薔薇と魔法と言魂と~トゥリニセッテ

占い師・マーヤラジャが贈る、不思議と心・自由のブログ

カテゴリ: L魔術師の扉

ご来訪感謝です。

最近、身の回りの関係者に「魔除け」を希望されることが多くなりました。
私の個人的な意見としては「ですよねー」だったんだけど、そういう時代になったということと、そういった物、方法を個々が得る、持つ事、学ぶことが重要な時代になったという事です。

原因といえば、色々あります。

1つは最近私が必死になって調べている「墓」
1つは人間の「意識」
1つは人間の「弱さ」
1つは社会「情勢」
1つはスピリチュアルの世界での「マガイ」

他にもありますが、これらの問題が溢れかえってしまっているという事。

これがまためんどくさい事に、マイナスの存在と思われるものや流れをどうにかしても、様々な星の影響で復活するんだよねぇ。
月の影響が大きかったりもします。

まあ、月が大きく関係して来ているから、「麒麟」なんだけどね。
今回のは特に、個々においての麒麟が凝る。
そう、自分だけの麒麟が自然界からのプレゼントとして来る。
こんな事は、術師の間でしか行われてなかったりもします。

龍が大きく空を飛び、ドラゴンがその影響をもたらし、麒麟がこの世に小さいながらも顕現する。
これがどういう事かわかります?

私のサイトで時々出て来る「マガイ」まあ、まがい物って言う意味なんですけどね。
神にしても天使にしても、実に悪魔もなんだけどまがい物が増えています。

こう言う書き方をすると、「それどうなの?」って考える人もいるでしょうけど、震災などがあったときに、このマガイの天使は相当の数で震災の場を訪れます。
マガイは、紛い物とか書きますけど、「魔害」ともかくんです。
これ、魔の世界のものたちが害をなすって事ではないんです。

魔を害するほどのもの。
強いて言葉で言うなら「虚無」「喪失」「脱力」こんな感じのエネルギーの持ち主たちかな。

ここでは、全てを書く事はダメなので、臭わせるような書き方になって申し訳ないけど、地球上が大きな変化を始めているって事。


身を守る品、あるいは方法、これを学んでおく事は、ゆくゆく自分がいなくなったとして我が子を守ってやる伝えになるね。
何も品を持たなくてはいけないと言う事はない。
様々なヒーリングワークの中には魔除けの方法が入っているはず。

スピリチュアルの世界で皆が「もっと早く」って、言うんだけど、まずは身の守り方からでないとスタートはしないのよ。
パソコンと一緒、年々ウィルスは強くなってる。
病気もかな…

守るべき基本の肉体は、小さい時から好き嫌いはできるだけ無くして(アレルギーは別よ?)元気に遊んで、よく眠る。
こっから始まるのに近いかな。

5月半ばより、身護り講座は開始するけど、貴方が安心できる人に教えていただくのがいいんじゃないかしら。

そんな時代が来たわけです。



ご来訪感謝です。

メテムサイコシス、順序良く整って来ております。
昔もそれは思ってたんですけど、自分自身の「過去世」無論、生まれ変わりという概念ですから、魂の一部ってなるんだろ思うんですけどね?

生まれ変わっても自分と一緒にいるって「思ってます??」

私の知る限り、「逃げてる」魂のかけらってあるんですわ。
今の今までは「特殊」なことと持ってたんですが、昨今…少なくないのね。。。。っていう。

同じ時代に自分が2人になって生まれている場合もあります。(私の必須の人はどこかにいるかもっていう感覚)
魂として分離してしまって逃げてる場合もあります。(探さねばならないっていう感覚)
どこかの土地に封印されてる場合(私のいるのはここじゃないって感覚)

カッコ内はまあ、たとえなのでそれだけとは言えません。
でもそんな感じです。

私自身、現在は1人だけ…捕まえきれなくて逃げられている奴がいます。(めんどくさい絡みのある過去世)

魂が揃ってない場合ってあるんだよね。
これで困るのは、「あるべき能力が欠落したり開花しない場合があるってこと」
これはめんどくさい(笑)

私自身、今の私になるに当たって10人くらいの私を探した。
まさに、自分探し。

で、集まった段階で「マーヤラジャ」が始まったわけなのです。




ご来訪感謝です。

昨晩UPした、シャオチーリンの記事で、ご質問というか、ちょっとした会話。

「麒麟って使役出来ないの?使い魔みたいに」

_(:3 」∠)_こんななりましたわ。

ワンネスでエネルギー体として出てくる麒麟であれば、それは可能だと思います。
六合神功などでも、麒麟六合陣なんかもあるくらいですし。

でも、神話伝説の存在は「それしかいないからね?」

そう、絶滅危惧種を使役しようっていう感じになります。
それを使役できると思っている場合、「漫画の読みすぎ」「映画の見過ぎ」かもしれません。
龍とかドラゴンでも「ものすごい数の龍が、ドラゴンが」っておっしゃる方もいるけど、彼らも無尽蔵ではないです。

エネルギー源泉のワンネスからであれば、それは出てきますが、私がお手伝いを扱わせていただいているのは、神話伝説上の方々の「息吹」なんですわ。
私も使役なんか出来ませんし、しようと思いません。

人間の100年なんか彼らにとっては、一瞬だけどね?
その一瞬がものすごいエネルギーな訳。
人間の体なんか持たないですわ。(巫女さんや宮司さんたちはそのために修行や身を清めておいでなんですよ。世界の均衡を保つためにね)

私の仕事は、神々に使える方々の邪魔をしないで、人々の願いを叶えるための回路を作る事。
今回のシャオチーリンの降臨も、正直言えば手続きがめんどくさい。


ワンネスからエネルギーの塊を預かって消えないように設定して、麒麟王の息吹がいただける場所を通って、崑崙山の麒麟たちのところで待機してもらう。
ご依頼者がきたら、崑崙山の五色の麒麟たちの息吹をいただいて、赤の麒麟・炎駒であれば炎駒へと凝っていただく。
そしてそれを、ご依頼者様にお渡しし、共にあっていただくという形。

このエネルギーをマトイと呼びますが、衣をまとう形で活用します。
妖のエネルギーをまとうことできれば、百鬼夜行は己に従う…
この事を伝承するのが「器の法」だったりもします。

まあ、霊幻道士だよねぇ(笑)(あれはキョンシーだけどね、神様を降ろす事が出来る最高の霊媒ですから、彼らは)


今回のシャオチーリンも、ある種の精霊ですと書いた地点で「あー」ってなってる人もいるんじゃないかな。
でも、魂につくシャオリーチンはとても可愛いし、上手に縁をつなげば、生まれ変わっても追いかけてくるんだよねぇ。
私のブログの金と銀の狐は、私の魂がこの宇宙にきた時からのご縁の者です。
常にあっちが探してくれる(お前も努力せい…)

縁とは、簡単に切れるものではないんだよ。
切りたいと願うのでなければね。


ご来訪感謝です。

龍とドラゴンの12光線が終わり、丸1日経って日が変わったので、やっと書きだせます。
今現在、5月6月で行われる「内なる龍覚醒」を行っておりますが、トゥリニセッテは人数が達していなくとも、30日にてお受付を終了します。

こちらの覚醒ワークは「奄海るか先生」が、満席につきキャンセル待ち。
香先生
碧乃先生
緋呂先生
北海道限定・マーリン瑠菜先生
神戸先生
他、数名の施術者様が活動されております。

外から投稿なので、申し訳ない、ネット検索をお願いします・・・ショボ━(´・ω・`)━ン

私が、先にこの項目を終了するのにはわけがあります。
先に龍とドラゴンの流れを組み合わせてくださいねっ、て、言われていたので、12光線を行いました。
徐々に、神獣界も東洋の西洋のといっている場合ではないってことですかね・・・
同時進行にあれもこれもというほど、私も体力がありません。

先の記事で書いた「器の法」を受けてるからまだましなのかもしれないけど、神に食われるという症状が起きることがあるんだそうです。

「神に食われる!!!」
まあ、こう書くと、なんだそれっってなるんだけど、要は神様の気って人間が一身に受けるのには、神社とかお寺さんとか、そういう場所にお勤めになり行うか、それ相応の流れを通してもらっておかないと、気が入りすぎて『人間としておかしくなる』んですよね・・・

ほら、物語とかでも「神様が降たといってから、どうもおかしなことに」とかあるじゃない?
ああいうのを、神様に食われたというんですよ。

麒麟2

「神様が・・・じゃあ、降臨って・・・」

そこです。
タイトルの「シャオチーリン」これは「小麒麟」って言う意味なんですね。
麒麟は月の裏にいて・・と、昨年行った麒麟金脈ワークの時にお話をしました。
この月の裏にいる麒麟は、麒麟族の王です。
お手伝い的なエネルギーはいただけますが、来ていただくなんてことは出来ません。
世界に数頭しかいないからね・・・

麒麟伝説は「崑崙山」にあります。
閻魔様であるとも、素戔嗚であるとも言われた泰山府君がいらっしゃるところです。
王たる麒麟は月の裏にいますが、種族的な麒麟は崑崙山にいます。

少し前に書いたといえば書いたんですが、麒麟って5色いるんですよ。
それぞれ、名前も違うの。

青い麒麟は「聳弧(しょうこ)」赤い麒麟は「炎駒(えんく)」白い麒麟は「索冥(さくめい)」
黒い麒麟は「角端(かくたん)」黄色い麒麟を「麒麟(きりん)」と呼ぶんですね。
そう、王族の麒麟は金色に輝きもしますが、5色はきれいにすべて入っているとされるんです。

そして今回は、ワンネスを通り崑崙山を通って、5色の麒麟の息吹を受けて、凝っていただけることになったんですね。

なので、貴方のそばに来るのは麒麟という名の精霊です。

私たちの生まれた時には、どの麒麟が付いているのかが決まっています。
そしてそこには、要素が入っています。

ちなみに、私の麒麟は赤の炎駒。

赤の炎駒は「活力」「やる気」「情熱」を司ります。
青の聳弧は「冷静さ」「思考」「言葉」「発想」を司ります。
白の索冥は「浄化」「ヒーリング力」「霊力」「聞くこと」を司ります。
黒の角端は「安定」「育成」「指導」「魔除け」を司ります。
黄の麒麟は「豊穣」「愛情」「友情」「プライド」を司ります。

これらの力の方向性を持って、降臨した人とともにあるといわれる方法です。

内なる龍覚醒のためのワーカーさんが増える・・
つまりは、伝承が動き始める・・すると、上にある者たちは次へと押し出されるんですね^^;
このシャオチーリン降臨は5月6月の期間です。
年内にもう一度ありますが、いつになるかはまだ分かっておりません。
理由は、施術者も一応人間としての肉体があり、エネルギーをそこまで預かり切れません。
崑崙山の麒麟たちも、休息は必要です。

カートに載せますのでご覧くださいませ。
また、5月のスケジュールは本日の夜にUPとなります。




 

ご来訪感謝です。

最近はスピリチュアルもどんどん発展?していて、様々な藻が出てきますね。
たくさん出てくるので、「え?」って思うものも出ます。

よく、クライアントさんに、「マーヤ先生はいろんなものとの繋ぎができるんですね」って聞かれた事があるんですが、
繋ぎができるというか、受けちゃったらしょうがないよねっていうか。

「器の法」と言うものがあります。

あまり一般的ではないですし、資質があって、系譜があって、師匠に下ろしてもらう事をしないと出来ないものです。
チャネリングや霊媒のそれとは全く違ったものです。

正直、これを行うと、「この仕事はせねばならぬ」という面があって、泣く事が多くなります。
まあ、私はもともと楽観的な人物なので、「めんどくせー」って言いながらでもやりますけどね。

この「器の法」は、どの世界の神様とも悪魔とも繋ぎを取れるという、一種の媒介の法です。
中国の霊幻道士とかそういうのだとわかりやすいかな。
斉天大聖を降ろす事ができたら、一人前。って奴ね。


今現在、斉天大聖を降ろせる導師はあまりいないとも聞いています。

さて、そんなおり、いろんなワークがあるのですがね?
禁忌を犯してるなぁっていうものも見かけるようになりました。

で、禁忌…という事ですが、神様ごとでやってはいけな事があります。

1・魂に手を出すこと。

ローズメビウスでもハートウィングというのはありますが、こういった、ハートや魂の力を解放するのは問題がありません。
でも、魂を変えたり、生まれくる胎児の魂を変化させたり、性別を変えたりなどは禁忌です。

2・守護霊に手を出す事

守護霊そのものの存在に手を出すなどは、どう考えてもダメなんですけどね?
守護霊力に手を出すのは、アウトです。
もちろん、守護霊にお話をさせていただき、本人が困っていることや、手助けを頼むことなんかはいいんですよ。

そうではなく、守護霊を人間側が取り替えたり、そのお力を変えるとか・・・

3・手出ししてはいけない神様もいます。

大眼様なんかはあまり手出しはしないほうがいいかもですね。
ガネーシャはOKだけど、大歓喜天は油断はしちゃいけないし甘く見るとえらい目に会います。
大眼様は、2月8日と12月8日に徘徊する、一つ目の厄神とも言われています。


厄神・・祟り神・・まあ、あんまりいい存在ではないとされていますが、この世が存在するのには重要な神様です。
西洋でいうなら悪魔とでもいうのかな。

影を司り、バランスを保つためにも恐れを置くものなのですね。

どんなことでも世界でもそうですが、手出し禁ズの場は、気を付けないとね。
神社とかにある結界なんかも基本寄ってはダメなのよ。
結界・・・結んだ世界・・そこは閉じてるんだからね。



 




このページのトップヘ