薔薇と魔法と言魂と~トゥリニセッテ

占い師・マーヤラジャが贈る、不思議と心・自由のブログ

カテゴリ: L教室・ワークショップ

ご来訪感謝です。

昨晩の占い師スナックイベントが大盛況でした。
なので、本日はスロースタートをさせていただいています。
ゆえに、この時間にやっと家を出ました(笑)

とは言いましても、起きてはいたんですよ。
そして文献を読んだりなどして、店舗に向かうのが今という。

さて、昨晩の占い師スナックイベント・・・実に大盛況でございました。
お初の先生もいらっしゃって、楽しかったです。

皆さまお美しい占い師でいらっしゃる中、失敗したスナイパーみたいな格好の私が(笑)

FullSizeRender

さて、楽しく馴染みのクライアントさんとお喋りしたり、秘密会議を裏方でミラージュ先生としてみたり。(笑)

一樹先生のブレスがきらめいていたり、希今日(ききょう)先生が可愛かったとか(笑)
賑やかな時を過ごさせていただきました。

で、これまた笑える話なのですが・・・
とある、男性占い師さんが・・「マーヤラジャ先生、お会いしたかったんです!」と・・・

こげなもんに??( ̄∇ ̄)
と、お声を下さったのが、芳垣宗久(よしがきむねひさ)先生。
聞けば、高校生の時の先生に私がクリソツで、この先生が退職された翌年に私がテレビに出たと・・・

え・・いやちょっと待って??
え?高校生の時???
え??若い・・え??←そこ

以前、小学校の時にテレビで見てましたっって言う、同業者さんがいたとか・・・
そういえば、仲間たちも・・・そんな歳だったかしら・・・


やばい・・中学生って書いてある・・(°▽°)

も・・・もう、そんな歳に・・そりゃなったよなぁ・・
娘らが結婚したんだもんなぁ・・((((;゚Д゚)))))))

楽しい時間はあっという間に過ぎて行きます。
「ご縁があったら」
そういって、チャンスを逃していませんか?

縁を司る神様は、ご縁があったら・・と言えてしまうほどにすでに繋いでくださっているのに、
切ってしまうのは、他の誰でもない自分自身。
100年は長い、でも100年は短いんです。

あなたの100年をどう使うの?
人生50年と言われた江戸の頃・・
だけど、それを上手くすれば100年に伸ばしてもらえた現代人。

あとは、使い方次第。


占い師イベントの先生方ーお疲れ様でしたーーーー。

そうそう、六壬神課をされている先生にお会いできましたよ。
工学博士なのだそうで・・・いやぁ・・・六壬は憧れて勉強しているのですが、どうにも感覚メインの私は遅々として進まず・・・
素晴らしい先生です。










ご来訪感謝です。

2019年始まって早18日目ですね。
あっという間に月日は経って行きます。

さて、今年4月に天皇の生前退位、新天皇の即位があります。
この時期、おそらく変動が大きいのではないかと、個人的には感じています。

おっと、「え?災害が来るの?」とか「何が起きるの?」とか安易に考えないでくださいね。
常識が変わったり、社会としての経済など様々な変化、これはいい事もあるでしょうし、悪い事もあるという意味で
変化があるのではという事です。

これに伴い、人は心弱いものです。
昨年、篩の話をさせていただきましたが、足を引っ張られたり、おかしなことになる人も出るかもしれません。
私の周りでも、今まで安定していた人がいきなり「なにそれ」って言う流れに至った人もいました。

知人であり、友人である人に関しては「寄り戻し」という方法があるので、なんとか引き戻したりなどできはしましたが。
(実はこれもやっていたので、時間調整ができなかったんですね。)

IMG_1851

今まで内龍を覚醒させたり、全解除などされた方は、彼らも頑張ってくださるでしょう。
定例セッションとしての5月6月も行いますが、その前にと考えたい方もおいでなのではないかと、兄師達からも問われ、
今回行って行くことになりました。

また、この機に「応龍の運気上昇」と「花龍の開花」の2つをテキストダウンロードとしてお出ししたいと思っています。

内龍は天照と素戔嗚が仕切ってくださいます。(その場のエネルギーの手助けです。本来の時期ではないので。このお二方に関しては、ご縁ができる等のことではありませんので、ご注意ください)

応龍は造化三神のお手助けをいただいています。
花龍は木花咲耶姫を始めとした、女神と妻神たちのお手助けをいただいています。

応龍はその人のあらゆる運気をUPしてくださるという存在です。
花龍は、開きたい願いを開くというもの。

どちらかを選ばれてもいいですし、両方でさらなるUPというのも可能かもしれません。

今回、特殊な形で行なっていますので、施術者は私を始めとし、奄海るか先生・香先生の3名となります。

5月6月の定例セッションは、他の施術者も行うと思いますのでよろしくご参照のほどお願い申し上げます。



カートUPは明日を検討しております。











ご来訪感謝です。

移動が多く、作業も喫茶店とか、お店では発送業務と・・・気が付いたら・・・明日になってました。
それでも、ご紹介します。

だって、香港からご帰国のがねちゃん・・
(・∀・)ってなるような石を持ってきてるじゃない。

台風のど真ん中でキャリーカート2台と中身は石という重量をこなすがねちゃんが、
明日新宿で展示販売をするわけです。

がね亭@新宿

こちらですね。
私マーヤもお尋ねします・・・そう、うんちく語り部という意味で(笑)

がね亭のお品を見ながら、魔法的な石についての事を語らせていただく、プチ講座を
当日13時あたりから行います。

ブレスの運気をぶち上げろ!!!的なノリで。

お申込みいただいての入場となるので、先のリンクから「いくよっ」とぽちってくださいね。







☆東京・JR高田馬場から徒歩5分・セッションルームへのアクセス


☆お申し込み・お問い合わせカート「トゥリニセッテ・魔法使いの街」 


☆メールマガジンの購読はこちら



 ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆**:;;;:**:;;;:*゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆☆* ゜゚** ゜゚*゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚



 



ご来訪感謝です。

長いこと、ああでもないこうでもないと資料を探し、読み解いていた「モーセの魔法の剣」
この度、講座として3枠のみお出しします。

毎度、人数が少ないのは、あまり多くに広める内容ではないんですよ。
危険だから??
いえいえ、簡単過ぎて、みんなが出来たら・・ねぇ?(笑)

モーセの剣は内容が難しいです。
しかし、そのシジルはかなりの数があり、活用出来たら実に今の時代の忙しい人向けの素晴らしいものです。
でも、どれほど探っても解釈に至り切らない面も・・・

FullSizeRender
シジルはこんな感じのものです。

なので、使える場所(危険な箇所含み解析不能、使用不可を取り除き)を講座にしました。

モーセの魔法の剣とは。
モーセとは。
このシジルの由来。
シジル一覧。
使い方。

内容の中のシジル自体が、本来の数より少なめになっているので、少しばかりですがディスカウントしております。

カートからお申し込み下さい。
無くなり次第終了です。




ご来訪感謝です。

兄師(言い方がめんどくさいので、今後兄者)が今激務です。
篩制御式は兄者姉者達がこぞって動いてくださっているのですが、なにぶん私の直兄者は80を過ぎていますので、
肉体的に(私より元気だけど)大事にしてあげたいところです。

篩で賑やかになっている中、エネルギーワーカーさんのお手助けになる伝授を行います。

金山姫・・ご存知でしょうか。
鉱山の女神なのですが、言われと伝承が難しく、神社などは数える程しかないとお聞きしております。

伊奘諾(イザナギ)と伊奘冉(イザナミ)・・・このお二人が国生みをしている中で、伊奘冉は迦具土の命をお産みになられ、火の神であった迦具土の命の炎で
ホトを焼かれ、病に落ちます。
病の中、伊奘冉の吐瀉物の中より、金山彦と金山姫が産まれます。

吐瀉物の中よりとなると、どうしても「汚い」感じですが、伊奘冉はその後なくなりますが、国生みの女神、大地の母神に当たります。
それと、迦具土命は、火の神です。
この関係が、鉱山を示したとされ、現れ出でたる吐瀉物の中に金山ありという意味で、鉱山の神となったそうです。
発掘する、掘り出す、現れるといったことからでしょう。

しかし、鉱山となると女人禁制の場所もありました。
こうした背景から、金山姫は隠され神社も少ないとのこと。

しかし、反面として隠された財宝を意味することもあり、「金山姫に好まれたるもの、金銀財宝を得る」と言われて、貧乏神をはねのけるともされるのだそうです。

金山媛神社としては大阪府柏原にあるとお聞きしております。

豊かさの女神といえば、アバンダンティア・サラスヴァティー・弁財天・荼枳尼天などなどありますが、金山姫はダイレクトに金銀財宝の女神として(金物の女神でもありますが)出ていらっしゃいました。
伝授は各人20枠と決まり、金山姫のエネルギーを込めた品作りは無制限だそうです。

しかし、今回のこの伝授ワークは、こうしたエネルギーワークのお仕事をされている人、これからお仕事を始める人へと決まっており、
自分のためにという場合はお受けできないとのこと。

テキストと金山姫の繋ぎを入れた天然石(これにも決まりがあります)をお送りし、御受け取りいただいた方も伝授20枠を行えます。

詳細はまた追って書き出しますね。

本日の深夜には伝授をカートにUPしますので、それまでにまた少し書かせていただきましょう。


















このページのトップヘ