日、鬼繋ぎの事で考える日なのかなと昨日思って居たんですが、見事にそのようでした。
今朝になり、母から電話。

用事ができ、母の場へと向かいます。

あるべき物、いるべき物のためにそれは用意されるとはよく言ったものです。


慈雲山 大林寺

こちらに足を寄せさせていただきました。
ここのお寺様、実家に近いこともありますが、ご縁があるようでよく行きます。
御本尊は釈迦無尼佛像

とはいえ、まだ御納経印もいただけて居ないのですが_(:3 」∠)_
なぜ、鬼繋ぎでここなのか。。神社ではないのか。

そう、神社ではないんですよ。
確かに、神社においての鬼という存在もありますが、鬼に関しては中心となるのは、閻魔大王。


ここの閻魔像は、新しいものなので、外にあります。
しかも、他のお寺様と違い「死者を怒ってます(笑)」



指差し確認「お前生前何やっとんねん!!」的な。
で、閻魔鏡を持った鬼。
この鏡は「お前が生前行った事が全て映る」と言われる「浄玻璃の鏡」です。

そう、鬼繋ぎをするにあたって、今年は何か足りない気がして居ました。
なので、本来真っ先に出す私が一番後手になっています。

この鬼繋ぎ。
基本は広島の三鬼大権現により、東京にある鬼王神社によって行って居たわけなのですが、昨年行い終えてから調べに調べたところ、あったんです。。。鬼を祀る神社。

埼玉県の嵐山町と言うところに、鬼鎮神社という場所が。

色味のある鬼がいる…
今年の準備を始めようとした時、この事が気がかりでした。
この、鬼鎮神社の絵馬…赤鬼と青鬼…色味…_(:3 」∠)_
しかも、勝負祈願でも有名なんだそうで、なんと、鬼に金棒の金棒売ってる(笑)

ここの鬼さんは、恋愛の伝え話があります。
刀鍛冶の娘にほれ、刀を打つうちに鬼になり、最後には死んでしまうのです。
娘の父は哀れに思い、神社にて祀っていただくことに。

そしてこの地域では、節分には「鬼は外」ではなく「鬼は内」
そして調べていくと、鬼の神社はまだありました。
これには私もびっくりですが。

青森県の「鬼神社」
干ばつで困っている村人を山から降りてきて助けたという説があります。

大分県の天満社境内の「鬼神社」
安倍氏の末裔の関係だそうです。

福岡県の玉屋神社境内の「鬼神社」

調べきれて居なかったといえば、そうなんですが、まるで門が開いたかのように、鬼に関しての文献が集まってきます。

そして今年の鬼繋ぎ、奄海るか先生、香先生、碧乃先生、マーリン先生、私と他2名が担当します。
私のところは少し状態が変わりますので、今日明日に日記をUPします。

どうぞ、よろしくご参照下さいね。




このページのトップヘ