昨日の出来事ですね・・・・水10をしこたま見て、ゴリエちゃんのダンスを見終えて、チャンネル変えたら、

スターウォーズやってました・・・ダースベーダ様の素顔が出る、3の奴ですね^^


この映画を見ていて、次女が「なんだかさ、地球人以外は、皆変な姿しているよね」と・・・・・

で、「え?ヒューマノイド型なだけで、ありゃ地球人じゃなくて、宇宙人だよ?」


以下、その会話の流れ・・・・


次「え~、違うよ~人間型してんのは、地球人だよ。でも、あの変なのだって地球人がやってんでしょう?」

母「まあ、映画ですからね~中身は、地球人で、んでもって後は、CGって奴ですかね・・・」

次「でもさ、宇宙でよく息できるよね、この映画」

母「はい?ありゃ他の惑星で、その表面に立ってんだから、空気の層があるんでしょうよ」

次「え~~~~?表面になんか立ってないよう」

母「地球人だって、地球の表面に立ってんでしょうに?」

次「違うよ、ここはね、地球の中なんだよ」

母「え?え?地球空洞説ですか?」

長女「何々、え?私らがどこに立ってんのかって?そりゃ、地球の中でしょう?」

母「おい、お前、中1だよな??」

長「え?え?だって、成層圏って地球じゃないの?」

次「そこにはね、卵の中に薄皮があるでしょう?ああいうのとか、ラップがあるんだよ。でないとね、地球から

  空気が抜けて、息できないんだよ?」

母「はい?地球温暖化、協力者ですか?」

長「なんでなんで、え?あ、どこに立っているかだっけ?じゃあ、表面だ」

次「ちがうよ~~~、中だよ~」

母「成層圏とか、宇宙との境ってのは線でも引いてあんのかい・・・」

次「えっとね、地球はね、北極と、南極を線で結んで、で、できるのよ。しかも、表面は凸凹だから、危ない   

   の」

母「なんのこっちゃ・・・・・とにかく、いちおう、表面に巣食ってますから。。」

次「ちがうも~~ん、いいもん、大人になったら、地球をラップでくるんでやる・・・」

長「え?え?でもやっぱり、成層圏って、地球じゃないの?」

母「いや、そりゃまあ、そうなんだけど、じゃあ、二百海里かよ?日本の端っこから、200行くと、そこまでは

   日本の領域って??」

長「じゃあ、成層圏って何」

母「ううう・・・比重の問題ってか、ほら、油と水と一緒にすると、あるようでいてないラインが出来るじゃんか。

   な、空気があって、そうでなくて」

次「違うもん、そこに卵の薄皮があるんだもん」

母「お前は・・・・・」

長「え~~?じゃあ、地球って、どこが地球なの?」

母「緑の大地、地球っていうだろうが!ここだよここ!!」

長「じゃあ、成層圏は何?」

次「薄皮!」

母「そこに拘るのか、じゃあ、あんたの存在があって、その周囲の空気まで俺様かい?」

次「だから薄皮」

母「人間に薄皮はない!」


とね、たったちょっと、映画の切れ端見ただけで、こういった会話が出来る、親子・・・・・

悪いね、混じれない、義父母、そしてパパ(家の爺婆は混じれる・・・思考が子供っぽいので・・・は、おいらもか・・・)もったいないね~、子育ては楽しむものだよ^^