薔薇と魔法と言魂と~トゥリニセッテ

占い師・マーヤラジャが贈る、不思議と心・自由のブログ

カテゴリ: L魔術師の扉

ご来訪感謝です。

龍とドラゴンの12光線が終わり、丸1日経って日が変わったので、やっと書きだせます。
今現在、5月6月で行われる「内なる龍覚醒」を行っておりますが、トゥリニセッテは人数が達していなくとも、30日にてお受付を終了します。

こちらの覚醒ワークは「奄海るか先生」が、満席につきキャンセル待ち。
香先生
碧乃先生
緋呂先生
北海道限定・マーリン瑠菜先生
神戸先生
他、数名の施術者様が活動されております。

外から投稿なので、申し訳ない、ネット検索をお願いします・・・ショボ━(´・ω・`)━ン

私が、先にこの項目を終了するのにはわけがあります。
先に龍とドラゴンの流れを組み合わせてくださいねっ、て、言われていたので、12光線を行いました。
徐々に、神獣界も東洋の西洋のといっている場合ではないってことですかね・・・
同時進行にあれもこれもというほど、私も体力がありません。

先の記事で書いた「器の法」を受けてるからまだましなのかもしれないけど、神に食われるという症状が起きることがあるんだそうです。

「神に食われる!!!」
まあ、こう書くと、なんだそれっってなるんだけど、要は神様の気って人間が一身に受けるのには、神社とかお寺さんとか、そういう場所にお勤めになり行うか、それ相応の流れを通してもらっておかないと、気が入りすぎて『人間としておかしくなる』んですよね・・・

ほら、物語とかでも「神様が降たといってから、どうもおかしなことに」とかあるじゃない?
ああいうのを、神様に食われたというんですよ。

麒麟2

「神様が・・・じゃあ、降臨って・・・」

そこです。
タイトルの「シャオチーリン」これは「小麒麟」って言う意味なんですね。
麒麟は月の裏にいて・・と、昨年行った麒麟金脈ワークの時にお話をしました。
この月の裏にいる麒麟は、麒麟族の王です。
お手伝い的なエネルギーはいただけますが、来ていただくなんてことは出来ません。
世界に数頭しかいないからね・・・

麒麟伝説は「崑崙山」にあります。
閻魔様であるとも、素戔嗚であるとも言われた泰山府君がいらっしゃるところです。
王たる麒麟は月の裏にいますが、種族的な麒麟は崑崙山にいます。

少し前に書いたといえば書いたんですが、麒麟って5色いるんですよ。
それぞれ、名前も違うの。

青い麒麟は「聳弧(しょうこ)」赤い麒麟は「炎駒(えんく)」白い麒麟は「索冥(さくめい)」
黒い麒麟は「角端(かくたん)」黄色い麒麟を「麒麟(きりん)」と呼ぶんですね。
そう、王族の麒麟は金色に輝きもしますが、5色はきれいにすべて入っているとされるんです。

そして今回は、ワンネスを通り崑崙山を通って、5色の麒麟の息吹を受けて、凝っていただけることになったんですね。

なので、貴方のそばに来るのは麒麟という名の精霊です。

私たちの生まれた時には、どの麒麟が付いているのかが決まっています。
そしてそこには、要素が入っています。

ちなみに、私の麒麟は赤の炎駒。

赤の炎駒は「活力」「やる気」「情熱」を司ります。
青の聳弧は「冷静さ」「思考」「言葉」「発想」を司ります。
白の索冥は「浄化」「ヒーリング力」「霊力」「聞くこと」を司ります。
黒の角端は「安定」「育成」「指導」「魔除け」を司ります。
黄の麒麟は「豊穣」「愛情」「友情」「プライド」を司ります。

これらの力の方向性を持って、降臨した人とともにあるといわれる方法です。

内なる龍覚醒のためのワーカーさんが増える・・
つまりは、伝承が動き始める・・すると、上にある者たちは次へと押し出されるんですね^^;
このシャオチーリン降臨は5月6月の期間です。
年内にもう一度ありますが、いつになるかはまだ分かっておりません。
理由は、施術者も一応人間としての肉体があり、エネルギーをそこまで預かり切れません。
崑崙山の麒麟たちも、休息は必要です。

カートに載せますのでご覧くださいませ。
また、5月のスケジュールは本日の夜にUPとなります。




 

ご来訪感謝です。

最近はスピリチュアルもどんどん発展?していて、様々な藻が出てきますね。
たくさん出てくるので、「え?」って思うものも出ます。

よく、クライアントさんに、「マーヤ先生はいろんなものとの繋ぎができるんですね」って聞かれた事があるんですが、
繋ぎができるというか、受けちゃったらしょうがないよねっていうか。

「器の法」と言うものがあります。

あまり一般的ではないですし、資質があって、系譜があって、師匠に下ろしてもらう事をしないと出来ないものです。
チャネリングや霊媒のそれとは全く違ったものです。

正直、これを行うと、「この仕事はせねばならぬ」という面があって、泣く事が多くなります。
まあ、私はもともと楽観的な人物なので、「めんどくせー」って言いながらでもやりますけどね。

この「器の法」は、どの世界の神様とも悪魔とも繋ぎを取れるという、一種の媒介の法です。
中国の霊幻道士とかそういうのだとわかりやすいかな。
斉天大聖を降ろす事ができたら、一人前。って奴ね。


今現在、斉天大聖を降ろせる導師はあまりいないとも聞いています。

さて、そんなおり、いろんなワークがあるのですがね?
禁忌を犯してるなぁっていうものも見かけるようになりました。

で、禁忌…という事ですが、神様ごとでやってはいけな事があります。

1・魂に手を出すこと。

ローズメビウスでもハートウィングというのはありますが、こういった、ハートや魂の力を解放するのは問題がありません。
でも、魂を変えたり、生まれくる胎児の魂を変化させたり、性別を変えたりなどは禁忌です。

2・守護霊に手を出す事

守護霊そのものの存在に手を出すなどは、どう考えてもダメなんですけどね?
守護霊力に手を出すのは、アウトです。
もちろん、守護霊にお話をさせていただき、本人が困っていることや、手助けを頼むことなんかはいいんですよ。

そうではなく、守護霊を人間側が取り替えたり、そのお力を変えるとか・・・

3・手出ししてはいけない神様もいます。

大眼様なんかはあまり手出しはしないほうがいいかもですね。
ガネーシャはOKだけど、大歓喜天は油断はしちゃいけないし甘く見るとえらい目に会います。
大眼様は、2月8日と12月8日に徘徊する、一つ目の厄神とも言われています。


厄神・・祟り神・・まあ、あんまりいい存在ではないとされていますが、この世が存在するのには重要な神様です。
西洋でいうなら悪魔とでもいうのかな。

影を司り、バランスを保つためにも恐れを置くものなのですね。

どんなことでも世界でもそうですが、手出し禁ズの場は、気を付けないとね。
神社とかにある結界なんかも基本寄ってはダメなのよ。
結界・・・結んだ世界・・そこは閉じてるんだからね。



 




ご来訪感謝です。

さて、先だって豊中のネパール・がね亭で、珍しい石をたくさん仕入れてきたわけですが、その中に…
マンモスの骨が……

そう、象牙とかマンモスの牙とかそういうのではなく、全くもってマンモス骨。
これを手にするまでに、実にたくさんの事を考えていて、手にしたときに納得が出ました。

なんのなっとくか・・・
皆さんは「イタコ」さんはご存知でしょうか。

そう、恐山で霊的な方々を降ろす巫女様がたです。
青森の「イタコ」、岩手や宮城の「オガミサマ」、福島の「ミコサマ」
幼くして霊視をする「イチコ」霊的なものを降ろし、その声を聴く者・・

少し形は違いますが、沖縄の「ユタ」

各地に、その霊的なもののお声を聴くことを仕事にする方がいます。
共通と言えはしないかも知れませんが、「数珠」ここにヒントがあります。

イタコ様方の持っている、古来の数珠は「骨(一説に人骨という話も)」「羽根」「石」「金物」
こうしたものをつないで、「ジャラジャラ」という音を鳴らしお呼びするのだそうです。

私も、カウボーン(牛骨)とキャメルボーン(駱駝骨)をつなぎ合わせ、天眼石のヴァジュラを数珠として使っていました。
ですが、どうにも反応が低め・・・

霊視をする際にこうしたものを使うのは、決して「強制召喚」するためのものではなく、道を作り
確かにお呼びして、帰っていただくための、生者も死者も安全な形をとるための方法です。

とは言え、・・骨・・・
さすがに人骨は・・ねぇ?(。-`ω-)

そして、がね亭においてマンモスの骨を見ます・・・
象牙ではなく、骨です。
しかも、ビーズにしただけで、コーティングも何もありません。

ジャラジャラと鳴らす・・・のも、どうかと考え、試行錯誤し、1粒・・破壊し・・・・(´;ω;`)
4粒残っていたもので2つまずは仕上がりました。

2017-04-24-21-13-20
 
こちらは、霊的な存在の言葉を降ろしたい人向け・・・
歯車に時計の針を付けて、時間を動かします。

すぐ下にマンモスの骨、アイスクリスタル。
アイスクリスタルは 、霊的な悟りをもたらすとされ、自然からのメッセージを受けるとされます。
夢にも影響があるそうですね。

2017-04-25-15-37-25
 
こちらは、どのような状況でいらっしゃるのかを「視る」場合に使います。
同じく、歯車で時を動かし、マンモスの骨、アイスクリスタル、下には青と赤の羽を使用しています。

活用方法を書き添えて、販売となります。
もちろん、霊能者と言われる方々がこうしたものを持っているのは、「身を守る」ということが大きなポイントにもなっています。


カートをご覧くださいませ。


 

☆東京・JR高田馬場から徒歩5分・セッションルームへのアクセス


☆お申し込み・お問い合わせカート「トゥリニセッテ・魔法使いの街」 


☆メールマガジンの購読はこちら



 ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆**:;;;:**:;;;:*゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆☆* ゜゚** ゜゚*゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚


ランキング参加中!クリックどーぞ^0^

 



ご来訪感謝です。

先ほど、カートの方に内なる龍覚醒セッションの項目をUPいたしました。
今回より、ご家族の目覚めはどのワーカーでも出来ない形になっております。

昨年の時は、心痛む自然災害の件があったため、お子様やご家族もOKだったそうなのですが、
この後は、「なによりも自分が立って歩くこと、これが子に見せる後ろ姿である」とのことをいただいたそうで、本人のみとなりました。

ですが、お声発することならず、お体動くことならず、お気持ち広めることできずという、
大きな問題を抱えているお子様もおいでですし、ご伴侶様もいる場合が出ています。

本人が望まなくては、縁現れずとは言いますが、5つの縁のみトゥリニセッテでは目覚めのコードをお預かりしてきました。

お申込みになる、親御様が目覚めを受けているという条件はあります。

今回の中にも、ご縁なしという流れもあるかもしれません、その際は、ご了承のほどを。



☆東京・JR高田馬場から徒歩5分・セッションルームへのアクセス


☆お申し込み・お問い合わせカート「トゥリニセッテ・魔法使いの街」 


☆メールマガジンの購読はこちら



 ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆**:;;;:**:;;;:*゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆☆* ゜゚** ゜゚*゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚


ランキング参加中!クリックどーぞ^0^

 



 

ご来訪感謝です。

インナースペースに眠る個の龍を目覚めさせるワーク
(6月末日まで、次回は2018年5月)

今年も、始まる時期となりました。
自然界が大きく変動している現在です。
自分自身を強くすることが重要だと言われている今、昨年から始まったこのワークは今年も許可が出ました。

まずは、昨年の再録から。

龍神をご存ない方は、ほとんどいないのではないかという時代になりましたね。
その昔から、この地球上にあり、自然界の多いなる力としても、目を外せない存在です。

最近では龍の力を借り、運気を上げるというワークも出ているようです。
龍とは流とも解釈され、龍脈は流脈ともわれて、気の流れを司っています。

ですが、案外と、己の中にある龍のこと、内なる龍についてはあまりしられていません。 
この龍は生まれたときよりともにある存在で、死すると体から離れ、天上界へともに帰るといういわれがあります。

流という考え方は、察しのよい方ですともうお分かりですよね。
血液のことです。
大地にあるこの龍脈は身体においては血管と気の巡り、経絡を示す2面があるそうです。

神社や自然界におわします、龍神の力を得る流使いの人々は、この内なる龍の目覚めをしっかりと行っていました。
内なる龍を目覚めさせると、どのようなことが起こるのか・・・
よく聞かれることですが、多くの場合、己の芯がしっかりと立ち始めます。

形は違いますし、西洋の龍と東洋の龍は全く違った存在です。
インドにおいて、腰骨の最後の場所に、クンダリーニという箇所があり、ここからクンダリーニの龍が背骨を登って上に上がっていく。
これができる人は、エネルギーを強く使用することができ、様々な事柄にたけていくともいわれています。

存在そのものは違いますが、これに近いようなイメージと考えるといいかもしれません。

また、自然との関係が強くなった方もいたようです。
運気を動かしやすいという面もあるようですね。

余談ですが、奄海るか先生と、香先生はもれなく速攻、目覚めを行っています。
るか先生は三脈を動かす技に磨きがかかっていくようですし、香先生は違った面で出ていました。
何に作用するのかは、個人差なのでどうとも言い切れません。

が・・・己の芯が立つということは、目指すものがある人はより強く。
ない人は見つかっていく可能性が高まるというイメージでしょうか。

 願いを叶えるためにお願いをするというよりも、あるべき自分自身を取り戻し、道を歩くという印象でしょうか。

ポイントになるのは、期間と人数が決まっているということと、家族の許可を持たずして、目覚めを行うことができるということです。(家族であることが条件です。恋人や友達はなしなのだそうですよ。)

本人のだけでないのは、家族があることで変化が強くなる人もいるからなのかもしれません。 
a1180_016185

今回、東京六本木にある、龍土神明宮にご縁をいただきました。
伊邪那岐・伊邪那美・天照大神のおわす神社です。

(本当は今ご依頼いただいている天照のチャームのデザインやご意見をいただくべく参拝したのですが、ついでこれも預けていただいたわけです。)

毎年、決まった人数ですが龍の目覚めを行うように言われてきたところです。
1年に1回、25人に限られます。(香先生・奄海るか先生・碧乃先生は、35名。今年は他にも施術者が産まれています)

2017年5月の今、6月末までの開きをもらっています。
次回は来年の同時期。
1年先です。

エネルギーセッションという形ですので、ご理解ください。
伝授はありません、セッションだけです。
その場で、軽度の瞑想とコミュニケーションワークがあります。
スカイプやお電話でもOKです。
 
次回は1年後ということもありますので、どうぞ、お気になられた方はお声をかけてくださいね。


今年も始まります。
各先生お席の具合もありますので、どうぞ、しっかりと先生方の記事をお読みになって、お申し込みくださいね。


このページのトップヘ