さて、当日となりました。

少々離れていた場所に住むおいらとしては、えっちらおっちらと電車に乗って向かったものです。


マンションの一室に向かってお尋ねをして、前の面接者の方が出てこられたところに出くわしました。

若い女性・・・・でも、自分と比べると、いかにも神秘的で見目麗しく・・・うう~~ん、ま、駄目もとだし

いっか・・・と、面接を受けてみました。


書き物もあったのですが、その中に、「尊敬する人物」というのがあって、一般的には偉人とか、両親とかね・・・


「インドの神様、シヴァ神」


もう、冷やかし半分、行き当たりばったりで書きしばく・・・ぶわははは。


なにがどうしたのか、しばしお話をして、


「じゃ・・・来週から来てね」


え?面接とおったぁぁあヽ(|||≧▽≦|||)/ キャー


さてさて、タロット占師のデビューと相成っていくわけです。


その4に続く