正確にはそうでもないんですけどね。


仕事柄多くの若い子達からメールを貰って鑑定をこなしたりしています。

恋愛のこと、友達関係のこと・・・そして、人生。

特に、高校生・大学生くらいになると


「何をしていいのかわからない」


というのが多く見られるようです。

何をしていいのかわかんない。小さい頃からやれ、お受験だ、お勉強だ、習い事だと時間に追われ、

親も仕事だ、共働きだと忙しく、周りを見ても同じで「それでいいんだ」と言わんばかりに動かされてて、

いざ、社会に出よう年頃で「何をしたいの?」と、聞かれたら、そりゃわかんないですよね。


それに、現代はさほどでもなくなってきましたが、何でもお金を払えば出来てしまうような社会。

昔の子供たちは、大人のテレビ番組とか憧れて、夜更かししようなんて思っても、親に怒られて

「早く大人になりて~」とか、ありませんでした?

でも、今の社会はゴールデンタイムに親はおらず、子供だけでテレビ見ながらご飯を食べている・・なんてのも、一般的で。


ニートと呼ばれる子供たちだって、好き好んでそうなのかといえば、そうでもなくて・・・

でも大人は、「今時の子供は甘えている、ニートだなどと」と、騒ぐし。

政治を見ても、訳わかんない大人がいるのに、こっちにもとばっちり来るんだもん、やってらんね~、って、

そんなのもわかりますね。


学校へ行くのが、寂しくて、悲しくて、親元にいたい・・・なんて子もいるんですよ。思春期。

でもすぐ「不登校?」と、不安になって騒ぐ大人。

ゆとり教育とかいって、かえって追い詰めているんだし、新しい要素を持っている子供たちを、子供たちの

年代として受けとめて、大人も成長せねばなんて思ったりしてね。