ご来訪感謝です。(-^□^-)



おおっ、マーヤが11時ごろに日記更新している・・・とか、思わんでくださいよっ。

私とても、昼間っから活動するんですよっ・・・・・・



・・・・

・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・



たまにね(●´ω`●)ゞ



さて、本日は、スカイプにて「フルオープン」というタロットの手法のお教室をしますのよ。

フルオープンって何?





8db6d88b.jpg





ちょいと画像が小さくなってしまいましたが、こんな感じで、22枚の第アルカナを全部広げてからリーディングしてゆくという方法です。



私がこうしたカードの占術を書いたり、雑誌などに何かの記事を書くと「新しい形を考案されたんですね」と、

言われがちなんですが…・



すいません、古くからあって埋もれてしまった情報を引っ張り出しているというのが正直なところなのです。

確かに、この手法と、この手法を組み合わせるとこうなるっていうのも有りますし、言魂タロットなどは

オリジナルですので、完全に新しい・・のかといえば、漢字そのものを占として使っていたのは昔からあります。



言魂なんかはそうは説かれていませんでしたが、天照がさまざまな事象を決めていくに使った「フトマニ」という占術も元になっていますし、やはりいろんな勉強、占いをして行って思うのは、源泉は1つだなぁってことでしょうか。



上記の画像はトートですが、基本的にマルセイユでご指導させていただいています。

この手法もロマの伝承を持っていますし、ダブルデッキ法といって、大アルカナ22枚を2デッキ使用した方法も

古来のものです。



確かに、正式な伝承として残っているのものではないのですが、古いタロッターに学んだ人は、その話を聞く人も少なくないと思うのですね。

小アルカナがどうしても苦手な方とか、どうにか風変りな鑑定方法で自分を広げたいなど、そんな方にはお勧めの手法だったりします。



さ・・まもなくお時間です。

いってきま~~~~すっ。







ペタしてね