最近、食の世界は吃驚仰天がおおいっすね。

遺伝子組み換えとか、どんな土壌で育っているとか、心配は尽きませんけど先だって、新聞で

おもしろいというか「え?」って記事を見つけました。


これかけば、「へ~そうなんだ、行ってみよう」なんて人も出るかもしれないので、それはそれで嫌な感じなんですけど、でも書く^^


東京のどこだったかで「2005東京食肉市場まつり」ってのが開催されるそうな。

10月の15日16日がその日取り。


で、何に「え??」と思ったかと言うと、

「いわて牛や受精卵クローン牛(Cビーフ)の無料の試食会他」

と言う表記を見つけ「はい?」とか思ったわけです。


うう~ん、自分では食べて見たい気もしますが、子供には食べさせたくないな。

で、テレビで動物が光る!っていう番組を見たですよ。

でね、蛍烏賊とか、そういうのが光るのは、元からじゃないですか。

彼らの言葉と言うものでしょうか・・・・ですが、豚ちゃんが、鳥ちゃんが光っている!!


と言うのは、遺伝子組み換えを行った動物ちゃんなのだそうです。


うううう・・・そのうち、お肉売り場のパックに「遺伝子組み換え豚・ひき肉」とか、「C牛・焼肉用」とか

書かれているのかなぁ・・・