さて、何故に、店に入ることができたのかとか、どうやったら占師になれるのかとか、

まま、色々と聞かれることは、ありますね。


もともと、ちょっとしたご相談を受けていた昔もあり、縁あって手習うこともあり、タロットもできました。

で、神秘的なご縁とか、出会いとかを期待している方には、申し訳なくも、出だしは新聞広告でした。

そう、新聞広告の求人募集欄・・・・「占師募集」・・・・・


当時・・といっても、今もそうでしょうけれど、新聞に載っている広告での占師募集といえば、印鑑などの

関係が多く、西洋的な印象はまったくなかったものです。


いまでこそ、インターネットなどで、「タロット占師募集」なんてありますけどね、当時は変わった職種でしたし、

当然、今よりも怪しいものでありました。

ところがその新聞広告には、「タロットの出来る方」というのがあり、目を引いたわけです。



当時は、アニメーターとかイラストレーターを目指して、お絵かき人でしたが、ストレスに加えた成人型アトピー

(どうも、もともとアトピーの気があるのに、出なかった、けれど、社会にもまれてストレスがたまり、いきなりどっと

アトピーになる・・なんてタイプらしいですね。)になっていて、アニメーターが出来なくなっていたのですね。


今でもこのアトピーは残っていて、ヒーリングなども習ってさらに大分ましにはなりましたが、一生お付き合いが必要かも

知れません。(当時、めちゃくちゃステロイドを使用していたので、毒だしも必要でしょうしね~)


さて、新聞広告を眺めて、思い立って、申し込みに応募。

いよいよ面接の始まりとなります。


3へ続く^^