薔薇と魔法と言魂と~トゥリニセッテ

占い師・マーヤラジャが贈る、不思議と心・自由のブログ

カテゴリ: Lマーヤ流手帳術

御来訪感謝です。(^O^☆♪

皆さんは、手帳にテーマを書いていますか?

毎月の目標見たいなもんです。

これって書いた方がいいの?
いろんな書籍に、月々の目標や、年目標を書きましょう。と、されていますが、個人差は大きいと思うのです。

目標やテーマが負担になる人もいるんですよ。

理由は幾つかありますが、毎月のテーマが先生や親父の視線に近くなって、手帳開けるたびげんなりしちゃう場合。

押さえつけられるのが苦手な人は、もう一人の自分とされる手帳が、上から目線だと、嫌ですよね。

人は目標やテーマがあまりないと思っていても、多少の方向性を持っています。

それさえも出来るか必死なのに、足かせ増やしても手帳にはなりません。

だから、手帳を書きたい場合は、年にしても月にしても、気が向いたらテーマを書いた方が実行しやすいのです。私の場合は、毎日テーマです。

今日の帰りはティッシュBOXを買って帰る…とかね。

え?それは目標やテーマじゃなくて、する事だろうって?

いいんですよ、目的だって目標ですし、書いておいて忘れなかったら、はなまる描いてるんです。

すると、楽しくなるし、自分が自分を認めて仲良くなれますしね。

でも、出来なかったからって凹まない。なんで出来なかったかを確認するんです。

そして次に生かす。

無理はしないのが手帳なんですよ。






iPhoneからの投稿

楽しんで書くといいはしますが、私の手帳は半分ネタ帳です。

アクセスしたり、人物を理解するのに、よく絵を描くので。

2542fc02.jpg



まぁ、人間が古いので、たまにパタリロになったりしますが。

だけどね、書いてて楽しい手帳は、埋まって行くんですよ。埋めようと無意識が仕事も私生活もコントロールしながら、ちゃんと整えていくんですね。

手帳がいろんな意味で埋まってると、満足感でますでしょ?
満足感は次の楽しさを生み出すのです。





iPhoneからの投稿

ご来訪感謝です。( ̄▽+ ̄*)

マーヤ流手帳術は、らくがきOK です。
楽しくなければ自分じゃないという流れから、ノートには必ずいたずら書きがかかれます。
もちろん、ヒントやひらめきなんかも書き出していますので、基本、ノートが後半についているとか、
デイリーには反面が開きスペースになっているなどが好まれます。

愚痴だって書きますし、しょぼーんってなったことも書きます。
すると、その1週間の間の自分のテンションがどっちに寄っていたのかを判断し、調子のよいときの仕事の能率と、
テンション低い時の能率を比べることも出来ます。

で・・・・



8ee5aab6.jpg


こんなやつとかね・・・・・


1537a61e.jpg


こんなんが、噴出しを持って「わすれものはないか~~」とか、「l今日はトイレットペーパー買うんだぞー」とか、
言ってくれていたりします。

これね、「下手なんだもーーーん」なんてこと気にしないで、書いちゃっていいんだよ。
自分が楽しかったらいいんです。

でね、もちろん、ノートにいたずら書きをするなんてって言う人は、しないほうがいいんだよ。
自分らしくないでしょう?

自分のテンションを上げて、楽しいと感じられるような状態なら、実にシールを張ったっていいんです。

学生さんたちなんかは、ノート賑やかだよね。
凄く楽しそうに書いているから、スケジュールいっぱいでしょ?
あの感覚を忘れずになんですよ。

こんないたずら書きをしていると、この絵からヒントが出ることがあるんだよね。

そういえば、小学校のときの授業のノート、落書きだらけだったなぁ^^;;;;




ペタしてね

ご来訪、感謝です。(≡^∇^≡)

さて、ちょっと偉そうに手帳術なんてタイトルを付けてみましたよ~。
というのも、手帳にはちょっとしたこだわりがありまして、今までの経験なども含め書いて行けたなら・・という。

マーヤ流、手帳術でしょうか。

さて、先にも1つ書きましたけれども、皆さま手帳は何冊お持ちでしょうか。
仕事用・プライベート用・・あるいはそれ以上?

一説には「自分なのだから1冊にまとめて・・」という言い方もあり、これはこれで正解だと思います。
なんだけど、去年の自分とはどうですか?


1268367c.jpg


最近はパソコンや、私も使っていますが、アイフォンとか便利ツールがありますので、こうしたものに書く方もいると思うんですね。

その中で、手帳を付けていた方々、何か大きく変わったりしていませんか?
そのやり方が「うまいこと行った!」と言う人はそれでOKだと思います。
なんだけど、なんか手帳の書き方を変えたら、うまくいかない、あるいは不安が出た・・という人は、
戻すのをお勧めしたいのです。

手帳は自分です。
強いているなら自分の分身。

自分が変わっていないのに、手帳だけ変ってしまったら、それは自分と手帳(スケジュール)のずれが生じているという事。

前の手帳に戻るのは、過去に戻る事を意味し、あまり好まれませんので、途中でもよいと思うので
新しい手帳で以前の書き方に移し替えを行うのがよいかと思います。

多くの手帳術の書籍も出ていて、私もとても参考になるとよく読むのですが、最終的には
自分仕様の手帳術が、一番の書き方になると思います。

もし、自分を変化させたいというのであれば、手帳を丸っと変えてしまうのではなく、よいと思う項目を
くわえるのがいいんじゃないかな。

引き寄せの法則が、一般的に言っているものを施行してもうまくいかない・・のは、自分色に染まっていないからです。

サプリメントだって、言われている効果が出ない人っていますよね。
これは、同じ要素のサプリメントで他の仕様を求める方が出るってことと同じかもしれません。

今年は手帳についてがっしりと書いてゆきたいなとも思っています。



ペタしてね

このページのトップヘ