御来訪感謝です。( ´ ▽ ` )ノ

ま、無い人がいたら、あって見たいって話ですが、コンプレックスなう。

昔、小学校のころ、道徳という授業ありましたね。
そのときに、障害児について、ビデオっつか、テレビを見るってのが、ありました。

私は弟が障害児なので、あまり好きな時間ではなく、クラスメイトも子供でしたから、ひやかしたりバカにします。

そんな時に、先生が障害の無い人間はいないのよ?強く出てしまったのか、そうでないかの違いなの。と、言われましたね。

クラスメイトとしては、そんなことない!と、反発しましたが、全員が手を上げて、虫歯のある人、目が悪い人、などなどあげてゆき、最後に好き嫌いがある人…と、あげていた手は全部さがりました。

あんな先生もいたなぁ、と、しみじみ。

いや、んでね、コンプレックス。
私は十七歳位に酷いアトピーになり、顔の半分以上が膿んでしまったという経験があります。

あまりの酷さに、友人といえど、目を背ける始末。友人らのせいでもありませんし、私のせいかどうかも(笑)

かなり強いステロイドを使う事になり、化粧なんて、オシャレなんてと言う、二十歳ごろを過ごしたのを覚えています。

この頃には、師匠とも交流が少なくなり、悪さばかりしてましたね。

でね、最近、お化粧を始めたんです。
はっきり言って、オバケ(笑)

だけど、誰にでも始めてってあるじゃないですか。娘に指導されながら、人前で恥ずかしく無い程度に頑張りたいな。

人間の肉体の期限は決まっているでしょうから、やってみたいことは、チャレンジャーなんです。

でも…ちょっと自信なくて、うつむき加減~ヽ(;▽;)ノ



iPhoneからの投稿