ハロウィンですね・・・
魔女の御祭りです(笑)

ケルトの1年の終わりがこの日で、この夜には死者の霊が家を訪ね歩くので、身を守るために仮面をかぶり、魔除けのたき火をたいていたとされています。

601年にローマ教皇がケルト人のキリスト教改宗への策として、今のハロウィンの出だしになったと伝えられています。


ccd87a45.jpg


ジャック・オー・ランタンです。
こうなると、怖いよねーーー(笑)
もともとは、ウィル・オー・ザ・ウィプスがモデルになっているようですね。
火の玉です・・

トリック・オア・トリートも、元々は死者をあちらの世界によりよく送るための祈りなども関係しているようです。

ま・・御祭り騒ぎの何がしかではなかったって事ですね・・(´-ω-`)

死のオカルトとして、あまり好んでない地域もありますし・・
んで、何でそんな話になったか問うと、「保護者の方がたっ・・積もらないでっ!!」って事が先程ありましてね(o-`ω´-)ンー

私も子供たちが幼稚園時代ですか、御祭り的な意味合いで子供たちの仮装を手伝い、参加したことはあります。
ですが、道幅を守ること、親は保護者であり、地域の迷惑にならないことなどを取り決め、そこから行っていたんですね・・・

で・・今日は自宅で神無月のめげた状態があったので、お仕事をさせていただいていました。
終了したので、近所に買い物に行ったんですね。
ドーナツ屋さん、お菓子屋さん・ま、下町なので色々あります。
でも、道が狭いのでお互い譲り合って歩くような場所です・・

なんだけども・・
なんだけどもねっ・・・・・

ベビーカーを押したお母様がたっ!!!
子供たちをほっといて、おしゃべりに花を開かせ、大人二人が広がって歩いたらいっぱいの道に群れてますよっ。
んでもって、自転車だのなんだの通れなくて困ってますよっ!!!

クリスマスもそうですし、何でもそうだけど、礼儀忘れちゃいけませんって・・

で・・帰宅して、ピグで芍薬つんで遊んでおります。
リアルな芍薬も好きですが、ピグの芍薬も可愛いんだよね。



ペタしてね