ご来訪感謝です。(ΦωΦ)+

夏越大祓でしたねぇ・・・・
御天気もかなり上々で、暑いくらいでしたね。

さて、今年は旦那様と、夏越大祓に行ってきました。
旦那様、正しく(といっても、一か所間違っちゃったんだけどね^^;;;これは私の誘導ミス・・ごめんて・・)
神社を参ったのは初めて。

朝10時に待ち合わせをして(旦那さんは夜のバーテンさんなので朝帰りが通常(`・ω・´)キリッ)出かけます。
9時半には移動をしているあたり、私の生活スタイルを知っている人は、∑∑(・ω´・+)わけですね。

さて、今回、お参りをお願いしたのは「金王八幡宮」様

選ばせていただいたのは、旦那様のお仕事帰りと言う事もあって、遠くまではいけないんですね。
土曜日の今日も、夜半のお仕事ですし・・・・(=゚Д゚=)ノ


57db44b0.jpg


こちらです。
渋谷の都会のど真ん中にあるのに、空気が違う・・(`・ω・´)キリッ


e0686798.jpg


茅の輪です。

当日である今日は、ここに神式のための準備が施されます。
が、夕方の4時にはこれそうにないので、準備してくださっている方に「回らせていただいてよいですか?」と聞き、快く「どうぞ^^」と言われたので、脚立と一緒に回りました(笑)

茅の輪のくぐり方も様々です。
ここでは、左へ1回、右へ一回、そして中央で真っ直ぐなんですが、以前行った場所は左へ1回、右へ一回、左へ一回、そして中央へでした。

この歩き方には伝統の意味もありますが、私が知っているのは、この茅の輪、本当はこんなに大きくなくて、腰に下げられる程度だったんですって。
なので、その輪を腰の紐で結ぶ形を歩き方にしたと聞いたことがありますよ。

これもすごい経験・・・

でね、勿論お稲荷さんとかもあるのですが、式のための準備で御掃除してもらっていて、お稲荷さんの御社の中とか、厳島神社の仮社の中とか見せてもらっちゃった。

これも、時間のタイミングや、神様の許可が無いとみられないんだよねぇ。

さて、お参りです。
鳥居の前でご挨拶、門の前でご挨拶、手水社で手を洗い(ここで失敗したと言う(´・ω・`)ショボーン)
茅の輪をくぐって、神様にご挨拶・・・(´-ω-`)

ここ・・もとは渋谷八幡宮って呼ばれてたんですねぇ・・・
ここには渋谷金王丸常光(しぶやこんのうまるつねみつ)さまがおいでになります。

御際神としては応神天皇さまです。

さて、お参りを済ませ、今回は御写真はなし。
祭事風景を写すのは、社務所の方にお願いしてOK貰えればいいのですが、祭事の時は神様も御忙しいところなので、なしです(`・ω・´)キリッ

なので前もって行ったんだけどね。

さて、こちらに着きます前に、形代を頂いていました。娘たちがするべきことの本番を迎えているので、
代わりに形代を貰い(人型、(ひとがた)ともいいますよ)名前を書かせていただきます。

昔は、結構小馬鹿にしてたんだけど、18になったのと、いろんな怖い目、痛い目にあっているので、案外真面目・・


1eac813a.jpg


御本殿の前に設置している場合もありますし、社務所で頂く場合もあって、これは神社によります。
茅の輪も設置している場所とそうでない場所もありますよ。

この中に、「形代(人型)」が入っております。


9d33b6dc.jpg


御雛様みたいやね^^

ここに、名前と年齢を書きます。
生年月日、書くところもあったかな。

そして、息を3回吹きかけ、軽く体をなでて、形代に災厄を写します。

そして、初穂料を入れさせていただき、社務所の方にお渡しします。
この形代や初穂料などは神社それぞれなので、行った場所に合わせてくださいね。
何処が正しいとかじゃなくて、その場所の伝統だから。

2に続きます。


゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆*☆*:;;;:*☆*:;;;:*゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚

☆鑑定ご予約状況はこちら

☆東京・代々木駅から徒歩5分・セッションルームへのアクセス
☆お申し込み・お問い合わせカート「トゥリニセッテ・魔法使いの街」
☆メールマガジンの購読はこちら
☆カートが使えない方はこちらから・・・☆PCの方☆ ★携帯の方★

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆*☆*:;;;:*☆*:;;;:*゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚


 ペタしてね